富士宮駅から浅間大社へ

2016.05.04(水) 09:13 - 2016.05.04(水) 13:18
GW6日目は夜半に前線が通過し暴雨風となり、朝まで雨雲が残り富士の宿から富士山は見えません。 雨が止んだら富士から富士宮に出て、浅間大社に参拝して、富士宮焼きそばを食べながら晴れるのを待つことにします。 JR身延線で富士駅を出て富士宮駅に着く頃には空は晴れて、富士山が雲の上に頭を出します。富士宮駅改札を出て右に歩き北口を出てすぐ浅間大社には向かわず、先ず北へ城山公園まで歩きます。 公園からは富士山を眺望できず、公園の西側の富士登山道を南へ、更に西側の旧富士登山道を南へ歩き浅間大社を参拝します。湧玉池の水屋神社の藤棚が綺麗です。 折良く5/4〜6は大社の流鏑馬祭にて、境内には多くの屋台が所狭しと並んでいます。屋台のなかを大鳥居の南側まで歩き、お宮横丁で富士宮焼きそばを食べてから、屋台でたこ焼きを買って富士山が良く見える川沿いに座って食べます。 その後は参道を北へ桜の馬場まで歩き流鏑馬の予行演習を見物し、再度水屋神社に立寄って富士山の水を手持ちのペットボトルに詰めて持ち帰ることにします。 川沿いに南へ歩くとJR身延線が見えるので、東へ歩き富士宮駅に出ます。富士宮駅から富士駅へ戻り、JR東海道本線で小田原駅まで出て小田急線に乗り換えました。 これにて6日間の山旅が無事に終了しました。拙い日記にお付き合い頂きありがとうございました。

写真

富士宮駅から見る富士山、駅北口を出ると富士山が雲の上に出て迎えてくれます。

富士宮駅から見る富士山、駅北口を出ると富士山が雲の上に出て迎えてくれます。

若之宮浅間神社、城山公園の東側にあり、浅間大社の神様の第一王子を祭る神社です。

若之宮浅間神社、城山公園の東側にあり、浅間大社の神様の第一王子を祭る神社です。

城山公園の慰霊平和塔、戦没者の慰霊塔です。右の木立の中に白い富士山の頭が隠れています。

城山公園の慰霊平和塔、戦没者の慰霊塔です。右の木立の中に白い富士山の頭が隠れています。

浅間大社の拝殿、並んで参拝させて頂きました。厳かな雰囲気が漂っています。

浅間大社の拝殿、並んで参拝させて頂きました。厳かな雰囲気が漂っています。

藤棚下から見る湧玉池、拝殿を右に抜けると水屋神社と藤棚に覆われた水場があります。

藤棚下から見る湧玉池、拝殿を右に抜けると水屋神社と藤棚に覆われた水場があります。

藤棚下から見る水屋神社、右手に湧玉池、左手に水場があります。

藤棚下から見る水屋神社、右手に湧玉池、左手に水場があります。

対岸から見る水屋神社と藤棚に覆われた水場、水面に藤棚が映っています。

対岸から見る水屋神社と藤棚に覆われた水場、水面に藤棚が映っています。

境内の広場越しに見る富士山、境内は木々が多く富士山がスッキリ見えません。

境内の広場越しに見る富士山、境内は木々が多く富士山がスッキリ見えません。

御手洗橋から見る富士山、どうやらこの辺りが富士山のビューポイントです。

御手洗橋から見る富士山、どうやらこの辺りが富士山のビューポイントです。

お宮横丁の焼きそば屋、この富士宮焼きそば学会直営店で焼きそばを買い求めました。

お宮横丁の焼きそば屋、この富士宮焼きそば学会直営店で焼きそばを買い求めました。

大鳥居前から見る富士山、お祭りの喧噪を超越した富士山です。どこで見てもいいですね。

大鳥居前から見る富士山、お祭りの喧噪を超越した富士山です。どこで見てもいいですね。

御手洗橋西詰の木陰に座り見る富士山、富士宮から見る富士山の頭は剣ヶ峰を中央に三つに分かれて見えます。

御手洗橋西詰の木陰に座り見る富士山、富士宮から見る富士山の頭は剣ヶ峰を中央に三つに分かれて見えます。

水辺に下りて見る富士山、水は澄んで流れは力強く、水に手をつけると冷たいです。

水辺に下りて見る富士山、水は澄んで流れは力強く、水に手をつけると冷たいです。

桜の馬場の流鏑馬、古式ゆかしく流鏑馬の予行演習をしているようです。

桜の馬場の流鏑馬、古式ゆかしく流鏑馬の予行演習をしているようです。

富士山の稜線上に見える愛鷹山、中央右が昨日登頂した愛鷹山です。駅北口からよく見えます。

富士山の稜線上に見える愛鷹山、中央右が昨日登頂した愛鷹山です。駅北口からよく見えます。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。