大幡池周回(規制区域は保存されない?)

2016.05.07(土) 15:15 - 2016.05.07(土) 15:15
諸事情あって軌跡を全削除。 「諸事情」とは2つ。 ひとつは、GPSの機能が不安定(スマホ機能の問題なのか、気象条件かは不明)なため、 かなり酷い軌跡が残ってしまい、相当見苦しくなってしまった。 もうひとつは、軌跡が保存されないルートへどうも入り込んだらしい(想像)・・。 天候も怪しかったので、サラッと「大幡池」でも見に行こうか・・ということに。 林道をギリギリまで車で入り、往復約180分の散策コース。 登山道は大したこと無いのだが、昨日降った雨の影響で異常に高い湿度のため、 あっという間に全身が「汗だく」に・・。 「体に纏わりつく湿気」という表現がぴったりで、これだけで疲れてしまった。 大幡池湖畔にも辿り着き、食事をし、そして下山すればそれで終わっていたのだが、 あまりにも「芸が無い」ので地図を見ながら考えてみた。 (丸岡山や夷守岳に行くのもよいがそれ以外に何かないかな・・? そうだ、大幡池を一周してみよう!!) まったく子供のような発想である。 見渡すと一ヶ所湖畔際がはっきりしないところがあるが、藪漕ぎすれば行けそうだったので、 湖畔にザックをデポして出発。 すると薄っすらと「踏み跡」が見て取れる。 勿論、藪漕ぎに近い形で進まねばならないのだが、獣道ではない。 以前、登山道として利用していたような雰囲気だ。 そしてちょうど向こう正面のところで、何と「赤テープ」と「標識」を発見した。 この辺りで数多く見られる「大幡山岳会」の「心のこもった標識」である。 どうも「大幡池」西側湖畔を経由し「大幡山」「獅子戸岳」へ向かう縦走ルートの一つのようで、 今となっては「新燃岳」の関係で入山できない「大幡山」「獅子戸岳」ではあるが、 5年ほど前までは霧島連山を縦走する数多くのルートがあった場所だ。 であれば、当時「大幡池」を周回した人もいたはずで、「踏み跡」もその名残かもしれない・・ と勝手に都合のよい解釈をしてしまった。 ところが下山して「軌跡」をUPしようとしたところ、その周回の軌跡が消えている。 仕方がないので同行した山仲間に軌跡のデータを貰おうと連絡をしたら、 その山仲間も同じようにそこだけ軌跡のデータが途絶えている・・という。 「ヤマケイ」のアプリを使っているそうだが、同じ現象だとか・・。 ただ周回途中に、それぞれのアプリで自分たちの現在位置を確認していたので、 普通に機能していたはずだ。不思議な現象である。 入山規制区域では軌跡が保存されないシステムかもしれないな・・と勝手に想像している。 「新燃岳」から入山規制の2㎞圏内は正確に言うと「大幡山」山頂あたりに該当し、 「大幡池」はその外側にあるのだが、ルート上の実際の入山規制は「大幡池」から 「丸岡山」へ向かう分岐のところから始まる。 要は「大幡池」湖畔には行けるが、その先は大きな入山規制の看板がありロープが張られている。 と、言うことは知らないうちに「入山規制」されたゾーンに入り込んでいたわけで、 それが故に「軌跡が保存されない」という現象なのかもしれない・・。 それでも「ヤマップ」「ヤマケイ」それぞれのアプリが同じ判断をするのだろうか・・?

写真

ここからスタート・・

ここからスタート・・

ここを左へ行ってみた・・

ここを左へ行ってみた・・

やっぱりここに出てきます

やっぱりここに出てきます

ちょうど向こう正面から・・

ちょうど向こう正面から・・

縦走ルートだったようだ

縦走ルートだったようだ

このようなルートがあったのだろう・・

このようなルートがあったのだろう・・

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。