都民の森から三頭山へ

2016.05.05(木) 09:03 - 2016.05.05(木) 14:19
Odakesan, Mitakesan, Gozenyama (Tokyo, Yamanashi)
連休は渋滞を避けて近場へということで,車で三頭山へ向かいました。 8:30に都民の森に到着するもすでにPは満車で少し離れたPへ,でも連休中は無料送迎してもらえるので感謝です,きっと山頂は満員でしょう。 三頭山へはいくつかのコースがありますが,登りは比較的一定な斜度の沢コースが楽です。 小さい沢ですが,何度か沢を渡るので大雨の時は避けた方が無難です。 13才の老ミニダックスと一緒でしたので,スローペースで,コースタイムは参考になりません。 何度も行っていますが,富士山を拝める確率は少ないです。 都民の森は,奥多摩の他の山と違い杉の植林ではなく広葉樹中心で,新緑,紅葉,降雪後は雪山といつでも楽しめます。

写真

都民の森の施設の入り口の看板です。

都民の森の施設の入り口の看板です。

三頭大滝への平坦な道,木くずが撒いてありふかふかで快適です。

三頭大滝への平坦な道,木くずが撒いてありふかふかで快適です。

三頭大滝への途中,五日市方面の展望が開けたところです。

三頭大滝への途中,五日市方面の展望が開けたところです。

三頭大滝を見るためだけに作られた吊り橋です。

三頭大滝を見るためだけに作られた吊り橋です。

ツツジが満開で,とにかく新緑がきれいです。

ツツジが満開で,とにかく新緑がきれいです。

吊り橋からの三頭大滝,ここまでが観光コースで休憩所とトイレがあります。

吊り橋からの三頭大滝,ここまでが観光コースで休憩所とトイレがあります。

滝からは本格的な登り,といっても沢沿いのコースは他に比べて緩い登りです。

滝からは本格的な登り,といっても沢沿いのコースは他に比べて緩い登りです。

三頭沢を渡り,休憩テラスへ

三頭沢を渡り,休憩テラスへ

テラスから来た道の方向。

テラスから来た道の方向。

沢を何度か渡ります,夏には涼しいコースです。

沢を何度か渡ります,夏には涼しいコースです。

この看板が出てきたら,もうひとがんばりでムシカリ峠です。

この看板が出てきたら,もうひとがんばりでムシカリ峠です。

高度が上がり,若葉が開いたばかりです。

高度が上がり,若葉が開いたばかりです。

平坦になり,ムシカリ峠へもう一息。

平坦になり,ムシカリ峠へもう一息。

峠の案内板が見えました。

峠の案内板が見えました。

ムシカリ峠はT字路になっています。

ムシカリ峠はT字路になっています。

ひとまず三頭山と反対側の非難小屋へ向かいます。

ひとまず三頭山と反対側の非難小屋へ向かいます。

三頭山避難小屋です,一応トイレもあります。

三頭山避難小屋です,一応トイレもあります。

宿泊できる程度の作りの避難小屋ですが,水場は三頭沢へ降りなければなりません。

宿泊できる程度の作りの避難小屋ですが,水場は三頭沢へ降りなければなりません。

リンドウの一種?かと思われる花が,小屋の前に群生していました。

リンドウの一種?かと思われる花が,小屋の前に群生していました。

避難小屋からは,晴れていれば富士山が見られます。

避難小屋からは,晴れていれば富士山が見られます。

あちこちにツツジが咲いていました。

あちこちにツツジが咲いていました。

ミツバツツジかな?桜みたいに花のあとに葉が出ます。

ミツバツツジかな?桜みたいに花のあとに葉が出ます。

ツツジと新緑が青空に映えます。

ツツジと新緑が青空に映えます。

避難小屋の向こうに,右から三頭山東峰,中央峰,左がメインの西峰です。

避難小屋の向こうに,右から三頭山東峰,中央峰,左がメインの西峰です。

長い階段で西峰へ向かいます。

長い階段で西峰へ向かいます。

急な階段をツツジが励ましてくれました。

急な階段をツツジが励ましてくれました。

この木が見えれば頂上直下です。

この木が見えれば頂上直下です。

ムシカリ峠の名前のもと,ムシカリの白い花です。

ムシカリ峠の名前のもと,ムシカリの白い花です。

西峰山頂は広くベンチもあります。雲取山方面の眺めも良いです。

西峰山頂は広くベンチもあります。雲取山方面の眺めも良いです。

西峰からの富士山

西峰からの富士山

中央峰です,通り道にこれがあるだけです。

中央峰です,通り道にこれがあるだけです。

東峰には展望テラスがあります。

東峰には展望テラスがあります。

展望テラス入り口です。

展望テラス入り口です。

ベンチで一息。帰路は尾根コースで,途中の見晴らし小屋へ。

ベンチで一息。帰路は尾根コースで,途中の見晴らし小屋へ。

御嶽,大岳山(枝に重なっている)方面が見渡せます。

御嶽,大岳山(枝に重なっている)方面が見渡せます。

見晴らし小屋です。屋根があるだけで泊まれません。

見晴らし小屋です。屋根があるだけで泊まれません。

ここからも大岳山が見えます。

ここからも大岳山が見えます。

見晴らし小屋のベンチからの新緑。

見晴らし小屋のベンチからの新緑。

今日は見晴らし小屋から野鳥観察小屋へ下ります。

今日は見晴らし小屋から野鳥観察小屋へ下ります。

これからの季節は,沢沿いコースが気持ちよいですね。

これからの季節は,沢沿いコースが気持ちよいですね。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。