樽前山山頂は、雪無し、風無し、手袋不要でした。

2016.05.06(金) 10:40 - 2016.05.06(金) 14:57
有休休暇をとり、久々の樽前山に登ってきました。 樽前山にしてはめずらしく、山頂もほとんど風が無い状態で、手袋無しで歩けました。曇りでしたが温度も10度と暖かかったです。 外輪山を巡りたかったのですが、仕事の電話が頻繁にかかってきて、やむなく山頂から引き返しました。 雪はほとんど残っていませんでした。風不死岳のほうも、無さそうに見えました(写真参照)。 小鳥のさえずりが癒されました。

写真

樽前錦岡線は通行止めですが、雪は全然無いです。苫小牧側からは来れますが、千歳からわざわざ遠回りで時間がもったいない。

樽前錦岡線は通行止めですが、雪は全然無いです。苫小牧側からは来れますが、千歳からわざわざ遠回りで時間がもったいない。

7合目ヒュッテまでのんびり鳥のさえずりを聞きながら歩く。癒される。

7合目ヒュッテまでのんびり鳥のさえずりを聞きながら歩く。癒される。

7合目の登山口は全然雪がありませんでした。

7合目の登山口は全然雪がありませんでした。

登りはじめはこんな感じ。

登りはじめはこんな感じ。

支笏湖を後ろに見つつ、新鮮な空気を吸いながら歩く。

支笏湖を後ろに見つつ、新鮮な空気を吸いながら歩く。

全然歩きやすい、と思っていたら・・・

全然歩きやすい、と思っていたら・・・

登山道に残雪が。

登山道に残雪が。

だんだん雪が多くなってきました。

だんだん雪が多くなってきました。

ですが、このあたりは踏み抜くこともなく・・・

ですが、このあたりは踏み抜くこともなく・・・

ただ、どんどん雪が深くなってきて、目印のロープが雪の下に。

ただ、どんどん雪が深くなってきて、目印のロープが雪の下に。

膝上まで踏み抜きました。でも2回だけでした。このあたりは歩きやすい。

膝上まで踏み抜きました。でも2回だけでした。このあたりは歩きやすい。

でも樹林帯を抜けると、雪が無くなりました。

でも樹林帯を抜けると、雪が無くなりました。

曇ってはいますが、支笏湖の眺めが美しい。

曇ってはいますが、支笏湖の眺めが美しい。

でもしばらくすると、また登山道に雪が。

でもしばらくすると、また登山道に雪が。

雪が残っているのは、登山道の部分だけ。

雪が残っているのは、登山道の部分だけ。

見えますかね? チョロチョロ雪解け水が流れてます。でもグチャグチャになる道ではありません。

見えますかね? チョロチョロ雪解け水が流れてます。でもグチャグチャになる道ではありません。

こんな感じで頂上へ。

こんな感じで頂上へ。

溶岩ドームの煙を見てください。樽前山にしてはめずらしく、風が弱いです。

溶岩ドームの煙を見てください。樽前山にしてはめずらしく、風が弱いです。

溶岩ドームが迫力あります。

溶岩ドームが迫力あります。

樽前山山頂は雪無し、風無し、手袋不要。気温は10度でした。

樽前山山頂は雪無し、風無し、手袋不要。気温は10度でした。

支笏湖も絶景かな。

支笏湖も絶景かな。

気温、10度!? 風も無く、気持ちいい~。

気温、10度!? 風も無く、気持ちいい~。

と思ったら、下のほうに霧が立ち込めてきました。仕事の電話もひっきりなしにかかってきて、しょーがない、帰るか・・・。

と思ったら、下のほうに霧が立ち込めてきました。仕事の電話もひっきりなしにかかってきて、しょーがない、帰るか・・・。

仕事の電話をしながら下山。今日は有休休暇取ったんだけどな・・・。

仕事の電話をしながら下山。今日は有休休暇取ったんだけどな・・・。

樽前山は、ほんと標高が低くて手軽に登れるわりに、景色がサイコーです。

樽前山は、ほんと標高が低くて手軽に登れるわりに、景色がサイコーです。

こんな景色。

こんな景色。

途中、残雪で道がわかりずらいところがあります。霧の中だと道迷いに気を付けてください。

途中、残雪で道がわかりずらいところがあります。霧の中だと道迷いに気を付けてください。

風不死岳はこんな感じです。雪はなさそうですが、登りに行く方、気を付けて。

風不死岳はこんな感じです。雪はなさそうですが、登りに行く方、気を付けて。

帰り道、小鳥のさえずりの中を歩きます。近くまで寄ってきてくれます。

帰り道、小鳥のさえずりの中を歩きます。近くまで寄ってきてくれます。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。