チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 5
休憩時間
1 時間 19
距離
6.9 km
のぼり / くだり
173 / 167 m
1 37
27

活動詳細

すべて見る

「気をつけて!」 と言われるとイラッとしませんか? 別に「気をつける」ために生きているわけではないのだ! …と、天の邪鬼的に考えてしまうのは私だけでしょうか? どちらかと言うと「楽しむ」ために生きていたい、と思っている自分でありたいのです。 だからでしょうか、人と出会い、別れるときは、「楽しんで♪」と言っている気がします。 イラッとする、と言うと大げさだし、相手のことを想っての言葉だとは分かっている。 だけどそれでもだけど、このク◯ヤローな世の中で、すこしでも前向きでありたいと思うのです。 根が暗い人間なだけにね。 それに、この世界を捉え直す「きっかけ」にもなると思うのです。 今日は披露山に行きました。 太陽が出たり隠れたり。 風があったので、全体的に歩きやすい1日でした。

三浦アルプス・二子山・仙元山 ということで、魚屋さんのお弁当を買ってビーチへGO🏖️
タープ設営はサクッと終わったので、カツオのタタキは腐らずおーるらいと!
ということで、魚屋さんのお弁当を買ってビーチへGO🏖️ タープ設営はサクッと終わったので、カツオのタタキは腐らずおーるらいと!
三浦アルプス・二子山・仙元山 早速だが「貴族アイテム」の紹介をしよう

この近未来的な銀色のポーチ、何かというと保冷保温バッグなのだ👜

「アルファ米を温かい状態で食べることができる」

……くぅ~~~~~っっ😣!!なんて贅沢な!!!

この類いのものを山で使っている輩を見る度に、「そんなに早く冷めねえよ、このク◯ヤロー!」と毒づいていたのだけど、どうやら「クソ◯ロー!」と言われる番が私に回ってきたらしい…

こうして世界は回っているのだ
そう、君にも私にも関係なく、地球は回っている、
君を、僕らを、乗せて

なにわともあれ、アルファ米に使うかどうかは置いといて、こやつを購入した理由はもちろんこうだ!
→
早速だが「貴族アイテム」の紹介をしよう この近未来的な銀色のポーチ、何かというと保冷保温バッグなのだ👜 「アルファ米を温かい状態で食べることができる」 ……くぅ~~~~~っっ😣!!なんて贅沢な!!! この類いのものを山で使っている輩を見る度に、「そんなに早く冷めねえよ、このク◯ヤロー!」と毒づいていたのだけど、どうやら「クソ◯ロー!」と言われる番が私に回ってきたらしい… こうして世界は回っているのだ そう、君にも私にも関係なく、地球は回っている、 君を、僕らを、乗せて なにわともあれ、アルファ米に使うかどうかは置いといて、こやつを購入した理由はもちろんこうだ! →
三浦アルプス・二子山・仙元山 「冷たいビールを、山小屋より低価格で飲める🍺」
これに尽きる

…いや、よく考えろおれ!
これまでだって凍らせたビールをアルミホイルで巻いて事足りていたではないか…
ということはやはり、これはあってもなくてもよい、贅を極めた「貴族アイテム」なのだ

しかも350缶が2本しか入らない…
どうしてもっと大きいサイズを買わなかったのか…
(私が購入したお店には3種類のサイズ展開があり、これは1番小さなサイズだ)

そこにはやはり、アルファ米を温かい状態で貴族的に食べようという無意識の意図が散見されるのだ
(お湯を入れたアルファ米1つを保存するにはこれで十分な大きさである。これ以上大きいと扱いづらいだろう)

そしてもう1アイテム
百均で買った銀マット(極小サイズ)だ!
登山中、もうアカン足が限界座りたいけど腰をかけるベストポジションがない!という状況で、ザックのサイドポケットあたりからササッと取り出し、お尻の下に敷く🛏️
…嗚呼、なんて貴族的なんだ!!

