あこぎな笹漕ぎ、笹ヶ峰直登。

2016.05.05(木) 07:20 - 2016.05.05(木) 11:52
昨年、のせっちさんとくりきんさんが下山路にした際、 「笹漕ぎの下山路は、絶対登ろうとは思わない」と言ってたので、 絶対登ってみようと思い続けて、今回やっとチャレンジできました。 先日の平家平で靴擦れしてしまったけれど、 バンドエイドのキズパワーパッドを貼ってケア。 怖いくらい早く綺麗に治ります。 登山口は、寒風山登山口駐車場手前から無舗装のダートな林道を3km入った先。 8時登山開始を目標に余裕みて自宅を出たら早く着きすぎて、スタートは7時20分。 予想通りのっけから急登、ずっと急登、延々と笹漕ぎの急登。 しかし、楽しくなるのはなぜなんでしょう。 たぶん、モリヤンと同じく変なルートが好きでたまらないんだと思います。 モリヤンもしばてんもど田舎育ち。山を駆けずり回って来たからでしょう。 しばてんにとっては初笹ヶ峰。 寒風山周りより、ショートカットの直登が魅力的でした。 山頂にはお一人の先客が。しばてん到着と同時にちち山に向かって行きました。 山頂の写真もそこそこに、追いかけるようにちち山へ。 その差10分足らずのはずなのに、見ればちち山の稜線を駆け上がってます。 ワープしたとしか思えない早さです。目を疑いました。 ちち山山頂の岩の上で休まれてる所に声掛けしたところ、 仙台からクルマで2日かけてGW前半から四国入りされたとか。 テン泊しながら四国の縦走路を駆け巡っておられます。 知り合いに勧められ、北国にはない笹の延びやかな縦走路に憧れてこられたそう。 室井直人さん。バックカントリーはじめ、アウトドアの猛者。 仙台の仙人、そんな肩書きがふさわしい快足です。 気が付けば1時間弱話し込んでしまいましたが、 今日ここを下山したら、また2日かけて帰られるそう。 「お気をつけて」と声を掛け合い、先行で戻って行かれたんですが、 しばてんがちち山を下り始めて先を見ると、もう笹ヶ峰の稜線を駆け上がっています。 どう考えても、ワープしてるとしか思えません。モノノケです。 笹ヶ峰周辺はずっと強風が吹いているので、さっさと下山。 いつもの「木の香」は、今日は施設前の河原で「あめご釣り大会」が行われるらしく、 早朝から駐車場から溢れたクルマが国道にも延々と停められ、 多くの来場客がすでに河原にも順番待ちができていたので、 温泉もキジラーメンも早々にあきらめていたので、登山口の駐車場のマイカーで昼山メシ。 準備中におじさんの二人連れが下りて来られたんですが、 なんと裏寒風ルートを歩いて来たとの事。ここにもモリヤンの同類がいました。 今日もまた一つ目標達成! モリヤン、オススメのヘンなルート絶賛募集中ですよ。

写真

寒風山登山口駐車場手前の脇道へ。未舗装のとんでもないガタガタ道を3km奥の登山口。クルマがバラバラになるかと思った。

寒風山登山口駐車場手前の脇道へ。未舗装のとんでもないガタガタ道を3km奥の登山口。クルマがバラバラになるかと思った。

登山口前の駐車スペースには、他に2台停まってました。

登山口前の駐車スペースには、他に2台停まってました。

いざ!

いざ!

のっけから急登!

のっけから急登!

途中からはずっと笹漕ぎ!

途中からはずっと笹漕ぎ!

ロープも何箇所か張られています。

ロープも何箇所か張られています。

ニョキニョキの木も。

ニョキニョキの木も。

延々と笹漕いで、空抜けの先に笹ヶ峰がはるか上方に見えてきた。

延々と笹漕いで、空抜けの先に笹ヶ峰がはるか上方に見えてきた。

さすが、文字通り笹ヶ峰。来た道を見下ろす。

さすが、文字通り笹ヶ峰。来た道を見下ろす。

もう一息、の、

もう一息、の、

笹ヶ峰ぇー!

笹ヶ峰ぇー!

祠があります。

祠があります。

不動明王さま。

不動明王さま。

ここも石鎚山系っすね。

ここも石鎚山系っすね。

寒風山から伊予富士への山容。

寒風山から伊予富士への山容。

ちち山に向かいます。

ちち山に向かいます。

ちち山到着。

ちち山到着。

仙台から初四国入りされたという室井直人さん。あちこちの縦走路を駆け抜けておられます。

仙台から初四国入りされたという室井直人さん。あちこちの縦走路を駆け抜けておられます。

空をかっ飛んでるかと思うくらい剛脚です。

空をかっ飛んでるかと思うくらい剛脚です。

ピストンで下山完了。

ピストンで下山完了。

駐車場で山メシにしました。

駐車場で山メシにしました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。