T1・T2・T3・T4・K1・K2の一部

2016.05.03(火) 08:42 - 2016.05.06(金) 15:18
【5月3日(祝)】T1コース・T2コース 博多駅6:22→7:48中津駅7:51→8:32中山香駅→(タクシー1600円)→8:55熊野磨崖仏→真木大堂→夕日観音→(タクシー)→富貴寺→(タクシー)→俺ノ迫→12:35並石ダム ※この日は、午後から台風並みの暴風雨が予想されていたため、急遽予定を変更して一部コースをカットして、富貴寺から俺ノ迫までもタクシーを利用して12時半を目処にキャンプ場入りしました。 ※こっとん村キャンプ場の受付は8時半~16時までですが、夜遅くに到着した場合は翌朝支払う旨を事前に伝えておけばOKです。 ※T1コースの見所:【熊野磨崖仏】【真木大堂】【夕日観音・田染荘】 ※T2コースの見所:【富貴寺】【高山寺】【並石ダム(こっとん村)】 【5月4日(祝)】T3コース・T4コース こっとん村5:10→6:20長安寺6:30→7:20天念寺・川中不動7:25→8:20無動寺→9:10スパランド真玉→10:40猪群山→10:45ストーンサークル10:50→11:40飯牟礼神社→13:50無名橋→15:00中山仙境下山口→15:18夷谷温泉→(ご好意で自家用車で移動)→17:00長崎鼻リゾートキャンプ場 ※T4コースの終点は六所神社になりますが、周辺の宿泊施設は民宿1件のみです。 ※決められた場所以外でのテント泊は禁止されています。それでも緊急の場合は農村公園の裏にテントが張れる場所があります。 ※長崎鼻リゾートキャンプ場はテント1泊1,500円+入場料一人1回300円が必要です。 ※T3コースの見所:【長安寺】【天念寺・川中不動】【鬼会の里】【無明橋】 ※T4コースの見所:【立石】【猪群山】【ストーンサークル】【無名橋】【中山仙境】 注)現在、無名橋から先は登山道ではありますが、峯道ロングトレイルコースからは除外されています。 【5月5日(祝)】  長崎鼻リゾートキャンプ場に連泊。電動自転車(1時間100円)をレンタルして買い物(スーパー「かかぢ」)や周辺散策しながらマッタリと過ごしました。(棚田の丘を越えて、海岸沿いの道と部落がサイクリングにおすすめです) キャンプ場には温水シャワーがあります。そしてキャンプ場では珍しく、可燃・不燃ごみを扱ってもらえます。なので、瓶入りのお酒や缶詰など、まんまオートキャンプ気分を味わえます。これで温泉が併設されていれば満点なのですが、それでもとても良いキャンプ場です。トイレも綺麗です←これ重要。 【5月6日(金)】K1コース・K2コースの一部 長崎鼻リゾートキャンプ場6:00→6:15六所神社6:30→9:00大不動岩屋→9:30尻付岩屋→10:50不動茶屋→11:50アナザータイムxx(ART)→13:00岩戸寺越休憩小屋→14:10大聖寺→15:15来浦海岸 来浦浜バス停16:16→(国東観光バス)→16:31伊美バス停16:52→(大交北部バス)→17:53宇佐駅→徒歩4分のジョイフルで打ち上げ→JR宇佐駅18:51→20:30JR博多駅 ※キャンプ場まで事前予約でタクシーが来てくれます。(香国タクシー:0978-54-2013) ※長崎鼻から六所神社まではタクシーで2,500円程度です。 ※乗り継ぎの伊美バス停から宇佐駅までの最終バスは、土日祝日は16時です。 ※最終バスに乗れないときは、来浦キャンプ場があります。 ※K1コースの見所:【大不動岩屋】【不動茶屋】【ART:アナザータイムXX】【五辻不動】 【振り返って】 ポスター等で宣伝していますが、一部コースが分かりづらいです。 時々???という箇所がありました。 オルレコースの感覚ですと、コースに戻られない場合もあると思います。 地図は当たり前ですが、コンパスも必携です。 スパランド真玉からのT3コースは、オルレコースみたいに黄色と黄緑のリボンがついていて安心です。(見つけにくい色ですが…) T4コースは一部迷いますが、多かれ少なかれ登山をやっていれば、コースは分かります。 問題はK1コース。赤やピンクのテープを辿ると、180°違う方向に下山してしまう可能性があります。 誰かが付けてくれた透明色の荷ひもが一番信頼できます。峯道コースと登山道と重複している赤いテープは、決して信用してはいけません。因みにピンクは国土調査のテープです。 登山者が多い山ですと、山岳会が定期的に登山道の整備をされていますが、峯道は距離が長すぎて管理が難しいと思います。コース自体は、よく考えられており、また行ってみたいと思うロングコースです。より多くの方が行かれることが一番の整備に繋がると思いました。 【参考】 中山香~熊野磨崖仏 = 山香タクシー 0977-75-0016 こっとん村:0978-27-3045   六所神社⇔長崎鼻リゾートキャンプ場 = 香国タクシー:0978-54-2013 来浦キャンプ場:0978-77-0023

