チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 26
休憩時間
1 時間 13
距離
7.8 km
のぼり / くだり
1041 / 1042 m
2 24

活動詳細

すべて見る

山を始めたばかりのころに計画したけどキャンセルになって以来念願の。 行き帰り:自家用車(8時前到着で正規駐車スペースは満車、路駐か第二になりました。) 宿泊: 陀羅仏小屋 立ち寄り湯:白馬八方温泉 みみずくの湯 700円 シャンプー、リンス、ボディソ、露天あり。 大町山岳博物館:450円(YAMAPアプリかモンベル会員証で50円引き) 今回、いつメンではなく地方(って差別用語だと言われたことあるけど、自分だって豊橋市民のころ地方の人間だと自覚してたし言われて嫌じゃないかったから使いますね)の支部の山行で行きたかった雨飾山の予定があるよとお声がけいただき混ぜていただきました。こちらの支部に混ぜていただくのは今回で3回目、支部長が大変エネルギッシュで懐の広い方だし、メンバーの皆さん当たり前のように受け入れてくださり気兼ねなく楽しみました。 総勢16名でワイワイと。最初は横移動だけど木道なので雨天などで濡れてたら要注意。登りに差し掛かってもゆっくりじっくりペースだったので息も上がらず終始余裕をもって活動できました。雨飾山というとくだりのドロドロ道が大変だと聞いていましたが、幸いにもドライコンディションで苦労なくゴール。これだけ大勢だと植物が好きな人、鳥が好きな人、鉱物が好きな人が揃い踏みで強いパーティーだなと思いました。お風呂に寄って宿泊地へ。ここの支部の宴会はえげつないと噂で聞いていたので戦々恐々としていましたが、確かにとてもにぎやかではありましたが楽しい時間を過ごすことができました。 翌日は雨のため山へは行かず大町山岳博物館へ。対して期待はしていませんでしたが、きれいで見ごたえのある展示に大満足できました。偶然出会った博物館カフェで働いていらしたメンバーの姪っ子さんおすすめの蕎麦屋へ行き解散。 知らん人が多いし大人数がそんなに得意じゃないしで不安でしたが、結果大変楽しい週末となりました。ありがとうございました。 それでも。 夕食の時間、いつもの所属先もこちらも同じで男性は当たり前のようにテーブルまっしぐらでさっさと宴会を始めて、女性はせっせと調理…。管理人さん(男性)も「今はそういう時代じゃないんだけどね」と呆れてはりました。朝は朝でさっさと座ってカップ麺やみそ汁の蓋だけ開けてこちらが注ぎに行くのを待ってらして正直唖然としました。どこのグループもお姉さま方がやってしまわれる限りこの悪癖はなくなりませんね。もちろん手伝ってくださった男性もいます、1名…。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。