埼玉県最高峰 「三宝山2,483m」 へ 💜

2016.05.05(木) 07:06 - 2016.05.05(木) 16:20
Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)
連休最後の山行は埼玉県最高峰「三宝山2,483m」へ  埼玉県民なら一度は登ってみたい山がある。それは甲武信ヶ岳のお隣の山埼玉県最高峰の「三宝山」だ。ところが知らない人が多く知名度はかなり低い。YAMAPのレポを見てもこの山を目的に登る人は殆なくデーターも少ない。唯一、十文字峠を経由するハイカーが通過するくらいだ。甲武信ヶ岳があまりにも有名過ぎて誰も気が付いてくれないのかも知れない?そう思うと益々行きたくなってくる! (;^ω^) 山データーを確認すると三宝山の標高は2,483mあり甲武信ヶ岳の2,475mよりも少し高く、山頂付近には三宝石と言う大きな岩石があるらしい。一般的な登山ルートは、①毛木場駐車場から十文字峠コース、②毛木場駐車場から千曲川源流コース、③西沢渓谷から徳ちゃん新道コースの3パターンがあるが今日は②毛木場駐車場から千曲川源流コースで登ることに決めた。 今日は雲一つない晴天で最高の山日和。毛木場駐車場をスタートして千曲川源流コースを歩く、雪解けの水が勢いよく流れる沢音を聞きながら徐々に高度を上げていく、気持ちの良い遊歩道を2時間半程歩くと千曲川・信濃川水源の地標に辿る。ここから稜線にぶつかるまでは凍結の雪渓が残る急登を30分程登らなければならない。アイゼンを忘れた私にとって一番の難所だ。稜線から甲武信ヶ岳山頂までは若干の雪渓が残るがアイゼンを使う程ではない。森林が開け急登のガレ場を登り切ると甲武信ヶ岳山頂に到達する。青空の山頂からは富士山が美しい姿を見せてくれた。(*^^)v ここまでは良かったのだがこの後とんだハプニングが、秩父方面からヘリコプターの音が聞こえてきた。山際を南に向け一直線に飛来してきたヘリに嫁さんが勢いよく両手を振ってしまった。するとヘリが急旋回して私達の方に戻ってきてしまった。ヤバイ!それは真っ赤にペイントされた消防のレスキューヘリだった。 消防隊員の方お仕事の邪魔をして申し訳ございませんでした。"(-""-)" 続いて本日の目的「三宝山」へ。甲武信ヶ岳から北側の急斜面を降りるのだが、残雪が行く手を邪魔する。アイゼンを忘れた私は木々に掴まりながら慎重に降る。約40分程で埼玉県最高峰「三宝山2,483m」に無事登頂。何故かYAMAPのアプリだと標高が2,523mと表示されている。誤差?。山頂は木々が多く眺望はあまり良くないが唯一「三宝石」からの眺望は抜群で甲武信ヶ岳と並ぶ富士山の姿は見逃せない。撮影するならここしかないだろう。 甲武信ヶ岳には人が沢山いたがこちらは誰もいない、やはりこのルートを選択する人は少ないようだ。 時刻は12時丁度、誰も居ないところでランチタイム。今日のランチはサラダにサンドイッチ。 サンドイッチをカジリながら喋っていると下から死にそうな顔をしたお兄さんが登ってきた。どうしたの?と尋ねると毛木場駐車場から4時間半掛けて登ってきたと言う。ふと足元を見ると片方だけアイゼンを付けている?相当登りがキツかったらしく甲武信ヶ岳までは後1時間は掛かるので5時間半のコースになる。やっぱり日帰りで毛木平から周回コースを選ぶなら千曲川源流コースに限ると思った。 このお兄さんの話を聞いて帰路は少し早めにスタートすることにした。 次は「武信白岩山2,288m」へ向かうがこれがまた凄い岩稜でまるでゴジラの背中を歩いているような気分が味わえる。実に面白く岩好きにはたまらないだろう!しかし、山頂は危険につき登頂を禁止している。 続いて本日最後の難所「大山2,225m」へ、山頂の眺望は良く北アルプスや奥秩父の山並みが立体地図を見ているかのように見える。下りは2連のクサリ場があり高度感も十分ある。 大山から30分程降りると十文字峠に差し掛かる。十文字小屋で2種類のバッジをゲットしてしばし小休止 十文字峠から八丁の頭までは緩やかな登りが続き、そのあと一気に沢まで500mの急降下!ここまで来れば毛木場駐車場まであと少し! コースタイム 毛木場駐車場(7:07) 慰霊碑(7:42) 千曲川・信濃川水源の地標(9:37) 稜線分岐点(10:02) 甲武信ヶ岳(10:36)※写真撮影で約50分滞在 三宝山(11:41)※ランチで約20分滞在 武信白岩山(13:47) 大山(14:24) 十文字峠(14:58)※十文字小屋でバッジ購入小休止15分滞在 八丁坂の頭(15:31) 五里観音(16:05) 毛木場駐車場(16:19) ※今日の動画は大山2,225mのクサリ場より。 今日のルートは楽しさ満載の登山コースでした。 水源の沢を清流の音と鳥の囀ずりを聞きながら歩く千曲川源流コースと、スリルとワイルド感たっぷりの岩稜コース、また、百名山と埼玉県最高峰を同時に味わえ連休最後の山行にふさわしい1日でした。 ※何名かの方から「毛木平」の記述が「毛木場」になってますよ。のご指摘を受けましたが、確かに殆どの地図に「毛木平駐車場」と書いてありましたが、実際に現場に行くと駐車場の看板も地図にも「毛木場駐車場」と書かれているのでこのレポでも「毛木場駐車場」で統一することにしましたた。 以上、三宝山レポおしまい。

