石鎚山はやっぱり最高!

2016.05.04

活動詳細

詳しく見る
みなさん お疲れさまです。 GW、近年の記憶では、10年ぶりくらいにパーフェクトな素晴らしい天気ですね。そーでもないか?  過去の記憶では、9日連続で晴れた日がありまして、自転車ツーリングで一回も雨に降られなかった記憶(10年以上前の沖縄)があります。 でも、地域によってはかなり違うと思いますが、みなさんの山行はどうでしたか? ほんとうに一年ぶりの石鎚山は、最高の天気に恵まれました。前日は、強風と雨で山頂小屋に泊まった登山者が、すごかったと言っていましたが、当日も結構な風力で終日吹いていましたね。 ただ、天気の良さとは裏腹に、GWが始まった4月末から約10日間、風邪をこじらせてもしかして肺炎?と思うくらいしんどくて、これは山なんか行けんわ~みたいな感じでずっと寝てました。それにまだあって、3月に自転車でカッ飛び走行中、車に右側側面から体当たりされて、左足をケガ、その時にいつもヤマップの活動日記を記録していた、タブレットも故障してしまいました。 そんなこんなで、今回はリハビリ登山や~のつもりで、復旧したよさこい峠→土小屋経由して、鎖も利用しない通常ルートを、おとなしく往復するつもりで出発しました。が、なんと瓶ヶ森林道に入ってみると、ほぼ満開のあけぼのつつじが~!うわっーーー綺麗すぎる!ほんまにしばらく、山から遠ざかっていたためか、強烈なインパクトでだるい身体もなんかシャキーンとして、目が覚めたような気分になりました。 そして、土小屋を出発してしばらくすると、快晴の空に南尖峰!やっぱり東稜行くか! もうかなりしっかりした登山道となり、特に問題はなかったけれど、しんどくなったら引き返すつもりで、コンビニで買ったパン1個、チョコレート、リンゴ1個、水1リットルは若干不安だったけれど、体重が若干少なくなっていたので、いつもより少し早いかなと思うペースで登頂できました。 山頂はすでに登山者も疎らで、さすがに気を付けないと危ないくらいの強風です。途中、山小屋付近で、ドイツ人の若い女性登山者がベテランのおじいちゃんに、なんだかんだとアドバイスをしてもらっていましたが、彼女たちは何を言われても、ダイジョーブ!を連発していました。ロンリープラネットに推薦されているコースが、ほとんど利用されないコースだったらしく、よっぽどそのおじいちゃんは心配だったのでしょう。あんた聞いてくれと言われたので、計画や装備はばっちりで、これからの天候も良好だったので、おじいちゃんにダイジョーブと言いましたが、おじいちゃんはそれでも誰かに伝言しとかないかん!と言って携帯で外国の女性が~と誰かに伝えてました。じいちゃん、世界中のとんでもないとこに、ドイツ人なんぼでもおるで~と思いながら、日が少し暮れかけた登山道を、若干左足を引きずりながら下山、俺の方がダイジョーブじゃない? いつものように湯之谷温泉へ。やっぱりGWの観光客が多いので、いつも熱々の湯船はぬるめでした~

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。