観音山

2019.03.20(水) 日帰り Gunma, Saitama
kyou
kyou

活動データ

タイム

01:34

距離

3.7km

上り

205m

下り

205m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ぐんま百名山 観音山を歩く 高崎市郊外の高台にある観音様は国道17号線あたりを走るとよく目立つ。 その観音様のある山が観音山。 山ねえ… イメージは丘稜・公園って感じ。 以前カッパピアという遊園地があったころ何度か訪ねた思い出がある。 今その遊園地は閉鎖され、市がその建物や土地の所有権を取得し公園として再開発されている。 また一時バードウオッチングに凝っていたころ、野鳥の森へ何度か通ったことがある。 山頂へ行くだけなら駐車場からアッと追う間にたどり着く。 ぐんま百名山、一つ達成したぞ~というにはあまりにもあっけない。 少しは歩かなくっちゃね。 でも、ザックを背負って山頂目指すのはいかにも格好がそぐわない。 ショルダーバックにカメラと無線機を入れて山頂を目指すことにした。 清水寺を観光した後は参道を通り観音様に到着。 でっかい! 高さ約42m。 胎内に入れるが有料です。以前入ったから今回はパス。 さあ、山頂を目指しましょう。 観音様の裏手にある道路を数分歩き階段を登ると男性像がある山頂です。 三角点にタッチ。ぐんま百名山一つゲット! でも歩いたねえという満足感は今一つ。 桜の開花時期だったらもっと感動は大きかったかもね。 桜の時期は約3000本が咲き乱れるそうです。 では山頂制覇の証にアマチュア無線で交信しましょう。 CQを出すと赤城山の駒ヶ岳移動局から応答があった。 山頂同士ということで話が弾む。 このあと、藤岡市の庚申山も行く予定ですと話すと… QTHは藤岡だけど、庚申山登ったことないなあだって(*_*; 確かにあそこも山というより公園だもんね。 では下山開始。 帰りは染料植物園方面へ舗装路を歩く。 途中、高崎自然歩道の案内があったんで、そちらで下る。 なんかどんどん山深くなり行く手にはロープが張っていた。 その先は崩壊した道となり通行不能… なんで~ここまで来て引き返すのは嫌だあ! ということで倒れた木々を乗り越え藪を漕ぎ強引突破。 そして斜面を登ると赤い橋の見える舗装路に出た。 いやあ、良かったと一安心。 以後は気持ち良い道を歩く。 清水寺付近に戻るのはこのあたりからショートカットした方がいいなと思いながら歩く。 「立ち入り禁止」の表示がなくなったところから、山道を下る。 最初は明確な道だったがそのうち道がなくなり低い草木をより分け歩くと公園の脇に出た。 これが再開発された公園かあ、綺麗なプールなどの施設があった。 そこから道路へ出ようとするとまだ立ち入り禁止区域だったようで車止めの脇から道路に出る。 そして最後の近道。 民家の裏から道は不鮮明な低木の藪を登る。 わずかで眼下に高崎市内の見える広い場所に出て観音山登山は終了した。 低山侮るべからず… 急がば回れ… 教訓は二つに増えました(*_*; さて、次の低山を目指しましょう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。