ヤブ&残雪の燧裏林道から尾瀬ヶ原縦断

2016.05.05(木) 06:36 - 2016.05.06(金) 08:08
Oze, Hiuchigatake (Fukushima, Gunma, Tochigi)
キリンテに前泊して、御池→燧裏林道→見晴と歩き山ノ鼻キャンプ場で一泊。 当日中に鳩待峠まで抜けられるけど、あえて山ノ鼻でもう一泊。どこにも登らず「甘美なる無為」を謳歌。夕焼けや朝焼けを満喫してのんびり歩く、GWならではの一日でした。 燧裏林道の樹種はシラビソ、クロベ、モミ、ダケカンバ、ブナなどの高木のほか、ナナカマド、サラサドウダン、アキミノイヌツゲ、多くのカエデ。御池側は針葉樹が多く、天神田代辺りからは尾瀬有数のブナ原生林。尾瀬ではマイナーコースで距離も長く紅葉期以外はあまり歩かれないけど、森マニアにはたまらない。 今年は雪が極少とはいえ、御池→天神田代の前半部分は北斜面で標高も高めなので樹林帯には残雪がそこそこあります。中途半端な雪量のため、ヤブと踏み抜きでなかなかワイルドです。 数日前のものと思われる踏み跡がありましたが、この時期ほとんど歩く人は居ないようです。

写真

大好きな檜枝岐で裁ち蕎麦、こごみ、山うど、はっとう❤

大好きな檜枝岐で裁ち蕎麦、こごみ、山うど、はっとう❤

ミニ尾瀬公園付近から、燧ヶ岳

ミニ尾瀬公園付近から、燧ヶ岳

キリンテのテン場。未明の雨でテントが濡れややブルー

キリンテのテン場。未明の雨でテントが濡れややブルー

御池田代、さっそく水芭蕉がお出迎え

御池田代、さっそく水芭蕉がお出迎え

何この雪の少なさ

何この雪の少なさ

6月だねこれ

6月だねこれ

綺麗な株を見つけては撮影会、一向に前に進みません

綺麗な株を見つけては撮影会、一向に前に進みません

木道出てるところもあるけど中途半端

木道出てるところもあるけど中途半端

ピンクテープは効率の良い直登を指示してますが、藪が出てきたのでテープ通りには歩けません

ピンクテープは効率の良い直登を指示してますが、藪が出てきたのでテープ通りには歩けません

笹も低木も中途半端に起きてます

笹も低木も中途半端に起きてます

姫田代

姫田代

点在する湿原に雪はありません

点在する湿原に雪はありません

木道出てるところは木道を歩いた方が楽だったりしますが、全国のヤブ・マニアを代表して、できる限りワイルドなルートを選択

木道出てるところは木道を歩いた方が楽だったりしますが、全国のヤブ・マニアを代表して、できる限りワイルドなルートを選択

藪が少ないところを探しながら登る

藪が少ないところを探しながら登る

このコンディションでまだ板担いで燧登る人が居るんだから凄い

このコンディションでまだ板担いで燧登る人が居るんだから凄い

予報より悪いなー。雨ポツポツ

予報より悪いなー。雨ポツポツ

マグサブロウ出てきてらど~!

マグサブロウ出てきてらど~!

