【愛知県指定天然記念物 葦毛(いもう)湿原】⇒座談山⇒船形山⇒神石山(サッサと登ってトットと帰りましょう)

2016.05.06

活動詳細

詳しく見る
早朝5時半起床。今日も1時間のコーヒータイム完全覚醒。今日は新聞が休み(配達の方、いつもありがとう)なので、何もすることがなく6時過ぎ出発。 今日は愛知県豊橋市の湿原と山。 ”てんくら”15:00から雨予報(サッサと登ってトットと帰りましょう) 【計画:葦毛湿原P2駐車場⇒葦毛湿原⇒座談山⇒船形山⇒普門寺峠⇒神石山⇒普門寺峠⇒船形山⇒座談山⇒葦毛湿原⇒葦毛湿原P1駐車場】 【往路アクセス】 名二環-有松IC⇒伊勢湾岸自動車道⇒東名-豊川IC⇒駐車場 【豊橋市内】 行きも帰りも路面電車に感動してしまって写真撮りまくりでした。山行に関係のない写真をアップしてしまいました。ご容赦あれ。【ブラックサンダー電車もタイミング良く出会えました】 【山行】 ①葦毛湿原P2駐車場:相当広く50~60台位駐車できそうです。しかも無料で綺麗なトイレもすぐ近くにあります。②葦毛湿原は、サーッと回ると30分程度です。リンドウやカザグルマを見つけられなかったのは、注意力散漫です。(サッサと登ってトットと帰りましょう。だから、焦っていたのか?) ③葦毛湿原から神石山までは適度なアップダウンがあり、天気が良ければルンルン気分でゆっくり楽しめる山です。 ④前回、金勝アルプスでクマンバチ等の威嚇にあったため、今回はハッカ油(エタノールと水で割った)を頭から首、腕、服にふりかけたため一瞬威嚇に来るが、「クサッ」と、そそくさと退散して行ってくれた。【これ、効くワ】 【動画】 座談山の鉄塔から曇り空270°の展望。「暇な方は見てください」 【本日の温泉】 ”コロナの湯 豊川店”「温泉ではなくお風呂」・・・平日のため10人程度の貸し切り状態でした。 【本日のお土産】 ヤマサのちくわ 豊川IC店・・・各種練り物 【復路アクセス】 往路と同じ 教訓 ①転んでも一大事にならないように減量すべし。 ②自分がG/Wなので高速料金が平日料金で高かった・・・1日ずらせば7掛。  でも、コロナの湯は休日料金だった・・・今日は平日でっせコロナさん ③今日は特に粗相なし。
往路にて①(緑色) 豊橋の市電に感激 車の中から撮りまくり
往路にて②(茶色) さっきのとはデザインが違う 怪しい
往路にて②’(茶色) ナ・ナ・何と”チームひのえうま”の”愉快な仲間達”in葦毛湿原で初めて知った【ブラックサンダー】ではないか! 
復路①(赤) 雨が降り出しました
復路②(空色)
復路②’(空色)
復路③(赤)
復路④(緑) そろそろ本題に行きます
先客が10台程度 でもまだ向こうにズーッと停められます
ここから始まり始まり
長尾池の畔に男子トイレと女子トイレが別々にあります【美しくしてあります ありがとうございます】
アッという間の林道500m
こんな感じの林道
あそこが中央広場
葦毛湿原の説明看板
ここが入口 木道が整備されています
ミカワバイケイソウ かな?
ズーッと木道が巡っています
黄色い花
名前が判りません
葦毛湿原散策者はここまで!  だそうです
白い花
この子も名前が判りません
踏まれても踏まれてもこの力強さよ
渡渉あり
■■■中継所⇒二川TV中継所 誰のいたずら?
一息峠だそうです 右へ行きます
二川TV中継所まで800m
白い花
この子も名前が判りません 今日は上手にググれません
階段登り開始
階段を登りきったら左へ
第一山虫発見 コメツキムシ
超高圧鉄塔
二川TV中継所の休憩所 帰りにここで昼食にしました
二川TV中継所 306m
まだだいぶあります
船形山のコル
船形山城址が見えます
普門寺峠
神石山への階段①
神石山への階段②
神石山 山頂324m
三角点
頂上は、こんな感じ
ズボンに貼りついていたので、カメラの顕微鏡モードで接近したら威嚇してきた
昼食(二川TV中継所) 今日は雨模様なので山専ポット スープヌードルカレー、ツナ缶、コーヒーだけでソソクサと食ってトットと帰ります
右へ下ります
右へ
バイケイソウ群落
復路も葦毛湿原へ
木道
葦毛湿原駐車場 朝の倍以上に増えています 人気です

動画

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。