中房温泉〜燕山荘〜燕岳山頂

2016.05.03(火) 06:19 - 2016.05.04(水) 07:07
燕岳へ登ってきました。 ※寒さのせいであと少しのところでバッテリーが切れてしまったので、ロガーの時間は無視してくださいm(_ _)m 2日夜、しゃくなげ荘に到着。満点の星空。 「本当に天気悪くなるんですかね?」と言いながら車中にて仮眠。 3日朝、5時20分発のバスで中房温泉登山口へ。 6時半ごろ、いよいよ念願だった燕岳へ登山開始です!(≧∇≦) 気温は低くなくて、ウェアはメリノウールの長袖Tシャツとライトシェルパーカー、ボトムは薄手のタイツに通常期のトレイルパンツ(長ズボン)でOKでした。 麓付近では可愛らしい花が咲いていて、気持ちも和みます(*´╰╯`๓)♬ 合戦小屋辺りからはしっかりと雪山。例年より積雪は少ないとのことでしたが、アイゼンとピッケルは必須。 そしてこの辺りから、風がとても強くなり、空も曇ってきました。 森林限界を越え、風を遮るものがほとんどないので、暴風に巻き上げられた砂や雪が容赦なく身体に打ち付けられて、痛かったです。息もできないし。 ニット帽で耳までカバーしていましたが、耳の穴にも砂が入って、ジャリジャリになりました(^_^;) ようやく燕山荘に辿り着いた頃には、想像以上の暴風に体力が奪われて疲労困憊( ;´Д`) それでも天気が崩れる前に頂上へ行こう!と、荷物を山荘に預け、必要最小限だけ持って山頂へ。 風はさらに強くなり、時々歩けなくなるほど。ピッケルで身体を支え踏ん張りました。 初めて燕岳に挑んだ私にとっては酷しく、山頂を目前にして心が折れそうになりましたが、ついに頂に立った時には素晴らしい景色に感動! 360度、山! 鋭く美しく雄々しい、槍ヶ岳がこんなに近くに見える!カッコいい!!(≧∇≦) 燕山荘では、晩ご飯前にケーキセットを食べて疲労回復。晩ご飯もメニューが素晴らしく、大変美味しくいただきました。 支配人さん(?)のお話もとても興味深く、勉強になりました。 特に雷鳥の生態について。 卵を暖めるために自分のお腹の羽毛をむしってしまうとか!なんと涙ぐましい…(T . T) 他にも山の厳しさや素晴らしさをお話いただいた後、スイスホルンの演奏を披露してくださいました。 とても楽しい食事時間でした。 翌4日の天気予報は、日中は快復するも午後から下り坂とのこと。 当初は大天井岳〜常念岳へ縦走の予定でしたが、翌朝の実際の天気を見て決めよう、ということで夜9時に就寝。雨音に不安を抱きながら……。

写真

コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ

なんでしょうね?

なんでしょうね?

ヒメイチゲかな?

ヒメイチゲかな?

豚汁のいい香りがそそる…(笑)

豚汁のいい香りがそそる…(笑)

槍ヶ岳がこんなに近くに見える〜(≧∇≦)

槍ヶ岳がこんなに近くに見える〜(≧∇≦)

ついに、頂上へ!!

ついに、頂上へ!!

槍ヶ岳と一緒に♪

槍ヶ岳と一緒に♪

燕山荘玄関から見た燕岳山頂

燕山荘玄関から見た燕岳山頂

ケーキセット♪

ケーキセット♪

燕山荘の階段の上の電灯がノスタルジックで可愛い♪

燕山荘の階段の上の電灯がノスタルジックで可愛い♪

晩ご飯。豪華!!

晩ご飯。豪華!!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。