矢筈岳は遠く…(*_*)マイナー12名山 魚止山の次のピークにて撤退(>_<)

2016.05.03(火) 05:22 - 2016.05.03(火) 11:03
新潟遠征、2日目は矢筈岳に挑戦です👍 矢筈岳は、マイナー12名山の筆頭に挙げられ[難攻不落のスーパーマイナー名山]、[奇跡のように残された山塊の盟主]と評され新潟県川内山塊の盟主との事😅😅 わたしの力量で、どこまでやれるのか? この山は残雪状態で難度がかなり変化するため、残雪の状態が気になっていましたが…😱 登山口である林道は、既に通行可能。例年なら林道歩きも有るのだが、今年は異常なほど雪が少ないため林道終点まで車が入れました。登山口には、ピンクのテープと薄い踏み跡が有り上部に続いているのが確認出来ました。テープは2mぐらい上に付けられていおり、この地の雪深さを感じましたよ~💦✋薄い踏み跡をひろいながら登って行きます😂 既にやぶはおきており、少しうるさいです。 標高900mぐらいで少し残雪が出て来たが、この程度では・・・ん~厳しいかな~💦(*_*) 魚止山に到着し、矢筈岳方面を見ると…あ~ダメだ。ため息が…😵 矢筈に向かう尾根には雪がぜんぜん無い、この状態でのヤブこぎをして矢筈に向かうには、日帰りではリスクが有り過ぎる。最終確認で、魚止山の先のピークまで行って見る事にした。 やはり猛烈なヤブこぎが待っていた。かなり密集したヤブで有り、なかなか進まない。残雪が残るピークまで来た。先ほど以上に尾根の状態か確認出来た。これで決心が付き撤退をする。 気温も上がり始めて暑くなって来たので良いころで有った。 下山途中で、年配の 3人パーティと会ったが、その方は、矢筈は 3回目の挑戦だと言っておられた。テン泊で有ったが、尾根の状態の情報をお話しすると…厳しいかな~と言っておられ登って行かれた。 やはり、一筋縄では行かない山であり 大きな宿題をもらった山行でした。 来年に出直してリベンジですね~💦✋(^◇^)

写真

登山口 ピンクテープが有り

登山口 ピンクテープが有り

周り新緑です

周り新緑です

魚止山から矢筈岳

魚止山から矢筈岳

魚止山から登って来た尾根

魚止山から登って来た尾根

魚止山からの展望

魚止山からの展望

撤退ピークからの矢筈岳

撤退ピークからの矢筈岳

矢筈岳

矢筈岳

撤退したピークから魚止山

撤退したピークから魚止山

少しは残雪がありますが…

少しは残雪がありますが…

矢筈岳

矢筈岳

撤退ピークと矢筈岳

撤退ピークと矢筈岳

テープが、かなり上部にあります。

テープが、かなり上部にあります。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。