上川乗BS・浅間峠・熊倉山・生藤山・醍醐丸・陣馬山・和田BS

2024.06.19(水) 日帰り

活動データ

タイム

05:30

距離

13.9km

のぼり

1289m

くだり

1350m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 30
休憩時間
33
距離
13.9 km
のぼり / くだり
1289 / 1350 m
45
5
12
14
1
6
5
8
4
5
6
8
16
24
4

活動詳細

すべて見る

浅間峠から陣馬山まで歩いてきました。 ここのところ週末は曇天模様が続いていましたが、今日は快晴の下、気持ちの良いハイキングになりました。 1000mに満たない低山歩きが主なので暑さが心配でしたが、昨日の雨の影響か、はじめのうちは少しヒンヤリと感じるくらいの体感。 稜線に出ても(陣馬山以外は)木陰を歩くので思ったほど暑くはなく、吹く風が気持ち良かったです。 コースは歩きやすく整備されています。 生藤山・茅丸あたりは岩肌が出ていたり、少しやせていたり、急峻だったりしますが、ごく短い部分のみです。 ほぼ平坦なところもありますが、思ったよりもアップダウンも多くあります。 名前の付いたピークだけでも栗坂ノ丸・熊倉山・軍荼(茶)利山・軍刀利山・三国山・生藤山・茅丸・連行峰(山)・大蔵里山・醍醐丸・高岩山・陣馬山と12ありますし、無名のピークはもっとあるので意外と体力勝負かも知れません。(巻けるピークもあります) 笹尾根の歩いていないところを歩こうと、(三頭山から浅間峠までは概ね下りなので)気持ち的は「下る」つもりでしたが、標高的には浅間峠(839m)から熊倉山(966m)・生藤山(990m)・茅丸(1019m)と順に高くなっていくことも歩いてみて気がつきました...。 それも体力が(気力が)奪われる原因かもしれません...。 実際、(陣馬山以外では)一番標高の高い茅丸からの展望が良かったように思います。 それ以外の区間は木々の合間から左右の景色がかいま見られる程度だったかな。 途中、大蔵里山と大蔵里山(東峰)の間から陣馬山が望めたときには、やっぱり見晴らしの良いところに行きたくなってしまい、陣馬山まで足を延ばすことにしました。 生藤山から和田峠まではほとんど他人様に合うこともなく、静かな山歩きが堪能できました。 大蔵里山から和田に下りる計画を変更してまで行った陣馬山ですが、直射日光を遮るところもなく、暑くていられない...。 結局、長居はせずにさっさと下りてしまいました。 後で調べてみたら、笹尾根は「広義では三頭山から高尾山まで」(wiki)とあります。 足を延ばしたおかげで心置きなく笹尾根を歩き切ったといえそうです。満足。