写真

博多駅からJRを乗り継いで「中山香駅」に到着(約2時間)

博多駅からJRを乗り継いで「中山香駅」に到着(約2時間)

熊野磨崖仏へ続く長い石段。鬼が一夜にして築いたと言われる伝説の石段だそうです。

熊野磨崖仏へ続く長い石段。鬼が一夜にして築いたと言われる伝説の石段だそうです。

国指定史跡・重要文化財 熊野磨崖仏 (不動明王像)

国指定史跡・重要文化財 熊野磨崖仏 (不動明王像)

熊野磨崖仏 (大日如来像)

熊野磨崖仏 (大日如来像)

宝くじの当たる寺 - 胎蔵寺

宝くじの当たる寺 - 胎蔵寺

私たちも、あやかりに・・・

私たちも、あやかりに・・・

金色のシールをお不動さんや七福神、ご自分の干支の石像などにぺたぺた貼ってお願いします。

金色のシールをお不動さんや七福神、ご自分の干支の石像などにぺたぺた貼ってお願いします。

アザミ

アザミ

コース沿いにある建物。

コース沿いにある建物。

私も仲間に入れてもらいました。

私も仲間に入れてもらいました。

真木大堂

真木大堂

国指定重要文化財。木彫不動としては日本一だそうです。ここは撮影厳禁の場所です。これは看板を撮影したものです。

国指定重要文化財。木彫不動としては日本一だそうです。ここは撮影厳禁の場所です。これは看板を撮影したものです。

真木大堂-仁王像

真木大堂-仁王像

夕日観音

夕日観音

夕日観音から望む「田染荘」。平安時代の姿を今にとどめる農村風景。世界農業遺産・国選定重要文化的景観。

夕日観音から望む「田染荘」。平安時代の姿を今にとどめる農村風景。世界農業遺産・国選定重要文化的景観。

朝日観音。夕日観音の反対側の崖にあります。

朝日観音。夕日観音の反対側の崖にあります。

県道沿いにある磨崖仏。

県道沿いにある磨崖仏。

富貴寺

富貴寺

現存する九州最古の木造建築物(平安時代後期)で、国宝に指定されています。大堂の中は撮影厳禁になってました。

現存する九州最古の木造建築物(平安時代後期)で、国宝に指定されています。大堂の中は撮影厳禁になってました。

紅葉の時期は見ごたえありそう。

紅葉の時期は見ごたえありそう。

暴風雨を避けるように軒裏で休憩中。

暴風雨を避けるように軒裏で休憩中。

海神社

海神社

本日の終着点。こっとん村(並石ダム)に到着しました。

本日の終着点。こっとん村(並石ダム)に到着しました。

こっとん村の豊後高田そば。ここは認定店で西日本有数のそば処だそうです。

こっとん村の豊後高田そば。ここは認定店で西日本有数のそば処だそうです。

こっとん村の水車。暴風雨のため、ART「月の木と光の水滴)は散策に行けず。

こっとん村の水車。暴風雨のため、ART「月の木と光の水滴)は散策に行けず。

並石ダム

並石ダム

本日の宿泊は「こっとん村キャンプ場」 暴風雨のため許可を得て東屋の中にテントを張らせていただきました。当たり前ですが、この暴風雨の中、宿泊者は私たちだけでした。

本日の宿泊は「こっとん村キャンプ場」 暴風雨のため許可を得て東屋の中にテントを張らせていただきました。当たり前ですが、この暴風雨の中、宿泊者は私たちだけでした。

キャンプ場の水場。

キャンプ場の水場。

つつじが瑞々しい。

