雲取山(2回目は北側(三峰神社)から & デジカメのデビュー戦!)

2016.05.06(金) 06:16 - 2016.05.06(金) 17:30
Kumotoriyama, Takanosuyama, Mutsuishiyama (Tokyo, Saitama, Yamanashi)
【2度目の雲取山】6:16~17:30(11時間13分)  ゴールデンウィーク最後の登山として雲取山を選び、今回はup-downの厳しい三峰神社ルート  に挑戦した! 結構、厳しい登山でした(還暦過ぎの我々にとっては・・・、正直言って、  日帰りだと多摩ルートが正解ですね)。  『前白岩の肩(1580m)』、『前白岩(1776m)』、『白岩山(1921m)』と3山のup-downで  ヘトヘトの状態、加えて、雨が降りそうな感じの曇り空でした・・・。  しかし、雲は結構高く、山頂では何とか富士山や両神山を見ることができ、満足しての下山  となりました(因みに、富士山は先週購入したデジカメでの精一杯の写真です)。 *注1)秩父湖の二瀬ダム手前に信号が有りますが、ダム提体が一方通行のため赤信号が非常     に長いので、注意してください(待ちきれなくなり、信号を無視して曲がった瞬間、     気付きバックして待ちました!) *注2)三峰神社駐車場料金は、入る際には問題なく入れますが、帰りに係りの方に500円     支払えば大丈夫です。 【三峰駐車場~霧藻ヶ峰】6:16~7:30  6時過ぎに駐車場到着し、登山口近く(駐車場を入り右側)に駐車し、階段を上がると前に登山  口が有ります(三峰ビジネスセンター右側)。登山口より石畳を登り鳥居をくぐり登山開始です!  妙法ヶ岳との分岐を過ぎ、炭焼平の付近は新緑の木々が気持ち良い平坦な路を歩きます。  しばらく歩くと本格的な登山路へ! 【霧藻ヶ峰~芋ノ木ドッケ】7:30~10:00  秩父宮雍仁親王のレリーフの有る霧藻ヶ峰休憩所で管理の方と話を交わし、鹿に会えることを  期待して厳しい3山のup-downの始まり。狭い尾根や九十九折りの急斜面、石灰岩の岩場等、  変化に富んだ登山路と共に、和名倉山の展望!   【芋ノ木ドッケ~雲取山頂】10:00~11:40~12:00  芋ノ木ドッケから大ダワまでの下りが強烈!!  大ダワからは、雲取ヒュッテ、雲取山荘を経由して、厳しい登りです。  大ダワからは女坂を利用しましたが、結構厳しかったが、男坂?? 【雲取山~霧藻ヶ峰休憩所~駐車場】12:00~16:00~17:30  山頂にはかなりの方(15名程度)が登られており、富士山も微かに見え(2回目にして達成)  記念撮影と眺望を楽しんで、雲取山荘まで下り昼食!  時間的に厳しく、雨も降りだし、休憩もそこそこに下山しました。  休憩所で雨宿りし、無事下山!!

写真

三峰神社駐車場(朝早く、駐車代金は帰り)

三峰神社駐車場(朝早く、駐車代金は帰り)

駐車場から階段を登ると、三峰ビジターセンターの脇(写真手前)に登山口

駐車場から階段を登ると、三峰ビジターセンターの脇(写真手前)に登山口

鳥居をくぐり、登山開始!

鳥居をくぐり、登山開始!

新芽が鮮やかな平坦な登山路を約1.0kmほど歩きます!

新芽が鮮やかな平坦な登山路を約1.0kmほど歩きます!

タチツボスミレがあちらこちらに咲いていました!

タチツボスミレがあちらこちらに咲いていました!

距離程が多く有り参考になります!

距離程が多く有り参考になります!

炭焼きの後が有ります!

炭焼きの後が有ります!

地蔵峠

地蔵峠

アセビの花

アセビの花

秩父宮雍仁親王の命名『サルオガセ(霧藻)』、サルオガセが多く生育していたからとのこと!

秩父宮雍仁親王の命名『サルオガセ(霧藻)』、サルオガセが多く生育していたからとのこと!

霧藻ヶ峰休憩所、管理人の方にお世話になりました!

