英彦山峰入り道トレイル後半を歩く

2024.05.11(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 2
休憩時間
27
距離
14.1 km
のぼり / くだり
1432 / 1657 m
2
34
1 40
41
21
12
29
10
30
37
18

活動詳細

すべて見る

送迎〜745小石原〜(活動)〜1448筑前岩屋〜(中略)〜1647飯塚 前回トレランさん達の行程を真似して、オーバーペースで大変な目に遭ったので、今回は登山計画を✕0.7と気持ち速めに設定して歩くことにします。特殊な訓練を受けている方々との違いは体感できたので、凡人なりにぼちぼち歩くしかありません。 今日の序盤の陣尾山までは昨年10月に歩いたところなので、勝手が分かるところではありますが、あれこんなにきつかったっけなぁ、うん陣尾山直前はしんどかった、と思い出しながら825に陣尾山(標高675m)登頂。 次の目的地が標高636mとなっていたので、これは楽な縦走だと思っていたら、全然そんなことはありませんでした。貝釣は「これは罠だ」と言いたくなる岩登りでした。また、急な下りは広葉樹の枯葉で覆われており、とても滑ります。 一旦舗装路に出て、大日ヶ岳への急登を進みます。頂上には展望はありません。下山途中に岩越えで命の危険を感じる箇所がありました。「集中して次に踏むところを決めないと死ぬ」というところです。足がうまく運べず攣りかけて、いやここでのたうち回ったら転落するでしょうという場所でした。斫石(きりいし)峠トンネルには1100着。自分は3時間15分掛かっていますが、エイドの関門は2時間45分となっていました。嘉穂アルプスを踏破してこれですから、すごいとしか言いようがないです。 斫石峠からは釈迦ヶ岳を目指します。距離400mで標高200mを上がるのに、なんか傾斜が緩いと思ってたら、道を間違えていました。きついとは聞いていたので、覚悟を持って登ることができました。1140に釈迦ヶ岳(標高844m)登頂。名前が福岡県最高峰と同じで損をしている気がしますが、展望は300度ぐらいあり、福智山〜英彦山〜くじゅう〜阿蘇〜(福岡県最高峰の)釈迦ヶ岳と見渡すことができました(くじゅうと阿蘇はうっすら)。 少し急な登山道を下ってからは、傾斜も緩く快適な縦走路が続きます。湯谷越、宝珠山(標高869m)、深倉越(標高864m)、なぜか山頂より高い標高900m地帯を挟んで浅間山(標高831m)と、急登はたまにありますが、今日の今までと比べると問題ない感じでした。 1330に到着した浅間山からは激下り。最後の方には大伐採箇所がありルート不明、テキトーに切り株を頼りながら急傾斜を下る危ない目にも遭いました。災害(天災)なら仕方ないですが、伐採(人災)による登山道消滅のケアというのはなんとかならないんでしょうかね。 舗装路に出れば下るだけ。途中で筑前岩屋駅の見える場所があり、「前は向こうから『来た来た』と見えたなぁ」と思いました。残り3分で走ればBRTに間に合いそうだったので、駆け足で筑前岩屋駅に向かいました。 斫石峠から筑前岩屋駅までは約4時間。エイドの関門は3時間。やはり後半になれば、体力の差がはっきりしてきます。正直、浅間山の下りとかどう急げばいいか分かりません。 今回の縦走路では、走れるとしたら釈迦ヶ岳を下ってからぐらいだけしゃないか、というほどアップダウンの多いコースでした。ほかにも平坦な箇所はありましたが、自分レベルだと息を整えている間に次の傾斜がやってきます。 しかし山伏同様、良い修行ができたのではないかと思います。

釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 小石原の添田町寄りからスタート
小石原の添田町寄りからスタート
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 ここから左に
ここから左に
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 峰入道
峰入道
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 テープは頻繁にあるが、細い枝に付いていることが多いので、視認性は良くない
テープは頻繁にあるが、細い枝に付いていることが多いので、視認性は良くない
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 このような感じで、手を掛けて整備をされているのが分かる。ありがとうございます
このような感じで、手を掛けて整備をされているのが分かる。ありがとうございます
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 昨年10月の合流点
昨年10月の合流点
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 陣尾山。少し休憩
陣尾山。少し休憩
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 陣尾山の先に展望あり。左奥が英彦山。となると、右の山も今日そこそこ通ったのかも
陣尾山の先に展望あり。左奥が英彦山。となると、右の山も今日そこそこ通ったのかも
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 3つほど英彦山峯入りトレイルの残骸がありました。イベント後は片づけたいのでしょうが、イベント後にそのトレイルを行く者としては、かなりありがたいです
3つほど英彦山峯入りトレイルの残骸がありました。イベント後は片づけたいのでしょうが、イベント後にそのトレイルを行く者としては、かなりありがたいです
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 悪路ばかりではない
悪路ばかりではない
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 貝釣という岩登りポイント
貝釣という岩登りポイント
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 貝釣の展望。狭いけど見えたところが英彦山
貝釣の展望。狭いけど見えたところが英彦山
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 下り。途中から広葉樹の葉っぱがいっぱい出てきて転倒不可避となりました
下り。途中から広葉樹の葉っぱがいっぱい出てきて転倒不可避となりました
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 狭い尾根にロープ
狭い尾根にロープ
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 「しばらく舗装路を歩けるかなぁ」と思いました…んな訳ありませんでした
「しばらく舗装路を歩けるかなぁ」と思いました…んな訳ありませんでした
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 ロープを頼った急登が続きます
ロープを頼った急登が続きます
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 たまにごぼうびも
たまにごぼうびも
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 愛敬岩。「ここを下るの?」…下りません、進行方向は左です
愛敬岩。「ここを下るの?」…下りません、進行方向は左です
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 右が愛敬岩
右が愛敬岩
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 大日ヶ岳山頂、展望なし
大日ヶ岳山頂、展望なし
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 宝珠山村は小石原村と合併して東峰村となっています
宝珠山村は小石原村と合併して東峰村となっています
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 今回の最大の難所。岩を跨いだは良いけど、向こうに足がなかなか着かず死ぬかと思った。跨いだときに左側から引っくり返りそうになった
今回の最大の難所。岩を跨いだは良いけど、向こうに足がなかなか着かず死ぬかと思った。跨いだときに左側から引っくり返りそうになった
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 ここからYAMAPルートを外れて斫石峠の県道に向かいます
ここからYAMAPルートを外れて斫石峠の県道に向かいます
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 目印は依然としてしっかりとあります。これで後で道を間違えることに
目印は依然としてしっかりとあります。これで後で道を間違えることに
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 斫石峠のトンネル着
斫石峠のトンネル着
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 健脚向き。この後登山者(人生の先輩)と5人すれ違う。恐るべし
健脚向き。この後登山者(人生の先輩)と5人すれ違う。恐るべし
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 斫石峠から釈迦ヶ岳への急登の序曲
斫石峠から釈迦ヶ岳への急登の序曲
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 ここから400mで200m登る。斜度が30度ありそうなんですけど
ここから400mで200m登る。斜度が30度ありそうなんですけど
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 道には迷わないけど、しんどい登り
道には迷わないけど、しんどい登り
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 こういう小休憩を挟みやすい登りは助かります
こういう小休憩を挟みやすい登りは助かります
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 釈迦ヶ岳山頂。予備知識がなく登ったので、展望の良さにびっくり。前方は本日お馴染み英彦山、左が中岳、右が南岳です。北岳はずっと見えていません
釈迦ヶ岳山頂。予備知識がなく登ったので、展望の良さにびっくり。前方は本日お馴染み英彦山、左が中岳、右が南岳です。北岳はずっと見えていません
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 釈迦ヶ岳から英彦山方面
釈迦ヶ岳から英彦山方面
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 釈迦ヶ岳から福智山方面
釈迦ヶ岳から福智山方面
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 釈迦ヶ岳から南側。右から釈迦ヶ岳(福岡県最高峰の方)、阿蘇くじゅう(雲あり)と見えました
釈迦ヶ岳から南側。右から釈迦ヶ岳(福岡県最高峰の方)、阿蘇くじゅう(雲あり)と見えました
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 釈迦ヶ岳を下ってから浅間山山頂までは快適な道が続きます
釈迦ヶ岳を下ってから浅間山山頂までは快適な道が続きます
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 湯谷越。当然のように登り返す
湯谷越。当然のように登り返す
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 宝珠山。旧村の名前ということで期待もしたけど、特にない
宝珠山。旧村の名前ということで期待もしたけど、特にない
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 途中で見えた英彦山、小石原からはかなり近くなりました。左の山頂の中岳の上宮は絶賛工事中
途中で見えた英彦山、小石原からはかなり近くなりました。左の山頂の中岳の上宮は絶賛工事中
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 深倉越。ルートが分岐しているようだが、ここから登る道を選んで正解
深倉越。ルートが分岐しているようだが、ここから登る道を選んで正解
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 三国境、筑前と豊前と豊後の境界。ここからは福岡と大分の境界をしばらく歩く
三国境、筑前と豊前と豊後の境界。ここからは福岡と大分の境界をしばらく歩く
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 浅間山、ここまでで釈迦ヶ岳からの楽しい時間は終わり。ここからは急な下り
浅間山、ここまでで釈迦ヶ岳からの楽しい時間は終わり。ここからは急な下り
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 本当にひどい下りが延々と続きます
本当にひどい下りが延々と続きます
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 よりよりの木
よりよりの木
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 大伐採箇所も傾斜が急で、まったくありがたくない
大伐採箇所も傾斜が急で、まったくありがたくない
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 下りですから当然右ですよね!?
下りですから当然右ですよね!?
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 右の谷にも行けそうだったけど、左の安心安全尾根ルートへ
右の谷にも行けそうだったけど、左の安心安全尾根ルートへ
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 いやぁ…下に降りたいんだけどなぁ
いやぁ…下に降りたいんだけどなぁ
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 切り株を活用しながら、なんとか下山。伝わってないでしょうが、かなり高さがありました
切り株を活用しながら、なんとか下山。伝わってないでしょうが、かなり高さがありました
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 下山したところに登山案内。登り返した箇所も見えます。他にルートで簡単に取り付けたなら、それが良いとは思いました。尾根ルートは伐採のため不明瞭。
下山したところに登山案内。登り返した箇所も見えます。他にルートで簡単に取り付けたなら、それが良いとは思いました。尾根ルートは伐採のため不明瞭。
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 トレイルランとしてはビクトリーロード
トレイルランとしてはビクトリーロード
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 筑前岩屋駅が見えました。以前逆の立場で見ていたことを思い出します
筑前岩屋駅が見えました。以前逆の立場で見ていたことを思い出します
釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・岳滅鬼山 最後は駆け足で、1448のバスに間に合いました。降車している人がいたので(乗降が同じ扉のタイプだった)、駆け込み乗車ではありません
最後は駆け足で、1448のバスに間に合いました。降車している人がいたので(乗降が同じ扉のタイプだった)、駆け込み乗車ではありません

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。