仙元山辺りの里山を周回(城山・大日山・物見山・正山・大平山・徳寿山・愛宕山・和具山)

2024.05.19(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 49
休憩時間
26
距離
18.3 km
のぼり / くだり
964 / 970 m
8
14
13
56
11
6
45
5
40
4
8
6
17

活動詳細

すべて見る

今日は曇り後雨の予報。すぐに電話も出られる環境にいないといけなかったので、人里を歩くことに。仙元山は、和紙の里小川町にあります。自分が生誕した街でもあり、のどかな景色の中を歩くのは好きです。仙元山から始まって、有機栽培で有名な下里をぐるりと廻る形で、嵐山渓谷の方もおまけで散歩してきました。yamapのおかげで、全く知らなかったコースも歩けて、踏み跡も少ない藪もありで、蜘蛛の巣にも4~5回ほど頭から突っ込むはで、ちょっとした冒険のようで、里山巡りですが、楽しい一日でした。思わずピークハントに夢中になりました。

武蔵嵐山・大平山・仙元山 白とピンク
白とピンク
武蔵嵐山・大平山・仙元山 中には標本などたくさん展示されています。
中には標本などたくさん展示されています。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 仙元山山頂
仙元山山頂
武蔵嵐山・大平山・仙元山 小川町が少しだけ見えます。仙元山公園の展望台の方が眺めが良いです。。。
小川町が少しだけ見えます。仙元山公園の展望台の方が眺めが良いです。。。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 大日山
大日山
武蔵嵐山・大平山・仙元山 物見山。山頂というより通り道でした。。。
物見山。山頂というより通り道でした。。。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 仙元山から続く最後の高みにある石碑。雨降りそうな風が吹いてきたので、早々に、ここでお昼にしました。
仙元山から続く最後の高みにある石碑。雨降りそうな風が吹いてきたので、早々に、ここでお昼にしました。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 小倉城址のいちの郭。戦国時代のお城とのこと。遠山氏が治めたとか。
小倉城址のいちの郭。戦国時代のお城とのこと。遠山氏が治めたとか。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 仮設の作業用の木橋ですが、城の雰囲気でてました。
仮設の作業用の木橋ですが、城の雰囲気でてました。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 正山というところへ登る直前の槻川。このあと、ものすごい土の急登でした。。ぬかるんでたら、絶対に無理でした。。
正山というところへ登る直前の槻川。このあと、ものすごい土の急登でした。。ぬかるんでたら、絶対に無理でした。。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 正山山頂
正山山頂
武蔵嵐山・大平山・仙元山 嵐山渓谷のバーベキュー場。結構賑わっていました。
嵐山渓谷のバーベキュー場。結構賑わっていました。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 大平山山頂手前の展望からの眺め。高い山ではないですが、今日は、ここが一番遠くまで眺められ場所でした。。。
大平山山頂手前の展望からの眺め。高い山ではないですが、今日は、ここが一番遠くまで眺められ場所でした。。。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 大平山山頂
大平山山頂
武蔵嵐山・大平山・仙元山 車道脇の山肌から、水が湧いていました。普段車で通るときは気づきませんでした
車道脇の山肌から、水が湧いていました。普段車で通るときは気づきませんでした
武蔵嵐山・大平山・仙元山 板碑。緑泥石片岩製だとおもわれ。ここいら辺にはいたるところにあります。ここからちょっといったあたりが産地です。
板碑。緑泥石片岩製だとおもわれ。ここいら辺にはいたるところにあります。ここからちょっといったあたりが産地です。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 少し藪もありましたが、たどり着きました。
少し藪もありましたが、たどり着きました。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 とても立派な木が突然現れました。
とても立派な木が突然現れました。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 山頂には案内板がありました。スダジイの極相林だそうです
山頂には案内板がありました。スダジイの極相林だそうです
武蔵嵐山・大平山・仙元山 スダジイ。このあたりで自然状態の極相とのこと。山頂一体が大きなスダジイの森で、ガラッと雰囲気がことなっていました。めずらしいらしいです。
スダジイ。このあたりで自然状態の極相とのこと。山頂一体が大きなスダジイの森で、ガラッと雰囲気がことなっていました。めずらしいらしいです。
武蔵嵐山・大平山・仙元山 仙元山を遠くから
仙元山を遠くから
武蔵嵐山・大平山・仙元山 さきほどのスダジイの極相林のあたりがみえました。
さきほどのスダジイの極相林のあたりがみえました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。