霧藻ヶ峰休憩所、管理人の方にお世話になりました!

本日の登山計画地図 ”お清平”にある三峰雲取自然研究路の地図

本日の登山計画地図 ”お清平”にある三峰雲取自然研究路の地図

階段も有りup-downが続きます!

階段も有りup-downが続きます!

歩き始めて約2時間でやっと半分!

歩き始めて約2時間でやっと半分!

西側の視界が開け、両神山が現れました!

西側の視界が開け、両神山が現れました!

急傾斜を登ると、2時間半後、本番のスタートである前白岩の肩にたどり着く!

急傾斜を登ると、2時間半後、本番のスタートである前白岩の肩にたどり着く!

約3時間後、工程の半分、前白岩山頂に!

約3時間後、工程の半分、前白岩山頂に!

盆栽の集合場所のような感じ!!

盆栽の集合場所のような感じ!!

白岩小屋付近の眺望(1)

白岩小屋付近の眺望(1)

白岩小屋付近の眺望(2)

白岩小屋付近の眺望(2)

廃屋になっている白岩小屋

廃屋になっている白岩小屋

小鳥が目の前に!逃げません!

小鳥が目の前に!逃げません!

白岩山手前の距離程、やっと工程の60%!!3時間半経過

白岩山手前の距離程、やっと工程の60%!!3時間半経過

やっと、登った1921m白岩山頂、また、下るの??

やっと、登った1921m白岩山頂、また、下るの??

冬場(11~4月)はアイゼン装着場所のようです。

冬場(11~4月)はアイゼン装着場所のようです。

ここから、下っていきます!

ここから、下っていきます!

初めての”イワウチワ”

初めての”イワウチワ”

岩場、木階段等、大きく下ります。

岩場、木階段等、大きく下ります。

こんな所ばかりだと良いんですが!

こんな所ばかりだと良いんですが!

あんな所から下ってきました!

あんな所から下ってきました!

あと、2.2km!4時間過ぎ!

あと、2.2km!4時間過ぎ!

さあ、ここから最後の登りです!

さあ、ここから最後の登りです!

バイカオウレン?苔の中できれいな白い花! 

バイカオウレン?苔の中できれいな白い花! 

雲取ヒユッテ 閉鎖されています!

雲取ヒユッテ 閉鎖されています!

ヒユッテ横の展望台? 最後の登りに備えて休憩!

ヒユッテ横の展望台? 最後の登りに備えて休憩!

田部重治のレリーフ

田部重治のレリーフ

熊笹の間を気持ち良く登っていきます!

熊笹の間を気持ち良く登っていきます!

やっと、残り200m!! 急勾配、少しずつ・・!

やっと、残り200m!! 急勾配、少しずつ・・!

雲取山頂到着 東京側(埼玉県側は少し左側に)!何故、北側から登ったのに手前が東京都側??

雲取山頂到着 東京側(埼玉県側は少し左側に)!何故、北側から登ったのに手前が東京都側??

登ってきた山々!

登ってきた山々!

2回目の雲取山でやっと、富士山が微かに見えた!

2回目の雲取山でやっと、富士山が微かに見えた!

遠くに富士山が東京側の山頂!

遠くに富士山が東京側の山頂!

山頂方位&富士山

山頂方位&富士山

初めてのデジタルカメラの確認中!

初めてのデジタルカメラの確認中!

避難小屋方面

避難小屋方面

多摩方面の登山路(1)昨年登った南側からの方が私は好きです!

多摩方面の登山路(1)昨年登った南側からの方が私は好きです!

多摩方面の登山路(2)

多摩方面の登山路(2)

山頂での最後の一枚!

山頂での最後の一枚!

立派な雲取山荘 ここで、昼食を取りました!

立派な雲取山荘 ここで、昼食を取りました!

イワウチワが群生していました!雨の中の下山中、心和む可愛い花!!

イワウチワが群生していました!雨の中の下山中、心和む可愛い花!!

雨の中、無事17時過ぎには駐車場に戻れそう!余裕ができて花に気も届くように!

雨の中、無事17時過ぎには駐車場に戻れそう!余裕ができて花に気も届くように!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。