浅間嶺・松生山 上川乗BS
下りBSの道路向いに東屋とトイレがあります
上川乗BS 下りBSの道路向いに東屋とトイレがあります
浅間嶺・松生山 トイレ
トイレ
浅間嶺・松生山 浅間峠までの登りは比較的緩やかな方かと思います
浅間峠までの登りは比較的緩やかな方かと思います
浅間嶺・松生山 杉ばかりの単調な景色が続きますが
杉ばかりの単調な景色が続きますが
浅間嶺・松生山 峠を待たずして、稜線に出たあたりから見眼麗しい植生に変わります
峠を待たずして、稜線に出たあたりから見眼麗しい植生に変わります
浅間嶺・松生山 浅間峠
浅間峠
浅間嶺・松生山 東屋の中は涼しい
東屋の中は涼しい
浅間嶺・松生山 平坦な出だしだったので、気を良くしているところ
平坦な出だしだったので、気を良くしているところ
浅間嶺・松生山 一旦はこの標識は見落としました。
振り返ってピンテで気がつきました
一旦はこの標識は見落としました。 振り返ってピンテで気がつきました
浅間嶺・松生山 木漏れ日がきれいだし、直射日光も遮ってくれています
木漏れ日がきれいだし、直射日光も遮ってくれています
浅間嶺・松生山 木製階段の登場
ところどころに設えてあります
木製階段の登場 ところどころに設えてあります
浅間嶺・松生山 熊倉山
座面が高めで休みやすいベンチがあります
熊倉山 座面が高めで休みやすいベンチがあります
浅間嶺・松生山 軍荼(茶)利山
軍荼(茶)利山
浅間嶺・松生山 ...とはいえ山頂感はありません
...とはいえ山頂感はありません
浅間嶺・松生山 軍刀利山も山頂感なし
軍刀利山も山頂感なし
浅間嶺・松生山 三国山
こちらもベンチこそあれ、山頂感はありません
三国山 こちらもベンチこそあれ、山頂感はありません
浅間嶺・松生山 生藤山
こちらは山頂らしい地形ですが展望はかなり少なめです
ベンチあり
生藤山 こちらは山頂らしい地形ですが展望はかなり少なめです ベンチあり
浅間嶺・松生山 生藤山の登り下りは岩肌がでています
生藤山の登り下りは岩肌がでています
浅間嶺・松生山 東峰もありました
東峰もありました
浅間嶺・松生山 茅丸
今回のコースの中ではハイライトだったかと
巻けるピークですが、巻くともったいないかな。
茅丸 今回のコースの中ではハイライトだったかと 巻けるピークですが、巻くともったいないかな。
浅間嶺・松生山 茅丸から
茅丸から
浅間嶺・松生山 茅丸から
茅丸から
浅間嶺・松生山 茅丸から
茅丸から
浅間嶺・松生山 連行峰(山)
ベンチあり
連行峰(山) ベンチあり
浅間嶺・松生山 少し南側に開けてきます
少し南側に開けてきます
浅間嶺・松生山 大蔵里山
大蔵里山
浅間嶺・松生山 大蔵里山(東峰)
大蔵里山(東峰)
浅間嶺・松生山 大蔵里山にベンチはありませんが、腰掛けられる切株がいくつかあります
大蔵里山にベンチはありませんが、腰掛けられる切株がいくつかあります
浅間嶺・松生山 醍醐丸の手前は倒木しそうな木々がたくさんあります
醍醐丸の手前は倒木しそうな木々がたくさんあります
浅間嶺・松生山 醍醐丸
醍醐丸
浅間嶺・松生山 醍醐丸にもベンチあり
醍醐丸にもベンチあり
浅間嶺・松生山 醍醐丸の下りはほんの少し荒れた感じがします
すぐに木製階段があらわれますが
醍醐丸の下りはほんの少し荒れた感じがします すぐに木製階段があらわれますが
浅間嶺・松生山 高岩山へは挑戦的な案内があります
実際、屹立してみえて格好いい
高岩山へは挑戦的な案内があります 実際、屹立してみえて格好いい
浅間嶺・松生山 屹立していても展望はありません
屹立していても展望はありません
浅間嶺・松生山 和田峠から陣馬山への登り返し
これが地味にキツかったかな
和田峠から陣馬山への登り返し これが地味にキツかったかな
浅間嶺・松生山 これまでの閉塞感から一転
これまでの閉塞感から一転
浅間嶺・松生山 陣馬山をとてもたのもしく感じた山行になりました
陣馬山をとてもたのもしく感じた山行になりました
浅間嶺・松生山 歩いてきたのに山座同定できない
歩いてきたのに山座同定できない
浅間嶺・松生山 案内板がうれしい
けれど見ても生藤山すらアヤシイ...。
案内板がうれしい けれど見ても生藤山すらアヤシイ...。
浅間嶺・松生山 日よけがないので茶屋で一服
日よけがないので茶屋で一服
浅間嶺・松生山 和田への下りはアジサイがきれい
和田への下りはアジサイがきれい
浅間嶺・松生山 和田BS
トイレもありました
和田BS トイレもありました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。