写真

甲武信ヶ岳!

甲武信ヶ岳!

登山届

登山届

富士山がバッチリ!

富士山がバッチリ!

このルートで登りました。

このルートで登りました。

南アルプス

南アルプス

YAMAPオン!

YAMAPオン!

八ヶ岳

八ヶ岳

こんな感じでスタート!

こんな感じでスタート!

八ヶ岳ズーム

八ヶ岳ズーム

歩きやすくて良い道

歩きやすくて良い道

雪解けの沢の水

雪解けの沢の水

ご迷惑お掛けしました。ボカしを入れました。

ご迷惑お掛けしました。ボカしを入れました。

富士山!

富士山!

梓山

梓山

南アルプスズーム

南アルプスズーム

三宝山到着!

三宝山到着!

埼玉県最高峰!

埼玉県最高峰!

残雪が凍結してます。

残雪が凍結してます。

崖崩れ

崖崩れ

遭難の碑

遭難の碑

千曲川・信濃川水源地標

千曲川・信濃川水源地標

ここから急登の始まりです。

ここから急登の始まりです。

稜線に出ました。

稜線に出ました。

あそこの上が甲武信ヶ岳山頂だよ!

あそこの上が甲武信ヶ岳山頂だよ!

このガレ場を登れば山頂!

このガレ場を登れば山頂!

甲武信ヶ岳山頂からの富士山

甲武信ヶ岳山頂からの富士山

剣が峰ズーム

剣が峰ズーム

旅客機ゲット!

旅客機ゲット!

金峰山が見えます!

金峰山が見えます!

北斜面は残雪でいっぱいです!

北斜面は残雪でいっぱいです!

アイゼン忘れた~つるつる~

アイゼン忘れた~つるつる~

三宝岩

三宝岩

甲武信ヶ岳と富士山

甲武信ヶ岳と富士山

ズーム

ズーム

埼玉県最高峰

埼玉県最高峰

三宝山一等三角点タッチ!

三宝山一等三角点タッチ!

今日のランチメニュー

今日のランチメニュー

尻岩と私

尻岩と私

尻に頭を突っ込んでみました。

尻に頭を突っ込んでみました。

面白い岩が沢山あります!

面白い岩が沢山あります!

誰か居そう!

誰か居そう!

たこ足

たこ足

又割石

又割石

こんな岩がいっぱいあります!

こんな岩がいっぱいあります!

梯子もあります!

梯子もあります!

ゴジラの背中みたい!

ゴジラの背中みたい!

ゴジラ岩

ゴジラ岩

あっちは大山だよ!

あっちは大山だよ!

ゴジラの背中岩

ゴジラの背中岩

奥秩父の山並が良く見えます。😃⤴⤴

奥秩父の山並が良く見えます。😃⤴⤴

あっちが奥秩父だよ!

あっちが奥秩父だよ!

武信白岩山は登頂禁止だよ!

武信白岩山は登頂禁止だよ!

根っ子地帯

根っ子地帯

ずーっと向こうの山まで見えます。

ずーっと向こうの山まで見えます。

甲武信ヶ岳からの稜線

甲武信ヶ岳からの稜線

大山山頂着いた!

大山山頂着いた!

ジェット!

ジェット!

埼玉のテッペンバンザイ\(^o^)/

埼玉のテッペンバンザイ\(^o^)/

ヤッホー

ヤッホー

クサリ場

クサリ場

クサリ場でポーズ

クサリ場でポーズ

十文字小屋到着!

十文字小屋到着!

十文字小屋でバッジゲット!

十文字小屋でバッジゲット!

小休止

小休止

ゴール🚩🙌🚩

ゴール🚩🙌🚩

毛木平かと思っていたら!毛木場が正しいようです。

毛木平かと思っていたら!毛木場が正しいようです。

ヤバイ!(*_*; 手を降ったらヘリが旋回して戻ってきちゃった!

ヤバイ!(*_*; 手を降ったらヘリが旋回して戻ってきちゃった!

甲武信ヶ岳と十文字小屋バッジ

甲武信ヶ岳と十文字小屋バッジ

動画

道具リスト

  • デジタルカメラDSC-HX400V光学50倍ズーム2040万画素ブラックCyber-shotDSC-HX400VC

    SONY

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。