…だがしかし、そもそも私は緊急的な休憩をあまりしない
ベンチ的な座れる場所があると、休んでおこうか、というノリで休憩をするし、心奪われる景色があればそこで長く休憩するので、あまり疲れない

そういうわけなので、こやつの使い道を考えた結果がこうだ
素敵な山乙女が座る場所に困っている…ふむふむ、彼女を助けられるのは、おれ!すかさずサイドポケットあたりからササッと取り出して差し出す


…イメージっっ!!!!!!



…終了っっ!!!!!!




…嗚呼、まさに貴族✨


そこの乙女さん!急登で背後からビシビシ視線を感じる時、それはきっと、私が絶好のタイミングを見計らっている時なので注意されたし⚠️
「冷たいビールを、山小屋より低価格で飲める🍺」 これに尽きる …いや、よく考えろおれ! これまでだって凍らせたビールをアルミホイルで巻いて事足りていたではないか… ということはやはり、これはあってもなくてもよい、贅を極めた「貴族アイテム」なのだ しかも350缶が2本しか入らない… どうしてもっと大きいサイズを買わなかったのか… (私が購入したお店には3種類のサイズ展開があり、これは1番小さなサイズだ) そこにはやはり、アルファ米を温かい状態で貴族的に食べようという無意識の意図が散見されるのだ (お湯を入れたアルファ米1つを保存するにはこれで十分な大きさである。これ以上大きいと扱いづらいだろう) そしてもう1アイテム 百均で買った銀マット(極小サイズ)だ! 登山中、もうアカン足が限界座りたいけど腰をかけるベストポジションがない!という状況で、ザックのサイドポケットあたりからササッと取り出し、お尻の下に敷く🛏️ …嗚呼、なんて貴族的なんだ!! …だがしかし、そもそも私は緊急的な休憩をあまりしない ベンチ的な座れる場所があると、休んでおこうか、というノリで休憩をするし、心奪われる景色があればそこで長く休憩するので、あまり疲れない そういうわけなので、こやつの使い道を考えた結果がこうだ 素敵な山乙女が座る場所に困っている…ふむふむ、彼女を助けられるのは、おれ!すかさずサイドポケットあたりからササッと取り出して差し出す …イメージっっ!!!!!! …終了っっ!!!!!! …嗚呼、まさに貴族✨ そこの乙女さん!急登で背後からビシビシ視線を感じる時、それはきっと、私が絶好のタイミングを見計らっている時なので注意されたし⚠️
三浦アルプス・二子山・仙元山 で、
凍った状態でオープンザ缶をすると、止めどなく泡が溢れてきた…
もちろん初めは啜っていたのだが(もったいないでしょ!?)、「止めどなさ」が尋常ではないので諦めた
後ほど、完全に解凍されてから飲んでみると、アルコールも炭酸も全く感じなかった
残ったのはただただ苦い麦水だけ
一体ビールの楽しみはどこに消えてしまったのだろう🎩
マジックショーを堪能できた、ということでヨシとしよう


ちなみに、過去にも何度か同じ過ちを犯しているのだが…
懲りずに胸を張って生きる!

人間は気高い
で、 凍った状態でオープンザ缶をすると、止めどなく泡が溢れてきた… もちろん初めは啜っていたのだが(もったいないでしょ!?)、「止めどなさ」が尋常ではないので諦めた 後ほど、完全に解凍されてから飲んでみると、アルコールも炭酸も全く感じなかった 残ったのはただただ苦い麦水だけ 一体ビールの楽しみはどこに消えてしまったのだろう🎩 マジックショーを堪能できた、ということでヨシとしよう ちなみに、過去にも何度か同じ過ちを犯しているのだが… 懲りずに胸を張って生きる! 人間は気高い
三浦アルプス・二子山・仙元山 これでも手で払ったのだが、タープの裏に砂がびっしり張り付いている
タープに砂は天敵なのだろうか…
時々パラパラと砂が降ってくる

ところでビールを持ってくるにあたり、木曜日にスーパーで6本パックを購入した
普段私はお酒を飲まないので、2本づつ凍らせると山行3回分ビールを楽しむことができる計算だ

