強風の赤面山初登頂 スキー場跡地~山頂のピストン。山歩き後は、甲子温泉でゆったりと。

2016.05.03(火) 08:03 - 2016.05.03(火) 12:25
連休後半戦。明日が雨ということもあり、丹沢方面いくのを諦めて、那須連峰北部に位置する赤面山にいってきました。 自宅から登山口までは、高速使わず約二時間かからない程度。決して運転荒くありません。運転すきですが…走り屋では有りません。(笑) 起きると、また曇り空。テンション下がります。雨は降らないものの、どんより天気です。でも、会津側に行けばいくほど晴れてるはずだと自分なりに予想。西郷村はいって下郷町方面走るにつれ青空❗してやったりです。(^-^) またまた朝寝坊して、一時間遅く登山口到着 。車は先に一台。だけ? 那須は人気ありそうですが、こっちは人気ないかなぁ? スキー場跡地なので、トイレもありません。 水場もありません。建物は使われてないので荒れ放題でした。 ただ、駐車場は広すぎるほど広い。(笑) 支度して、日差しがつよいっ😰😰 出発。 いつものラジオつけて、下界の情報得ながらあるきます。 何分ゲレンデ歩きが堪えました。(笑) ゲレンデ歩き終わると、ブナ地帯を緩やかに登って、山頂までは急登はありません。 山頂近くなるにつれ、風がゴォーっと音を立てて、あぁまた強いなぁと思いながら歩き。 また山頂でご飯喰えねぇなぁ。 山頂到着❗❗デブなおらでも飛ばされそうでした。(笑) 那須の山々近くに見えるし、北側は二岐山みえたりいい眺め。ただ、風つよくてパンを食べて直ぐに下山開始。あぁそのまま三本槍岳行きたいなぁとおもいつつ、次の宿題としました。 帰りは、ゲレンデの浮き石には注意です。 下山後は、甲子温泉の大黒屋さん。 混浴風呂があります。20年ぶりにきましたが、建物新しくなってましたね。混浴風呂は立って入れる程の深さです。低温なので、長湯大丈夫です。シャンプー、石けんつかえないので要注意です。混浴風呂なので当たり前なのかも知れませが、女性がはいっていたときにはビックリ❗ポンでした。(笑) 次は、同じルートで三本槍岳いってみたいなぁと考えながら運転して帰ってきました。

写真

さぁゲレンデ歩き。駐車場左手から行きます。

さぁゲレンデ歩き。駐車場左手から行きます。

思ったより暑い

思ったより暑い

石にペイント

石にペイント

ひたすら・・・

ひたすら・・・

新芽だね。

新芽だね。

リフト到着地点。空が青い😄

リフト到着地点。空が青い😄

振り返ると、下界は雲に覆われ。

振り返ると、下界は雲に覆われ。

こっち→

こっち→

小休止 甘納豆くうか。

小休止 甘納豆くうか。

こっち→

こっち→

またまたゲレンデ歩き

またまたゲレンデ歩き

だいぶ標高稼いだ。

だいぶ標高稼いだ。

雲海だぁテンション上がる

雲海だぁテンション上がる

水??

水??

またまたゲレンデ歩き。

またまたゲレンデ歩き。

石ころ歩きにくいな。

石ころ歩きにくいな。

次のリフト到着地点いくと、赤面山方面→

次のリフト到着地点いくと、赤面山方面→

ブナ林だぁ

ブナ林だぁ

急登ではないです。

急登ではないです。

自然の家との分岐。8合目みたい。

自然の家との分岐。8合目みたい。

持ってきたベーグル、食らう

持ってきたベーグル、食らう

笹原に変わり・・・

笹原に変わり・・・

おー!!でも風がつよくなり。

おー!!でも風がつよくなり。

なだらかな登り、歩きやすい

なだらかな登り、歩きやすい

細い道になり。

細い道になり。

9合目きた

9合目きた

雲海だんだん目線が上に・・

雲海だんだん目線が上に・・

自分の陰

自分の陰

おーーー那須❗

おーーー那須❗

山頂見えてきた。

山頂見えてきた。

山頂近し それにしても風つえぇ

山頂近し それにしても風つえぇ

東側雲海

東側雲海

山頂目印見えた❗

山頂目印見えた❗

到着

到着

山頂 安達太良と同じなんだね。標高

山頂 安達太良と同じなんだね。標高

お約束

お約束

風強いよぉ

風強いよぉ

二岐山方面 北は霞んで見えない(>_<)

二岐山方面 北は霞んで見えない(>_<)

那須岳方面

那須岳方面

メロンパン 腹減った

メロンパン 腹減った

水ってあったのここ?

水ってあったのここ?

駐車場 ひろーい

駐車場 ひろーい

風呂上がりの炭酸(笑)

風呂上がりの炭酸(笑)

また来ます。

また来ます。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。