つつじが瑞々しい。

キャンプ場の朝。二日目は晴れそうです。

キャンプ場の朝。二日目は晴れそうです。

三嶋神社

三嶋神社

おはようございます。

おはようございます。

長安寺

長安寺

長安寺は石楠花が見ごろで、その数は見ごたえありました。

長安寺は石楠花が見ごろで、その数は見ごたえありました。

石風呂

石風呂

磨崖仏

磨崖仏

天念寺。 神社と合体してるのかな?

天念寺。 神社と合体してるのかな?

川中不動。長岩屋川の中ほどにある大岩に刻まれた磨崖仏。

川中不動。長岩屋川の中ほどにある大岩に刻まれた磨崖仏。

「鬼会の里」の先の民家から入り、無明橋までのルートは荒れていますが、めっちゃドキドキするルートです。

「鬼会の里」の先の民家から入り、無明橋までのルートは荒れていますが、めっちゃドキドキするルートです。

通路の左側は絶壁です。

通路の左側は絶壁です。

こんな尖った崖の・・・

こんな尖った崖の・・・

テッペンを目指す。

テッペンを目指す。

無動寺

無動寺

福真磨崖仏へは、通行止のため、行けませんでした。

福真磨崖仏へは、通行止のため、行けませんでした。

スパランド真玉。六郷温泉のひとつで、ロングトレイルの拠点として利用される方が多いようです。宿泊者はポイントまで送迎してくれるらしいです。

スパランド真玉。六郷温泉のひとつで、ロングトレイルの拠点として利用される方が多いようです。宿泊者はポイントまで送迎してくれるらしいです。

スパランドの周辺。

スパランドの周辺。

立石。確かに石が立っています。

立石。確かに石が立っています。

いっぷく望

いっぷく望

猪群山からの眺望。

猪群山からの眺望。

ストーンサークルは女人禁制のため、カミさんは陰陽石から先へは入ってきませんでした。

ストーンサークルは女人禁制のため、カミさんは陰陽石から先へは入ってきませんでした。

中央は神体石。

中央は神体石。

飯牟礼神社

飯牟礼神社

こんなところにも仏様。

こんなところにも仏様。

でっかいザックで行く山ではありません。

でっかいザックで行く山ではありません。

有名な無名橋。強風のため渡りませんでしたが、マジ怖いっす。踏み外したら死にます。

有名な無名橋。強風のため渡りませんでしたが、マジ怖いっす。踏み外したら死にます。

奇岩絶峰が連なる。

奇岩絶峰が連なる。

中山仙境

中山仙境

岩尾根

岩尾根

こんなところにも・・・まさに無名の橋。

こんなところにも・・・まさに無名の橋。

奇岩の絶壁です。

奇岩の絶壁です。

20km以上歩いてきた上に、18kgのザックで、この険しい岩尾根はマジで堪えました。

20km以上歩いてきた上に、18kgのザックで、この険しい岩尾根はマジで堪えました。

隠洞穴

隠洞穴

予定していた二日目のロングトレイルの終着点。六郷温泉のひとつ「夷谷温泉」。 中山仙境下山口から南へ徒歩17~18分のところにある温泉です。入浴料は300円。二日間の長い旅の疲れをゆっくりと、ここでとることができました。帰りは、ここの女将さんが国東まで帰るということで、この日の宿泊先の「長崎鼻リゾートキャンプ場」まで自家用車で送っていただきました。