そんなこんなで冷凍庫に2本入れてからシャワーを浴びた
いつも通り髪の毛を丹念に予洗いし、頭皮を優しく洗う、ゴシゴシタオルに石鹸を泡立ててこれまたいつも通り、左の二の腕から擦り始める
風呂上がり、いつも通り短い髪の毛だがしっかりドライヤーで乾かし、メディカルミノキを頭皮に刷り込む

そして気がつく間もなく冷凍庫からビールを取り出し、オープンザ缶をしていた
もちろん新たにビールを冷凍庫に入れるが、尾瀬の天気予報を調べているうちに、どういうわけかコンスタントに1本づつ栓が抜かれていく…

この時すでにマジックショーに洗脳されていたのだ

次に意識が戻ったとき、コンビニのレジにビールを2本並べていた
これでも手で払ったのだが、タープの裏に砂がびっしり張り付いている タープに砂は天敵なのだろうか… 時々パラパラと砂が降ってくる ところでビールを持ってくるにあたり、木曜日にスーパーで6本パックを購入した 普段私はお酒を飲まないので、2本づつ凍らせると山行3回分ビールを楽しむことができる計算だ そんなこんなで冷凍庫に2本入れてからシャワーを浴びた いつも通り髪の毛を丹念に予洗いし、頭皮を優しく洗う、ゴシゴシタオルに石鹸を泡立ててこれまたいつも通り、左の二の腕から擦り始める 風呂上がり、いつも通り短い髪の毛だがしっかりドライヤーで乾かし、メディカルミノキを頭皮に刷り込む そして気がつく間もなく冷凍庫からビールを取り出し、オープンザ缶をしていた もちろん新たにビールを冷凍庫に入れるが、尾瀬の天気予報を調べているうちに、どういうわけかコンスタントに1本づつ栓が抜かれていく… この時すでにマジックショーに洗脳されていたのだ 次に意識が戻ったとき、コンビニのレジにビールを2本並べていた
三浦アルプス・二子山・仙元山 ねぇねぇ、ヤマップさん

もしも目の前に瞳の綺麗な少女がいたとする
辺りにはその少女と僕二人だけだ
僕は彼女に「カツオのタタキは好きですか?それともシベリアですか?」と聞こうとする
その時だ!鼓膜を引き裂くほどの地響きとともに、視線の先の遥か彼方、沖の方角から、映画で観たような高波が押し寄せてくる
僕とその少女は手を取り合い、高い場所へ、丘へ丘へと逃げる
そして息も絶え絶えにたどり着いた丘のテッペン、眼下には潮が渦巻き、地球上に残されたのは僕たちがいるわずかなスペースのみ

そしてその少女が言う、
「わたし、ビールは苦手なの…」


どうだろうヤマップさん、その時、僕がもし、保温ボトルを持っていたら、
美味しいネスカフェゴールドブレンドを彼女に飲ませてあげることができると思わないかい?

だばだー、だーばー、だばだー、だばだー、だばだー、だばだー、だーーーーーーーー



それが、僕がネスカフェコラボの保温ボトルを手に入れる正当な理由、だーーーーーーーー


だから、保温ボトルくださいな👐
ねぇねぇ、ヤマップさん もしも目の前に瞳の綺麗な少女がいたとする 辺りにはその少女と僕二人だけだ 僕は彼女に「カツオのタタキは好きですか?それともシベリアですか?」と聞こうとする その時だ!鼓膜を引き裂くほどの地響きとともに、視線の先の遥か彼方、沖の方角から、映画で観たような高波が押し寄せてくる 僕とその少女は手を取り合い、高い場所へ、丘へ丘へと逃げる そして息も絶え絶えにたどり着いた丘のテッペン、眼下には潮が渦巻き、地球上に残されたのは僕たちがいるわずかなスペースのみ そしてその少女が言う、 「わたし、ビールは苦手なの…」 どうだろうヤマップさん、その時、僕がもし、保温ボトルを持っていたら、 美味しいネスカフェゴールドブレンドを彼女に飲ませてあげることができると思わないかい? だばだー、だーばー、だばだー、だばだー、だばだー、だばだー、だーーーーーーーー それが、僕がネスカフェコラボの保温ボトルを手に入れる正当な理由、だーーーーーーーー だから、保温ボトルくださいな👐
三浦アルプス・二子山・仙元山 すこしは運動しよう

