乾徳山・乾徳山(北峰)

2024.05.12(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 41
休憩時間
2 時間 28
距離
11.8 km
のぼり / くだり
1294 / 1294 m
25
1 27
1 41
6
1 15
1 2
22

活動詳細

すべて見る

快晴とはいかないけれど、雨は大丈夫そうだったので 鎖場のある乾徳山へ。 今年の目標に向けて岩っぽい所を少しずつ。 大平からの最短コースか徳和から登るかいろいろ考えたのですが、日帰りで10km 標高差1200mを登っておきたいという希望もあったので、徳和から登ることにしました。 駐車場は前日深夜で3〜5台程、朝数台増えましたが下山後も沢山空いている状況でした。GW明けだったのと天気がイマイチだったからでしょうか? 気温低め(10度)風が強め(12m)の予報だったのですが、案外風もなく曇りの割には富士山、南アルプスしっかり見ることができました。 登山道は整備されていて広めだし、全体的に歩きやすいコース。 最初の林道から登山口を経て駒止辺りまでスイスイと登ります、途中でYAMAP起動忘れに気が付くという失態(最近2回目)もありましたが、高原ヒュッテに寄り道して帰りに利用するかもとトイレをチェックしてから頂上方面へ。 髭剃岩を抜けてみたり、カミナリ岩の鎖場は鎖なしで登り、雨乞岩の所に来たら岩壁に人が・・・見つめていたら手を振っていただけました。「旗立岩」を上られていたのでしょうか? 折角なので雨乞岩の行ける所までいって絶景をみてみたり。 最後の鳳岩(おおとりいわ)の1箇所は鎖をフル活用して登り、無事山頂へ。 石鎚山のおっきな鎖とはまた違った岩登りを楽しめました。 *石鎚山のは岩登りというより鎖登りですね(鎖の輪っかに足を入れて鎖をつたっていくから) 山頂はあまり広くなかったけれど場所をお借りしてお昼休憩、休憩後は乾徳山北峰に寄り道して、下山ルートは「水のたる」分岐から迂回新道?で国師ヶ原に抜ける急坂から戻ってみました。 下りはストックを出しペースを落として慎重に、ここの急斜面は割とキツかったのですが、「高原ヒュッテ・国師ヶ原へあと20分くらい」の看板から先は割となだらか。 高原ヒュッテで少し休んで道満尾根はいかず、来た道を戻って無事下山することができました。 水分(2人分) ポカリ1L+1L (0.5L+0.5L残し) 水 2L+2L (1L+2L残し) 炭酸 0.5L+0.5L 装備:(10度風12m予想)    アミアミ+メリノ+アルパインライト アミアミ+スコーロン長袖+速乾半袖    薄シェル(薄青)    *予想より風がなく薄シェル併用のみでOKだった 出番なし  ソフトシェル青  レイン上(ストームクルーザー) ザック 34L(10kg) おにぎり4個

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。