単独登山 箱根金時山を抱く‼︎

2019.03.22(金) 2 DAYS Kanagawa, Shizuoka
丸虫
丸虫

活動詳細

もっと見る

去る3月、イラストレーター・オブ・ザ・イヤー授賞式の翌日にクリエーター仲間の山ガールと東京高尾山へ取材登山を。 そのさらに翌日、箱根の名峰「金時山」へ単独登山を敢行。 金時山はその名からも分かるように、その昔、伝説の勇者「金太郎」が幼少期駆け巡り遊んだと山として超有名な山。 初心者でも比較的登りやすく、天気に恵まれれば山頂からはそれは見事な霊峰御富士様の威容がコズンと望め、 金太郎伝説と相まってとても人気の高い山でございます。   今回の私の目的は、この2日前に広告イラスト日本一の賞としていただいたクリスタルの盾に、 日本一の山、富士山を透かして眺め、写真に収め、悦に入り、 皆様に凄いね!凄いね!やったね!素敵!と言われ気持ちよくなることでした。   果たしてその念願叶うのか、詳細はアルバム内をご覧ください^^ それにしても、箱根まできて一人はぁはぁ言いながら山を登っていると、 「何してんだろ?」とも思いましたが、 同時にその気持ちよさたるや何者にも変えがたいものがございました。

8:43 箱根登山バス「仙谷」停で下車、ほど近くの登山口から登り始めます。
昨夜からの雨も止み青空が顔を覗かせる。 こりゃお富士様も拝めるかも!
事前調べで、見晴らしも良く比較的登山者の少ないであろう矢倉沢峠ルートをチョイス。
いい感じの山道^^
矢倉沢峠にある茶屋。今も営業することあるのかな?
矢倉沢峠より先は、これまでの森の山道とは雰囲気もうって変わって笹竹を縫う小道を。 視界がひらけ始めます。(雲がでてきてるな)
金太郎さんのコスプレに違いありません。 完成度は高くはないです。
振り返り見る箱根の街。ガスってる。
雲が不穏だなぁ…
箱根をぐるっと取り囲む外輪山が見渡せます。 山頂までもう一息!
ガスっちゃいるけど、なかなかの絶景!
コブラも言ってたぜ。揺り椅子に揺られていたって、周りがジャングルであることに変わりはないんだ。
ロープを掴む箇所も所々。
み、見えた!山頂か!!
10:12 箱根の名峰「金時山」1212m、登頂! ガ、ガスガスーー!!
見事に真っ白… 晴天であれば山頂のあの茶屋の向こうに…
こーんな見事なお富士様が拝めるはずなんです!! (本画像はネットから拝借いたしました)
この日本一の霊峰の威容を見たかった! そして… (本画像もネットから拝借)
2日前に広告イラスト日本一の受賞で賜ったばかりのこのクリスタルの盾の中にお富士様を納めた写真を撮りたかった! (この辺か!?このあたりがお富士様か!?えいっ!えいっ!!)
雲間からお顔を覗かせることもあろうかと休憩がてらしばしまつことに。 茶屋にてハイポーション購入。
本日のレンバス(行動食)は、昨日の高尾山と同じくオールレーズン。優秀な行動食です。
伝説の英雄「金太郎」さんが幼少期に駆け回って遊んだ山、それが金時山。
金太郎伝説が随所にあります。
九州からの飛行機移動の際にバーナー等を運搬できなかったので、本日の山行ではお楽しみのおいさん風山ごはんは無し。
待つこと約1時間。一向にガスの晴れる気配もなく、この後の予定もあるためお富士様は諦めて下山することに。
乙女峠を目指して下山します。
木立の中とはいえ、尾根を歩くのは気持ちがいい。
乙女峠ルートは割とずっと森の中。
ふかふかの苔もたっぷりお湿りちゃんで私を歓迎してくれております。
かっこいい枝ぶり。
お昼は大涌谷でカツカレー食べる予定。
途中にある長尾山山頂。
長尾山山頂で誰かがキャンプした形跡がありまして、
よく見ると小脇に人一人藪をかき分けて入る隠し通路がありまして、奥に用を足した形跡を感じ取ったので引き返しました。
比較的なだらかな山道を下り、
乙女峠に到着。 父親思いの娘の悲しい物語のある地です。
乙女峠からは御殿場方面を望むことができるのですが、ふとした瞬間、その先に…
フジー!お富士様!お顔を覗かしてくださいました!!
やべ、盾、く、クリスタル、写真、写真! クリスタルの中に富士山入った?わかりにくい?
並べてみたやつも…
もう一度、入った? 入ってるけど、ピントが手前に合うしわかりにくい、なんだこれ写真に(笑)!
山頂では諦めた富士山が、下山途中の乙女峠展望台でわずか数分だけ顔を覗かせてくれました。 全体的にガスっていてわかりにくいですが、これだけでもすごい迫力を感じました。富士山ってすごい!
位置関係。案内板手前が金時山と現在地の乙女峠。
乙女峠の悲しい伝説。
それにしても残念なのが乙女峠展望台下に散らかっているゴミ…
清々しい気持ちを台無しにする、センスのかけらもない落書き…
気を取り直して下山を続けます
下手に刺激すると絡め取られてしまいます。
かっこいい
車道が見えてきました!
登山道入口(出口)に到着!
まだ終わりません。ここからバス停まで30分ほど車道を歩きます。
恒例のトルコ巻きを嗜みながら、バス停到着。 14:01 金時山登山終了。

活動の装備

  • イーサーAG60(ネプチューン・ブルー)
    OSPREY

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。