南よし!
すこしは運動しよう 南よし!
三浦アルプス・二子山・仙元山 北よし!
北よし!
三浦アルプス・二子山・仙元山 西よし!
西よし!
三浦アルプス・二子山・仙元山 海中ウォークでトレーニング💪
海中ウォークでトレーニング💪
三浦アルプス・二子山・仙元山 今日はヤマップ起動させる気なかったけど、砂砂しくなってきたから歩くことにする

東よし!
今日はヤマップ起動させる気なかったけど、砂砂しくなってきたから歩くことにする 東よし!
三浦アルプス・二子山・仙元山 このヤシの木の間隔、結構好き♪
このヤシの木の間隔、結構好き♪
三浦アルプス・二子山・仙元山 テキトーに登っていくが、道は繋がっている
テキトーに登っていくが、道は繋がっている
三浦アルプス・二子山・仙元山 大崎公園
昔よくドライブで来たところだ
男同士の、しょっぱい思い出だけれど…
大崎公園 昔よくドライブで来たところだ 男同士の、しょっぱい思い出だけれど…
三浦アルプス・二子山・仙元山 あの山でハンモック泊、もしくはあの海岸でタープ泊、をしようと思っていたんだけど、今回は日帰り
あの山でハンモック泊、もしくはあの海岸でタープ泊、をしようと思っていたんだけど、今回は日帰り
三浦アルプス・二子山・仙元山 江ノ島と、うっすら富士山…見えないか!?
江ノ島と、うっすら富士山…見えないか!?
三浦アルプス・二子山・仙元山 披露山のお猿さんたち🐒
披露山のお猿さんたち🐒
三浦アルプス・二子山・仙元山 富士山見ぃつけた🗻
ここ気持ち良いから休んでいこう
富士山見ぃつけた🗻 ここ気持ち良いから休んでいこう
三浦アルプス・二子山・仙元山 ハンモックの嗅覚を磨いている今日この頃
ハンモックの嗅覚を磨いている今日この頃
三浦アルプス・二子山・仙元山 跳びたい
跳びたい
三浦アルプス・二子山・仙元山 ハンモックからは、江ノ島も富士山も、柵のなか
ハンモックからは、江ノ島も富士山も、柵のなか
三浦アルプス・二子山・仙元山 山歩きっぽくなってきた
山歩きっぽくなってきた
三浦アルプス・二子山・仙元山 どなたかの別荘脇を通過して下山
どなたかの別荘脇を通過して下山
三浦アルプス・二子山・仙元山 逗子駅でゴール
レビュー高評価のラーメン屋へ
逗子駅でゴール レビュー高評価のラーメン屋へ
三浦アルプス・二子山・仙元山 そろそろお泊まりハイクをしたい!
スキットルの容量200ml、帰りに買ったこちらのラム酒は1000ml、つまり山行5回分を稼ぐ計算なり

だがしかし、こうして日記を書いている間、棚の奥から引っ張り出したロックグラスに次々とキャプテンモルガンが注がれていく…

うん、鼻腔を突き刺すこの刺激
うん、ラムはストレートに限る

こいつは無人島かなんかでの青空野宿にハマりそうだね🏝️
そろそろお泊まりハイクをしたい! スキットルの容量200ml、帰りに買ったこちらのラム酒は1000ml、つまり山行5回分を稼ぐ計算なり だがしかし、こうして日記を書いている間、棚の奥から引っ張り出したロックグラスに次々とキャプテンモルガンが注がれていく… うん、鼻腔を突き刺すこの刺激 うん、ラムはストレートに限る こいつは無人島かなんかでの青空野宿にハマりそうだね🏝️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。