YAMAP / ヤマップ
画像

伊豆三山縦走(発端丈山~葛城山~城山)の写真

今日はいろいろ苦労したけど、ようやく下山口へ。現役時代の長嶋英雄は、城山をランニングで登っていたという記念のパネルがある。

この写真を投稿したユーザー

saiseiji
ID: 3317333

両親が山歩きが好きだった影響で、小さい頃は親に連れられて標高の低い山を嗜むも、高校以降は無縁の生活。 40代も半ばの2020年。コロナ禍の真っただ中に、気分転換に出かける先に事欠いて、思い立って高尾山を蛇滝ルートから登る。 当然ながら、へばって高尾山頂にたどりついたのがどうにも悔しく、一念発起して週末や休みに手近な低山から徐々に攻め始めて、今日に至る。富士山登頂が今の最大の目標。 ソロ行動・テント泊なし・山では調理しない・雪山登山はしない が自分的登山の基本ルール。 (山まで来て人を気にしたくない・荷物を重くしない・雪山は危険倍増が理由)

この写真を含む活動日記

写真59
もらったドーモ35
05:15
12.8 km
1085 m

伊豆三山縦走(発端丈山~葛城山~城山)

金冠山・達磨山・葛城山(静岡)

2024.06.24 (月)日帰り

saiseiji
saiseiji

月曜に有休を取ったので、当初の予定は、日曜に城山から発端丈山へと縦走をかけ、下山場所からすぐの三津に宿を取って、翌日はゆっくり帰京するか、午前中に沼津アルプスを軽く歩いてから帰るつもりだった。 ところが関東は梅雨入りし、土曜晩から日曜朝方まで、強い雨が降り続ける天気に。 宿だけは先に取ってしまったので、どうしようかと思っていたが、月曜は晴れとはならなくても、天気は持ちそうな予報となり、月曜に逆から伊豆三山を縦走することにする。 ただ高温多湿という予報で、ウェアがグショグショになることが予想され(現にそうになった)、帰りに乗る予定の特急の前にどこかで汗を流さないとマズい!となり、早歩きして入浴時間を捻出することに。 ちなみに、葛城山へのルートは、背面登山口は、YAMAP先人の情報から、急登のため雨の翌日は不向きということで避け、小坂みかん園の途中から分岐して、山頂裏から登るルートを採用した。 数ヵ月前のYAMAP先人メモだと、倒木などあるが背面登山のルートよりは楽ということだった。ところが、分岐の付近のコンクリ道に法面から崩れた土砂が大量に降り積もっていた。とにかく分岐から別れて登り始めてみたら、上の方まで酷く法面が崩壊していて、すぐに登山道も大きく流され崩壊している状況。強引に無理矢理登っていたら、たまたま登山道がトレースできたが、その後も何ヵ所か登山道が崩壊してて、かなり危険だった。本日(2024.06.24)時点では、登山道としては全くといっていいほど機能していない。