爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳(南尾根~柏原新道)

2024.06.15(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 59
休憩時間
1 時間 8
距離
20.9 km
のぼり / くだり
2512 / 2501 m
4
10
22
5
27
28
32
8
3
16
1 23

活動詳細

すべて見る

個人的いつか行きたかったシリーズ、鹿島槍⛰️⛰️ 天気のいい日は近所からもよく見えて、 あの双耳峰にいつか登りたいとずっと思ってた。 (以前登った常念、槍も同様の理由。) 登るなら爺ヶ岳もと計画を立てていて、 天気が良さそうだったので、前日夕方に決行決定! ただ、ルート選択で結構迷った...。 柏原新道は残雪のトラバースが心配で。特に早朝❄ ピッケル持ってないし知人に借りた方がいいかな、とか。 で、他の方の投稿を見て、南尾根ルートなら まあ雪の心配はないなと、行きは南尾根ルートを選択。 前日は、楽しみにしすぎたのか、準備不足か、 暑さのせいか、もはや毎度のことだけど就寝は遅めに。 でも多少寝られたので体調はまあまあ。 ただ、二度寝してしまい、 理想より40分遅い午前5時10分に登山開始。 柏原新道を進み、途中から南尾根ルートに入る計画。 南尾根は、尾根をひたすら進むシンプルなルートだけど、 どこから入って行けばいいのかよく分からず。 結局、地図の等高線を見ながら行けそうなところで 森に突っ込むことに。 なので、私の経路は当てになりません...。 結論から言うと、雪のない南尾根はやぶがすごい。 最初しばらくは道がちゃんとあって登りやすかったけど、 後半にやぶしかないところがあって。 人生初のやぶこぎでしたが、まあ大変。 体中、枝や葉っぱにつつかれまくりました。 いい経験になったし、 これが本当の山登りかなと楽しかったけど、 無雪期の南尾根は、もう丁重にお断り...👐 ただ、頑張って登り終えたら一気に 爺ヶ岳南峰に出られるのは嬉しいし、 多少は時間の短縮になるのかも。 稜線に出たら、立山連峰がきれいに見えた⛰️ ペースは、基本ぼちぼちで進んだものの、 登りがキツくてなかなか辛かった。 運動不足を痛感。体力つけねば。 計画した行程も長めで、正直けっこう大変だった。 一時は日があるうちに下山できるかな、と心配もしたし。 結果的には余裕があって、ゆっくり目に下山できた。 ただ今度はのんびり行程で楽しむのもありなのかも😓 景色は、稜線の東側はガス気味だったけど、 ガスの切れ間もあり、総じてなかなか楽しめた✌ 天気予報は晴れ☀ のち曇り☁ やはり雲が徐々に出てきて、昼過ぎには曇りに。 でも最後まで天気は持ちこたえたし、 ライチョウくんにも会えた🐦 残雪は、爺ヶ岳と布引山の間にあって、 現状ではチェーンスパイクや軽アイゼンは あった方が良いかと思う。 私は軽アイゼンを持っていって2か所で使用。 ピッケルを持ってきて杖代わりに使ってる人もいた。 下りは、柏原新道で、割りと歩きやすかった。 ただ他の方もそう言っていて、個人的にも2か所、 雪をトラバースするところで怖い部分があった。 ただ私が通ったのは午後で、 雪の量はそこそこあるものの、気温は連日高い。 結局その2か所は軽アイゼンをつけず、 先行者の残した踏み跡をたどって通りました。 まあチェーンスパイクなど使った方が安心かも。 なおこの時期だからか人も少なく、 この日遭遇したのは6人だけ。もっといるかと思った。 そういう意味ではのんびり山を楽しめました☺️ 帰りには葛温泉につかり疲労回復♨ 兎にも角にも、鹿島槍に登るという念願叶い、大満足!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。