百々ヶ峰 ヤマザクラ道で下山。

2016.05.08(日) 15:29 - 2016.05.08(日) 16:50
GW最終日の午後、最後にもうちょっと登っとこ(^。^)と、先日より気になっていた百々ヶ峰西峰に新しく看板が出ていた、ヤマザクラ道。。。 しかし、ヤマザクラ道って何処に降りて来るのかわからない? 地図上でルートを推測すると松籟団地辺りへ出るだろうなぁと予測して、 登りは使った事がある松籟団地から西峰へ登る谷筋のルートを使いました。 終始木陰の谷筋のルートは、薄暗く途中いくつかの分岐はありますが、踏み跡やピンクテープがしっかりしているので、迷うことなく約30分で西峰の反射板へ到着。 ちょこっと一服していよいよヤマザクラ道で下ります。 看板によると、2001年の山火事に遭い、2002年以降ボランティアによってソメイヨシノやニセアカシア、ヤマザクラの植樹を試みた結果、ヤマザクラのみが根付いたそうです。また、登山道も2015年に復旧作業を行って頂いた結果の登山路だそうです。 ありがたく使わせて頂きました。 感想は登りで使ったらキツイだろうな。。。でしょうか。 ルートは狭いですが、ピンクテープを細かく設置して頂いているので、ロストする事は無いと思います。また、ほとんどグリップのいい土ですが、濡れると滑りそうですね。あと、まだああまり使われてルートだからか、土の中に埋まっている石に気づかずにいくつも転がしてしまいました。急坂なので複数人で使われる時は落石に注意ですね。 下山口は登りで使ったルートに合流したので、小っちゃいループの軌跡となりました。

写真

松籟団地より登山開始です(^O^)/

松籟団地より登山開始です(^O^)/

序盤は沢沿いに登ります。

序盤は沢沿いに登ります。

すぐ分岐。どっちだ? 少し迷いましたが西峰へは左が正解でした。

すぐ分岐。どっちだ? 少し迷いましたが西峰へは左が正解でした。

廃墟脇を抜けます。ちょっと怖い。。。

廃墟脇を抜けます。ちょっと怖い。。。

ちょこっと渡渉します。

ちょこっと渡渉します。

また分岐。 左へ進みます。

また分岐。 左へ進みます。

分岐の標識

分岐の標識

渡渉。少しジャンプ(・o・)

渡渉。少しジャンプ(・o・)

この先ずっとこんな感じ。。。

この先ずっとこんな感じ。。。

ピンクテープがしっかり導いてくれます。

ピンクテープがしっかり導いてくれます。

同じような景色が続きます。。

同じような景色が続きます。。

ひたすら登る。。。

ひたすら登る。。。

なんか書いてあるけど。。読めない(-.-)

なんか書いてあるけど。。読めない(-.-)

稜線が近づいてきました(^o^)

稜線が近づいてきました(^o^)

西峰まで80m?

西峰まで80m?

もう少し(^◇^)

もう少し(^◇^)

稜線にでました。左折して反射板へ進みます。

稜線にでました。左折して反射板へ進みます。

反射板着(^O^)/

反射板着(^O^)/

金華山を望む。

金華山を望む。

本日のメインディッシュ。初ルートは右へ分岐。

本日のメインディッシュ。初ルートは右へ分岐。

中腹より下は非常に急峻で、怪我と命は自分持ちとの事。気を引き締めて臨みます。

中腹より下は非常に急峻で、怪我と命は自分持ちとの事。気を引き締めて臨みます。

まずはこんな感じ。

まずはこんな感じ。

植林された山桜が時々現れます。

植林された山桜が時々現れます。

植林スペースへの分岐がちょくちょく現れます。

植林スペースへの分岐がちょくちょく現れます。

ルート上はピンクテープが絶え間なく現れます。

ルート上はピンクテープが絶え間なく現れます。

時々景色が開けます。

時々景色が開けます。

迷いそうな場所はトラ紐で注意喚起されてました。

迷いそうな場所はトラ紐で注意喚起されてました。

たまに明るい稜線へ出ます。

たまに明るい稜線へ出ます。

しばらくは尾根筋を緩く下ります。

しばらくは尾根筋を緩く下ります。

進行方向の景色が開けてきた。。そろそろ急峻な下りか?

進行方向の景色が開けてきた。。そろそろ急峻な下りか?

ここから急峻な下りのようです。

ここから急峻な下りのようです。

看板あり(゜o゜) いよいよですね。

看板あり(゜o゜) いよいよですね。

補助用ロープが現われました。

補助用ロープが現われました。

ここもロープ。

ここもロープ。

急な所にはことごとくロープが用意されてます。

急な所にはことごとくロープが用意されてます。

次々とロープが現われる。

次々とロープが現われる。

下りではロープは使いませんでしたが、登りでは助かるだろうな。。。

下りではロープは使いませんでしたが、登りでは助かるだろうな。。。

登りの角度はおおむねこんな感じです。

登りの角度はおおむねこんな感じです。

近場で似てるとすれば岩田山へ東から登るルートが近いかな。。ここはロープがあるだけ登りやすい?

近場で似てるとすれば岩田山へ東から登るルートが近いかな。。ここはロープがあるだけ登りやすい?

沢の音が聞こえ始めるとルート上に岩が現われます。

沢の音が聞こえ始めるとルート上に岩が現われます。

ほぼ下山。

ほぼ下山。

?

お稲荷さんでした。

お稲荷さんでした。

階段を下ります。

階段を下ります。

あれ?ここへ出た(゜o゜) 登りルートで2枚目の写真位置に合流です。

あれ?ここへ出た(゜o゜) 登りルートで2枚目の写真位置に合流です。

下山で~す。

下山で~す。

今日の足はバイクでした。

今日の足はバイクでした。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。