大菩薩峠でランチ

2016.05.03(火) 08:59 - 2016.05.03(火) 14:53
2016年初の登山に行ってきました。 本当は瑞牆山と金峰山をテント泊で攻める予定だったのですが、4日の天候が雨なので、急遽予定を変更しての山行でした。 ▪️行程 塩山駅から大菩薩嶺登山口まではバスで300円。土日祝は増便しているようです。 時刻はこちらで確認しました↓ http://yamanashikotsu.co.jp/noriai/timetable03.htm やはり電車組に人気は甲斐大和駅からのルートなのか、バス車内はガラガラでした。 大菩薩嶺登山口で降りると、ちょっとしたお茶屋があり、近くにトイレもありました。 大菩薩嶺はトイレや案内がとても充実していますね。 この時点で下界の天気は晴れ。天気は下り坂のようですが、富士山が見えるといいなーと思いながら登り始めます。 途中左手に古刹(雲峰寺 http://unpoji.ko-shu.jp/)が現れ、寺好きにはたまらない感じでしたが、時間もないので写真だけとってスルー。 しばらく舗装路ですが、千石茶屋から登山道に入ります。 千石茶屋は見た目とっても新しく、暖炉があるのか、蒔をたく良い匂いが立ち込めていました。 千石茶屋の先から登山道に取り付きます。 樹林帯が延々続きますが、特に急登もなくロッヂ長兵衛まで到着。 バス停からここまでおよそ2時間かかりました。 甲斐大和駅からバスでここまで来れるんで、人気が頷けます。 ハイキング目的の方や、山岳部かワンゲル部でしょうか縦走装備を背負った若者が大勢いました。 小休止してロッヂを出発。 ここから介山荘までも緩やかな登山道が続きます。 ちなみに登山道と並行して舗装路もあるので、下山は舗装路で下るかたも大勢いました。 福ちゃん荘は売店も充実していて、お風呂やテン場もありました。 テン場は広くはないですが、こじんまりとしていてとってもいい感じ。 次回はここでテン泊してゆっくり大菩薩嶺周遊もありかなと思いました。 私は甘夏(120円)をおばあちゃんから購入し、ナイフで剥き剥きして食べました。 甘酸っぱくて体にしみます。 種が20個くらい入ってたけどご愛嬌。 峠に向けて出発。 途中富士見山荘の前から入れる新道があったのですが、草ぼうぼうでとても入れる感じではなかったです。 介山荘までも緩やかな登りが続きます。 介山荘は売店も充実していました。 特にバッジは大菩薩嶺と大菩薩峠があり、かなりの数。 写真を撮り忘れましたが、奥多摩秩父周辺の山小屋の主人の似顔絵をまとめた手ぬぐいが気になりました。 今日は時間もないので峠でランチをして下ります。 テント泊組、登山部の団体さんとすれ違いながら小一時間でロッヂまで帰ってきました。 バスが混むかなと思いきや、増便していたようで問題なく座って帰れました。 天目山温泉に入りたいかたは、バスの運転手さんから割引券がもらえますので忘れずに。 ロッヂから甲斐大和駅までは1000円。スイカ・パスモは使えないのでご注意を。 途中峠道から念願の富士山が見えて、満足の山行でした。

写真

大菩薩嶺登山口にある案内板

大菩薩嶺登山口にある案内板

古刹の石灯篭

古刹の石灯篭

バス停からはしばらく舗装路です

バス停からはしばらく舗装路です

古刹に向かう階段 いい雰囲気です

古刹に向かう階段 いい雰囲気です

千石茶屋 おしゃれやお茶屋さんでした

千石茶屋 おしゃれやお茶屋さんでした

千石茶屋の先から登山道に入ります

千石茶屋の先から登山道に入ります

新緑

新緑

こんな道が続きます

こんな道が続きます

福ちゃん荘で甘夏を買いました(120円也)種だらけ笑

福ちゃん荘で甘夏を買いました(120円也)種だらけ笑

福ちゃん荘前のお地蔵さん 道中安全祈願し出発

福ちゃん荘前のお地蔵さん 道中安全祈願し出発

富士見山荘前のブランコ 朽ちています

富士見山荘前のブランコ 朽ちています

富士見山荘 味がでてます

富士見山荘 味がでてます

勝縁荘

勝縁荘

勝縁荘前の清流 とても冷たかったです

勝縁荘前の清流 とても冷たかったです

介山荘がみえました

介山荘がみえました

峠は混雑 ここで昼食を食べ下山します

峠は混雑 ここで昼食を食べ下山します

富士山はみえず・・・ 反対の丹沢方面はよく見晴らせました

富士山はみえず・・・ 反対の丹沢方面はよく見晴らせました

介山荘外観

介山荘外観

山頂方面

山頂方面

本日の昼食です まるちゃん正麺のカレーうどんがお気に入り

本日の昼食です まるちゃん正麺のカレーうどんがお気に入り

介山荘のバッジ 下の赤いベルが付いたやつを買いました

介山荘のバッジ 下の赤いベルが付いたやつを買いました

福ちゃん荘まで下山 見事な鉄瓶

福ちゃん荘まで下山 見事な鉄瓶

南口バスターミナル 大菩薩嶺登山口は2番のりばです 乾徳山方面の待ち列がすごいことに・・・

南口バスターミナル 大菩薩嶺登山口は2番のりばです 乾徳山方面の待ち列がすごいことに・・・

ロッヂ長兵衛まで下り、15時45分の終バスまで生ビール(600円也)で乾杯

ロッヂ長兵衛まで下り、15時45分の終バスまで生ビール(600円也)で乾杯

帰りのバスから富士山が見えました!また来ます

帰りのバスから富士山が見えました!また来ます

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。