予定していた二日目のロングトレイルの終着点。六郷温泉のひとつ「夷谷温泉」。 中山仙境下山口から南へ徒歩17~18分のところにある温泉です。入浴料は300円。二日間の長い旅の疲れをゆっくりと、ここでとることができました。帰りは、ここの女将さんが国東まで帰るということで、この日の宿泊先の「長崎鼻リゾートキャンプ場」まで自家用車で送っていただきました。

長崎鼻リゾートキャンプ場。この日は最高の天気でしたが、海辺はスゴイ強風でした。私たちは徒歩組なので、電動自転車をレンタルしました。1時間100円。

長崎鼻リゾートキャンプ場。この日は最高の天気でしたが、海辺はスゴイ強風でした。私たちは徒歩組なので、電動自転車をレンタルしました。1時間100円。

キャンプ場から自転車で7~8分のところにある唯一のスーパー「かかぢ」。ここで、たんぱく質とアルコールを購入。

キャンプ場から自転車で7~8分のところにある唯一のスーパー「かかぢ」。ここで、たんぱく質とアルコールを購入。

キャンプ場にある海水浴場。

キャンプ場にある海水浴場。

行者洞穴(パワースポット)。洞穴から夕日がさしている。

行者洞穴(パワースポット)。洞穴から夕日がさしている。

キャンプ場からみる夕日。

キャンプ場からみる夕日。

街中では見かけなくなった「こいのぼり」

街中では見かけなくなった「こいのぼり」

見えないベンチ。オノ・ヨーコの詩が彫られています。

見えないベンチ。オノ・ヨーコの詩が彫られています。

長崎鼻を散策。 夏にはここから見る「ひまわり」が凄いらしい。

長崎鼻を散策。 夏にはここから見る「ひまわり」が凄いらしい。

私たちのテントだけ、洗濯物の山。

私たちのテントだけ、洗濯物の山。

長崎鼻リゾートキャンプ場に連泊して休養。ベンチとテーブルがないと1日中マッタリするのにはキツイので、椅子がある木陰に場所を変更。

長崎鼻リゾートキャンプ場に連泊して休養。ベンチとテーブルがないと1日中マッタリするのにはキツイので、椅子がある木陰に場所を変更。

こちらのお宅も「こいのぼり」

こちらのお宅も「こいのぼり」

このお店では有名らしい「岬かきあげ丼」

このお店では有名らしい「岬かきあげ丼」

まさにリゾート気分。

まさにリゾート気分。

念願の木

念願の木

キャンプ場受付と喫茶店。

キャンプ場受付と喫茶店。

海蝕(行者)洞穴の全景。

海蝕(行者)洞穴の全景。

霊仙寺・実相院・六所神社の3つが連なっています。

霊仙寺・実相院・六所神社の3つが連なっています。

六所神社を覗く。4日目はここまでタクシーで戻ってから、ロングトレイルの再スタート。

六所神社を覗く。4日目はここまでタクシーで戻ってから、ロングトレイルの再スタート。

雨で斜面がツルッツル。

雨で斜面がツルッツル。

大不動岩屋

大不動岩屋

大不動岩屋で雨宿り。凄いスケール感です。

大不動岩屋で雨宿り。凄いスケール感です。

尻付岩屋

尻付岩屋

千燈寺。普通のお寺。

千燈寺。普通のお寺。

旧千燈寺へ向かう道。雨で石がツルッツル。全然上れません。

旧千燈寺へ向かう道。雨で石がツルッツル。全然上れません。

旧千燈寺

旧千燈寺

奥ノ院

奥ノ院

五輪塔群

五輪塔群

不動茶屋。中は清潔で「国東半島芸術祭(2014年)」の展示でいっぱいです。すごく綺麗です。

不動茶屋。中は清潔で「国東半島芸術祭(2014年)」の展示でいっぱいです。すごく綺麗です。

無人ですが、とても掃除が行き届いています。

無人ですが、とても掃除が行き届いています。

雨と風で冷え切って疲れた身体で、この小屋はとても助かりました。

雨と風で冷え切って疲れた身体で、この小屋はとても助かりました。

ゴームリーさんの作品。DummyXX。通称ダミーちゃん。

ゴームリーさんの作品。DummyXX。通称ダミーちゃん。

トイレも水洗で、とっても綺麗です。

トイレも水洗で、とっても綺麗です。

誰か佇んでます。

