棒ノ折山から成木尾根を歩く🚶‍♀️

2024.06.17(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 43
休憩時間
27
距離
14.9 km
のぼり / くだり
1252 / 1309 m
3
18
57
14
7
12
30
31
39
8
3
28

活動詳細

すべて見る

今日は白谷沢から棒ノ折山に登り、そこから天目背稜〜有間山陵〜金比羅尾根をぐるっと周回しようと、さわらびの湯の駐車場からスタートしました。 が…最初のピーク棒ノ折山頂で、水1Lを入れたパックをザックに入れ忘れたことに気づいて、大幅にルートを短縮&変更…水がヤバくなったらいつでも降りられる成木尾根(都県境尾根)を歩くことにしました。 何の下調べもしていなかった成木尾根ですが、飯能アルプスのように小さく鋭いアップダウンを繰り返す尾根道でした。 ずーっと眺望の無い、広葉樹の森と杉の植林地が混在する樹林帯ですが、植林地は間伐されていて明るい陽射しが差し込み気持ちよく歩けました。 しかーし…大仁田山からバス通りへ下山しましたが、登山口付近でまさかの藪漕ぎ数十m…半袖・短パンだったので、猫に引っ掻かれたような無数のキズが…泣 ここを通る方は鉈か鎌をお忘れなく🤣 水忘れの失態で大幅に予定が狂いましたが、なんとか無事に下山できました。 ありがとうございました!

武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 左側の山から登って中央の山々の稜線を歩き、右側の尾根から下山する予定でした🥲
左側の山から登って中央の山々の稜線を歩き、右側の尾根から下山する予定でした🥲
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 大迫力のゴルジュ帯…ヒンヤリしていて気持ち良い👍
大迫力のゴルジュ帯…ヒンヤリしていて気持ち良い👍
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 沢のすぐ脇を登ったり、何度も渡渉を繰り返して高度を上げていきます。
沢のすぐ脇を登ったり、何度も渡渉を繰り返して高度を上げていきます。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 振り返るとこんな感じ。
振り返るとこんな感じ。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 紫陽花の仲間てますかね…とても綺麗でした!
紫陽花の仲間てますかね…とても綺麗でした!
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 棒ノ折山到着。
このすぐ後に水忘れが発覚します💦
この先水場も無く、残700mlでは当初の20km・2000m⤴️の計画は歩ききれないので、やむなくルートを短く、いつでもエスケープできるルートに変更します🥲
棒ノ折山到着。 このすぐ後に水忘れが発覚します💦 この先水場も無く、残700mlでは当初の20km・2000m⤴️の計画は歩ききれないので、やむなくルートを短く、いつでもエスケープできるルートに変更します🥲
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 来た道を権次入峠まで戻り、未踏の都県境尾根に進みます。
来た道を権次入峠まで戻り、未踏の都県境尾根に進みます。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 明るい広葉樹の樹林帯は気持ちよく歩けます!
明るい広葉樹の樹林帯は気持ちよく歩けます!
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 成木尾根の最初のピーク到着…ここは高水三山方面との分岐にもなっています。
成木尾根の最初のピーク到着…ここは高水三山方面との分岐にもなっています。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 木々の間からは奥多摩三山の一座である大岳山がひょっこり。
木々の間からは奥多摩三山の一座である大岳山がひょっこり。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 ほほう…板東一のモノノフと称された畠山重忠公の馬場とは興味深いですね。
ここで愛馬『三日月』と共に馬術に励んだのかな🤔
ほほう…板東一のモノノフと称された畠山重忠公の馬場とは興味深いですね。 ここで愛馬『三日月』と共に馬術に励んだのかな🤔
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 小沢峠まで長かったー😅
この下に車道のトンネルがあって、トンネルの中が都県境となってます。
小沢峠まで長かったー😅 この下に車道のトンネルがあって、トンネルの中が都県境となってます。
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 この山だけ山頂標が可哀想😢
この山だけ山頂標が可哀想😢
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 この山頂標ね👍…この山の山頂直下は壁のような急登でした💦
この山頂標ね👍…この山の山頂直下は壁のような急登でした💦
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 ここは山頂標が立派!
埼玉百名山の一座だからかな🤔
ここは山頂標が立派! 埼玉百名山の一座だからかな🤔
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 順調に降ってきて、登山口まであと200mで突然…背丈以上ある笹薮😱💦
道を間違えたたと思ってYAMAP見たら、登山道に間違いない💦
周りを見ても迂回路は無く…意を決して突っ込んだ🤣
順調に降ってきて、登山口まであと200mで突然…背丈以上ある笹薮😱💦 道を間違えたたと思ってYAMAP見たら、登山道に間違いない💦 周りを見ても迂回路は無く…意を決して突っ込んだ🤣
武甲山・伊豆ヶ岳・小持山 足元も見えない藪漕ぎを数十m…ルートロスしなくてよかった😅
それまで凄く歩きやすい登山道だったのに、ここだけどうしたんだ?🤔
足元も見えない藪漕ぎを数十m…ルートロスしなくてよかった😅 それまで凄く歩きやすい登山道だったのに、ここだけどうしたんだ?🤔

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。