ほれ~

ほれ~

ショウジョウバカマ、お花はほとんどない

ショウジョウバカマ、お花はほとんどない

ブリッジ

ブリッジ

平ヶ岳見えず

平ヶ岳見えず

今年はチングルマもキンコウカも早そう

今年はチングルマもキンコウカも早そう

5日朝の御池は沼山行きバス待ち3PT、燧1PTでした

5日朝の御池は沼山行きバス待ち3PT、燧1PTでした

顔はバチバチ、足はズボズボ。

顔はバチバチ、足はズボズボ。

Powerfully Wild Place

Powerfully Wild Place

執拗なヤブ写真、このコースずっとこんなだから

執拗なヤブ写真、このコースずっとこんなだから

根開く春

根開く春

今年は倒木も少ない気がします

今年は倒木も少ない気がします

出戸深沢

出戸深沢

今年は姫竹も早いかな

今年は姫竹も早いかな

小さいけど下は沢

小さいけど下は沢

盛大に腿まで踏み抜き

盛大に腿まで踏み抜き

この辺からブナが目立つように

この辺からブナが目立つように

渋沢温泉小屋への分岐

渋沢温泉小屋への分岐

裏燧橋

裏燧橋

裏燧橋から上流

裏燧橋から上流

裏燧橋から下流

裏燧橋から下流

ブナブナブナ

ブナブナブナ

段古新道、快適な木道歩き

段古新道、快適な木道歩き

このまま晴れてくれると思ったけど…

このまま晴れてくれると思ったけど…

キリンテ→御池間でも鹿2頭見かけた

キリンテ→御池間でも鹿2頭見かけた

根曲がりウリハダカエデ

根曲がりウリハダカエデ

残雪はここまで

残雪はここまで

タムシバ

タムシバ

森を抜けて赤田代、温泉小屋

森を抜けて赤田代、温泉小屋

湿性のリュウキンカは生き生き

湿性のリュウキンカは生き生き

雨なのにお仕事偉いね

雨なのにお仕事偉いね

シェル上下、ザックカバー、スパッツ、防水グローブのフル装備

シェル上下、ザックカバー、スパッツ、防水グローブのフル装備

ヤマネコノメソウ

ヤマネコノメソウ

見晴は思ったより人が少なくハイカー2組のみ。テン場もこちらの方が静かで良さそう。

見晴は思ったより人が少なくハイカー2組のみ。テン場もこちらの方が静かで良さそう。

見晴で小休止後、山ノ鼻へ

見晴で小休止後、山ノ鼻へ

渓畔林を前衛に優美な至仏山

渓畔林を前衛に優美な至仏山

晩秋みたい

晩秋みたい

寂しや、濁点だらけの東北を後にして関東へ

寂しや、濁点だらけの東北を後にして関東へ

わぉ!ネギ豊作!

わぉ!ネギ豊作!

ここ国立公園だからね…

ここ国立公園だからね…

竜宮を後にして山ノ鼻へ

竜宮を後にして山ノ鼻へ

牛首が見えてきた

牛首が見えてきた

牛首辺りから観光客で賑やかに。春山ですが皆さん軽装ですね~

牛首辺りから観光客で賑やかに。春山ですが皆さん軽装ですね~

逆さ燧ならず

逆さ燧ならず

山ノ鼻が見えてきました

山ノ鼻が見えてきました

雨だったので休憩なしで歩いてきました。設営後、お粥食べて昼寝して、復活。

雨だったので休憩なしで歩いてきました。設営後、お粥食べて昼寝して、復活。

テン場周辺を散歩

テン場周辺を散歩

柴安嵓(2,356m)、俎嵓(2,346.0m)、ミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳

柴安嵓(2,356m)、俎嵓(2,346.0m)、ミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳

どこまでも歩いていけそう

どこまでも歩いていけそう

見晴新道、復活すると良いな

見晴新道、復活すると良いな

夕焼けは西の岳ヶ倉山(日崎山)方面

夕焼けは西の岳ヶ倉山(日崎山)方面

午後逆光だった至仏山も美しくなりました

午後逆光だった至仏山も美しくなりました

6人家族

6人家族

magic hour

magic hour

5月5日、日出4:38、南中時11:40、日入18:41

5月5日、日出4:38、南中時11:40、日入18:41

何度も振り返って燧ヶ岳

何度も振り返って燧ヶ岳

さて晩御飯だ!

さて晩御飯だ!

山ノ鼻テント村は20張超。誰も夕焼け・朝焼けを見にこない…

山ノ鼻テント村は20張超。誰も夕焼け・朝焼けを見にこない…

5/6、朝焼けウォッチングの時間です🎵

5/6、朝焼けウォッチングの時間です🎵

5月6日、日出4:37、南中時11:40、日入18:42。昨日より日出が1分早く、日没が1分遅くなり、昼が2分長くなりました。

5月6日、日出4:37、南中時11:40、日入18:42。昨日より日出が1分早く、日没が1分遅くなり、昼が2分長くなりました。

6時半。撤収を終えて再度、原の川上川橋、上田代へ。

6時半。撤収を終えて再度、原の川上川橋、上田代へ。

すっかり日が高くなりました。

すっかり日が高くなりました。

お花が咲いたらまた登りにくるからね

お花が咲いたらまた登りにくるからね

そろそろ下界に帰ります

そろそろ下界に帰ります

川上川を渡って鳩待峠へ

川上川を渡って鳩待峠へ

カラ沢~テンマ沢間の水芭蕉群生地。朝日を浴びて透き通る水芭蕉の仏炎苞。

カラ沢~テンマ沢間の水芭蕉群生地。朝日を浴びて透き通る水芭蕉の仏炎苞。

山ノ鼻→鳩待峠間も雪はまったく無い

山ノ鼻→鳩待峠間も雪はまったく無い

戸倉まで降りてきました、新緑がきれい

戸倉まで降りてきました、新緑がきれい

沼田駅で缶コーヒー飲みながら谷川岳を眺めて電車待ち

沼田駅で缶コーヒー飲みながら谷川岳を眺めて電車待ち

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。