誰か佇んでます。

630kgのアナザータイムXX と・・・

630kgのアナザータイムXX と・・・

何か話しかけています。

何か話しかけています。

五辻不動

五辻不動

K1コースは、赤やピンクのテープを辿るとコースを外れます。誰かが付けてくれたこの透明な荷紐を辿ってください。

K1コースは、赤やピンクのテープを辿るとコースを外れます。誰かが付けてくれたこの透明な荷紐を辿ってください。

岩戸寺越休憩小屋

岩戸寺越休憩小屋

岩戸寺

岩戸寺

さくらんぼ。カミさんは盗み食いしてました。

さくらんぼ。カミさんは盗み食いしてました。

何という花でしょうか?

何という花でしょうか?

大聖寺

大聖寺

五輪塔群

五輪塔群

金剛寺

金剛寺

金剛寺 ここから来浦浜まで行くのにバスが通っていますが、平日しか走っていません。私たちは5分差で乗車できませんでした。

金剛寺 ここから来浦浜まで行くのにバスが通っていますが、平日しか走っていません。私たちは5分差で乗車できませんでした。

来浦浜から国東観光バスで伊美まで540円。伊美で大交北部バスに乗り換えて宇佐駅まで1250円。

来浦浜から国東観光バスで伊美まで540円。伊美で大交北部バスに乗り換えて宇佐駅まで1250円。

宇佐駅までの最終バスになんとか間に合いました。ソニック54号に乗車して博多駅まで乗り継ぎ無しで行けます。料金は4040円ですが、二人もしくは往復の場合は「2枚切符」で購入してください。1,000円程お安くなります。

宇佐駅までの最終バスになんとか間に合いました。ソニック54号に乗車して博多駅まで乗り継ぎ無しで行けます。料金は4040円ですが、二人もしくは往復の場合は「2枚切符」で購入してください。1,000円程お安くなります。

矢印の分岐を見つけることが出来ず、正規ルートから外れてしまい車道を歩きました。

矢印の分岐を見つけることが出来ず、正規ルートから外れてしまい車道を歩きました。

この鋭角に曲がっているところは、県道と交差するところですが、目印がなく私たちは相当迷いました。県道に出たら対面の左側に入り込むアスファルト道が正解です。

この鋭角に曲がっているところは、県道と交差するところですが、目印がなく私たちは相当迷いました。県道に出たら対面の左側に入り込むアスファルト道が正解です。

現地の看板ではショートカットのルートを案内しています。

現地の看板ではショートカットのルートを案内しています。

こちらもショートカットの山道に案内が出ています。

こちらもショートカットの山道に案内が出ています。

若干ですが地図のルートと違います。

若干ですが地図のルートと違います。

k1ルートは透明色の荷ひもを探しながら進んでください。赤いテープは登り口からありますが、赤いテープを信じると、このように「大不動岩屋」の先に出てしまいます。私たちは正規のルートを登り返して「大不動岩屋」まで戻りましたが、その先にもちゃんとしたルートがありましたので、途中で分岐を見落としたんだと思います。

k1ルートは透明色の荷ひもを探しながら進んでください。赤いテープは登り口からありますが、赤いテープを信じると、このように「大不動岩屋」の先に出てしまいます。私たちは正規のルートを登り返して「大不動岩屋」まで戻りましたが、その先にもちゃんとしたルートがありましたので、途中で分岐を見落としたんだと思います。

地図では五辻不動からルートが伸びていますが、実際は五辻不動から一旦戻り、アート像(アナザータイムXX )の先に崖を下りる鎖場ルートがあります。

地図では五辻不動からルートが伸びていますが、実際は五辻不動から一旦戻り、アート像(アナザータイムXX )の先に崖を下りる鎖場ルートがあります。

ここも若干地図と違います。

ここも若干地図と違います。

ここも。

ここも。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。