皇海山: 登山篇

2016.05.08

活動詳細

詳しく見る
〈このレポートの注意点〉 1. 不動沢登山口から登山開始以降のレポートです。栗原川林道の道路状況については「道のり篇」に載せています。 2. 登山開始時、GPSをオンにするのを忘れ(今回も >_<)、記録は途中から開始のため、距離・時間等は正確ではありません。 3. この日の天気は快晴&涼風。雨が降ったのは2日前。雨天時や降雨後は水量などの状況がかなり違うと思います。 皇海山。名前には惹かれるものの、眺望はよくないらしいし、行くことはないだろうと思っていた百名山の1つでした。行くとしたら、有名な悪路を越えて短距離を行くか、あるいは楽々登山口までアクセスして、私には到底ムリそうな距離にチャレンジするか…。今回、センパイのご協力を得て、前者に便乗させていただき、到達することができました。 感想は、この山は楽しい! 天然のアスレチックという印象です。沢歩き、ガレ場あり、笹やぶを抜けて、一旦展望が開けて鋸山を眺めた後、倒木が多い森林を登っていくと頂上に到着です。次々に様相が変わり、飽きることがないので登りっぱなしも辛くありませんでした。頂上からの景色は開放的とは言えませんが、北側は木が少なくて、他の山が見られます。数人程度なら十分座って休む広さです。 標識や目印のピンクリボンも随所にあり、迷う可能性は低そうです。登山口までのアクセスの心配がなければ、また来たいと思える山でした。
不動沢登山口のトイレ。登山届もこの中に記入するのーとがあります。
左手奥に水洗和式、手前に男性用トイレ。右手に蛇口あり。
橋を越えてスタート
入り口は、この左側。
標識は分かりやすい場所にあります。
石がゴロゴロ
はじめは林道歩き
沢に近づいてきた
渡ります。滑って転ばないように慎重に。
キレイなお水。まだ水量は少なめ。
あっという間。
何度か沢を行ったり来たり。水音も涼しい。
真ん中
笹やぶ開始〜
今度は岩場
しばらく登ってきて振り返り。
右に曲がると、その先はロープ
細めのロープ。コブも小さめ。
真ん中の木から右手前の木まで横ばいです。足場は斜面に笹やぶですが、ロープがありません。あったらいいな、と思った場所。
ここに見えるロープはピーンと張っていて、足場が狭いので、自然とリンボーしちゃう場所。途中の木で一旦結び直してもらいたいな、と思いました。
急に開けて、鋸山。景色を見ながら休憩。
分岐
ギザギザ。窪みにはまだ雪があります。
さて、再出発。左に折れたら、早速こんな道。
なんだかワクワク
童話に出てくる森みたい。
脇道に雪
とおせんぼう
空が見えた!
また雪。今度は越えます。
また鋸山が見えてきた
たぶん歩いてきた方角
もう少し。
ここは狭くて短い急な坂。
上から。グレートトラバースで見た坂じゃないかな?
到着!標識 1
標識 2
今日のご褒美。
氷つき。
北側だけ少し開けてる。
標識 3
誰もいなくなっちゃった。
下ります。一気にガレ場 ^_^;
天然ロープ!テープ付き。
春だなぁ。行きは、あまり周りの景色を見てなかったみたい。
樹液?
今日の〆
お肌スベスベのお湯でした。
しゃくなげ定食

参加メンバー

  • みややす
    みややす

    Tochigi, Gunma

    のんびりやります。(^_^)

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。