野谷荘司山〜妙法山〜三方岩岳周回

2024.05.25(土) 日帰り

活動データ

タイム

09:23

距離

17.1km

のぼり

1881m

くだり

1882m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 23
休憩時間
1 時間 31
距離
17.1 km
のぼり / くだり
1881 / 1882 m
8
1 42
28
1 13
17
16
55
16
33
3
23
10

活動詳細

すべて見る

山と渓谷オンラインより 〜野谷荘司山(のだにしょうじやま)〜 1,797m 飛騨と加賀の国境(岐阜県と石川県の県境)に位置する山で、白山の北方稜線上にある日本海からの厳しい季節風を直接受け止める豪雪地帯の山。野谷荘司山のある尾根は、かつて白山信仰が栄えたころ、越中、加賀からの修験者の禅定道があって、念仏尾根とも呼ばれていた。 「野谷荘司」とは、野谷集落の源頭の山を意味し、荘司は純白の意があり、春遅くまで雪を残し、白く美しく輝く山であることから、名付けられたとされる。 山頂は平坦で、眼下の見晴らしが素晴らしい。 この日は初めての場所へ✨ 新緑のいろいろミドリ、景色も山菜🌱も楽しめました😊 ・野谷荘司山〜三方岩岳方面は片側キレ落ちている斜面あり、油断すると危険⚠️ ・残雪あり、チェンスパ持参しましたが、雪が緩んでいて使用せず。場所、時間帯などで判断必要。 ・白山ホワイトロード開通前で車も登山者も少なかった。スライドはソロの男性1名と、女子3名のみでした。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。