八雲ヶ原にも嫌われた比良山系縦走(結局リトル比良で断念)

2016.05.03(火) 06:49 - 2016.05.03(火) 15:01
本来、GWは「久しぶりにバイクで少し旅を・・・」と思っていたんですが、先日モンベルショップで色々とありまして・・・大型ザックを購入しました。で、それならテン拍でも行こうかと思い、どこの山が良いかと色々と考えた挙句、行き慣れた比良山系縦走をするつもりで計画しました。が・・・ 天気が微妙・・・かと言って、この日を逃すと計画が難しくなる・・・と、色々頭の中で考えましたが、そこは「勝手知ったる比良山系」。下山ポイントを起点に通過時間を設定。無理ならそこから下山するつもりで行って来ました。結果的には最初のポイント(寒風峠)で通過時間的には問題無かったのですが、リトル比良を歩いている時に(標高が低いにもかかわらず)何度か風にあおられたり、釈迦岳方面から来られたパーティの方に話を聞くと「釈迦岳からの稜線は、尋常じゃ無い風が吹いていた・・・」と言う事で撤退、北小松へ下山しました。 実際、電車から見る琵琶湖面は、台風並みの白波が立っており、帰りの下から見る北比良峠方面は、雲に覆われて真っ暗・・・行けたとしてもテン泊は絶対に無理だったと思います。何だか不完全燃焼な感じで終わった今回の山行ですが、仕方がありません・・・ 追伸、実際の八雲ヶ原に行けなかったのでせめて「八雲の湯」にでも思い、比良とぴあへ行きましたが満車状態・・・平日休みの私にとってチョット行く気になれず、やむなく自宅近所の銭湯に。お陰さまで入浴後は、道具を片付ける余裕も無くバタンキューでした・・・ AM  6:49 JR高島駅     7:17 大炊神社(登山口)     7;48 賽ノ河原     9:13 岳山    11:14 岩阿沙利山(昼食)    11:13 出発 PM 13;07 寒風峠    15:03 JR高島駅

写真

今日は比良駅に車を止めて・・・

今日は比良駅に車を止めて・・・

始発を待ってる間、比良山系全体を撮ってみる(リトル比良)。

始発を待ってる間、比良山系全体を撮ってみる(リトル比良)。

正面谷付近

正面谷付近

蓬莱山近辺

蓬莱山近辺

全部写りきらない・・・

全部写りきらない・・・

で、近江高島駅到着。

で、近江高島駅到着。

歩き始める・・・

歩き始める・・・

大炊神社の登山口

大炊神社の登山口

序盤はゴキゲンな感じ

序盤はゴキゲンな感じ

分岐が分からない時はこれが目印(リトル比良専用のテープ)

分岐が分からない時はこれが目印(リトル比良専用のテープ)

賽ノ河原。

賽ノ河原。

石灯篭まで来た・・・

石灯篭まで来た・・・

今日は白坂はパス。

今日は白坂はパス。

お不動さん。

お不動さん。

うっそうとしたシダ

うっそうとしたシダ

岳山。マズマズのペース

岳山。マズマズのペース

この付近から風がキツくなる・・・

この付近から風がキツくなる・・・

風の音が嵐のよう・・・

風の音が嵐のよう・・・

大型ザックだとチョット辛い岩場。所々にある・・・

大型ザックだとチョット辛い岩場。所々にある・・・

稜線は吹き飛ばされそうな程の風・・・

稜線は吹き飛ばされそうな程の風・・・

やっとの思いで岩阿沙利山。

やっとの思いで岩阿沙利山。

鵜川越。おばあに何故か怒られる・・・

鵜川越。おばあに何故か怒られる・・・

この付近が一番風がきつかった・・・

この付近が一番風がきつかった・・・

寒風峠。ここで少し考えて、縦走を断念・・・北小松へ下山します。

寒風峠。ここで少し考えて、縦走を断念・・・北小松へ下山します。

この湿地は、ヤバい・・・沈みそう

この湿地は、ヤバい・・・沈みそう

空模様も怪しくなってきた

空模様も怪しくなってきた

ここは、一瞬迷う所・・・

ここは、一瞬迷う所・・・

やっと歩きやすい所に・・・

やっと歩きやすい所に・・・

と思ったら違う意味で歩き難い。

と思ったら違う意味で歩き難い。

楊梅の滝。一度間近で見てみたい。

楊梅の滝。一度間近で見てみたい。

北小松の登山口へ下りて来た

北小松の登山口へ下りて来た

少しホッとする。

少しホッとする。

JR北小松駅。お疲れ様でした。

JR北小松駅。お疲れ様でした。

ホッコリしたら担ぐのが辛くなってきた・・・

ホッコリしたら担ぐのが辛くなってきた・・・

帰りの車内から撮った正面谷(青ガレ)方面。やめて良かったと思う・・・

帰りの車内から撮った正面谷(青ガレ)方面。やめて良かったと思う・・・

八雲ヶ原に行けなかったのでせめて「八雲の湯」にでも入ろうと思ったけど、比良とぴあは満員御礼・・・仕方が無いので、近くの銭湯で疲れを癒す。

八雲ヶ原に行けなかったのでせめて「八雲の湯」にでも入ろうと思ったけど、比良とぴあは満員御礼・・・仕方が無いので、近くの銭湯で疲れを癒す。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。