熊野古道 大辺路③(長井坂:周参見駅~見老津駅)-2024-06-02

2024.06.02(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 33
休憩時間
5
距離
13.5 km
のぼり / くだり
695 / 678 m
57
44
1 5
46

活動詳細

すべて見る

今日は大辺路3日目。 昨夜のお風呂で足裏のマメが潰れていることに気が付いた。何やら踏ん張りが効かない事が気になりながら周参見駅をスタート。昨日飾られたばかりの紫陽花の花が美しい😍 今日のコースの始まりは馬転坂。絶対に馬を登らせてはいけない急角度の階段。どこかの地域で馬に急坂を登らせる神事が動物虐待だと非難を受けて今年から坂を緩やかにして再開したという話を聞いたけど、この坂も馬が登れるような広さと角度じゃないでしょ。馬以外の移動手段が無かったとはいえ昔の人達は無茶してたんだなぁ。 なんとか登ってみると腐葉土で覆われたふわふわの道が続いているが、無数の猪が掘り返した跡が… ここ周参見では1970年に猪を父に豚を母に日本国最初のイノブタが誕生。1986年には当時の中曽根首相にイノブータン王国建国を宣言したお国柄。残念ながら最近はイノブタの飼育数が減少し、イノブタ料理はここ周参見でしか味わうことはできなくなっているが、お父ちゃん猪はご健在の様子。でも、あまり増え過ぎるとボタン鍋にされちゃうよ。閑話休題 腐葉土で覆われた道は潰れたマメがジクジク痛む足には優しい。でも、腐葉土の厚みがあるので傾斜のある場所は滑りそうだなと思っていたら案の定コケた。😆 その後、長井坂の和深川登り口からの石畳の道でマメの痛みが悪化。オマケに見老津側の登り口まであと1kmのところで痛恨のミスコース。 通常のコースよりも2kmほど余分に歩いて見老津駅に到着。雨もぱらついてきたので今回の旅はこれにて終了。長井坂はやっぱり長かった。笑

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。