宝篋山。常願寺コースと極楽寺コース

2016.05.02(月) 05:46 - 2016.05.02(月) 08:35
筑波山のそばにある宝篋山です。 新品のザックとバーナーとコッヘルとヘッドライトと…(中略)…を試すために行ってきました(^^) 自宅から小田休憩所まで歩いた45分間と、山頂に着いたときの風が強くて辛かった。 次に出かける時までにウィンドシェルとやらを用意しなければ。 上 ジオラインハーフジップ(L.W)(モンベル) フリース(ミレー) ユニクロの上着 下 ジオラインタイツ(L.W) ストライダーパンツ(モンベル) ウールのソックス(中厚) 他 厚手防風手袋(モンベル)

写真

小田休憩所へ行く途中の道で。徒歩で向かってます。

小田休憩所へ行く途中の道で。徒歩で向かってます。

小田休憩所にて。これ見てイメトレ。イメトレしてもさっぱり想像できないので出発することにします。5:45出発です。駐車場は4台しか車がありませんでした。

小田休憩所にて。これ見てイメトレ。イメトレしてもさっぱり想像できないので出発することにします。5:45出発です。駐車場は4台しか車がありませんでした。

常願寺コースを登ります。見やすい案内があって親切です

常願寺コースを登ります。見やすい案内があって親切です

しばらくは車も走れる道。

しばらくは車も走れる道。

虫除け必須ですね。

虫除け必須ですね。

沢の小道。すぐ常願寺コースに合流するのでせっかくなのでこちらを。

沢の小道。すぐ常願寺コースに合流するのでせっかくなのでこちらを。

沢の脇を通ったり、渡ったり。

沢の脇を通ったり、渡ったり。

あの木を渡ったり(嘘)

あの木を渡ったり(嘘)

宝命泉というものがあった。

宝命泉というものがあった。

かわいい滝でした。

かわいい滝でした。

尖浅間山(とがりせんげんやま)経由で登ることにしました。途中二股に分かれる道もいくつかありましたが、すぐ合流してます。ショートカットしたルートなんでしょうけど、ちょっと紛らわしいです。

尖浅間山(とがりせんげんやま)経由で登ることにしました。途中二股に分かれる道もいくつかありましたが、すぐ合流してます。ショートカットしたルートなんでしょうけど、ちょっと紛らわしいです。

長長坂。たしかにこの辺が坂がしんどかった。

長長坂。たしかにこの辺が坂がしんどかった。

近づいてます。少しずつ。

近づいてます。少しずつ。

尖浅間山山頂に着きました。木があるので眺めはそれほどでもないですが、座るスペースは沢山あります。しんどいのはここまででした。

尖浅間山山頂に着きました。木があるので眺めはそれほどでもないですが、座るスペースは沢山あります。しんどいのはここまででした。

尖浅間山山頂の気温

尖浅間山山頂の気温

ここから宝篋山山頂へは道は平坦でした。

ここから宝篋山山頂へは道は平坦でした。

魔貫光殺砲。

魔貫光殺砲。

天気がよければ昼寝したかったなー。

天気がよければ昼寝したかったなー。

第一登山人発見。山頂までに見た人はこの2人だけでした。

第一登山人発見。山頂までに見た人はこの2人だけでした。

極楽寺コースと合流して山頂へ向かいます。

極楽寺コースと合流して山頂へ向かいます。

空堀跡?

空堀跡?

宝篋城へ寄り道します。

宝篋城へ寄り道します。

宝篋城跡の面影はありません。

宝篋城跡の面影はありません。

バイオトイレだそうです

バイオトイレだそうです

ここにきて車道…。次は車で来てみようか…

ここにきて車道…。次は車で来てみようか…

ちょっとツンとします…

ちょっとツンとします…

もう少し!

もう少し!

山頂直前で車道を見つけたときのこのガッカリ感。まあ高い山ではないんですが。

山頂直前で車道を見つけたときのこのガッカリ感。まあ高い山ではないんですが。

山頂に到着です(^^) 7:08ってことは、登りは1:23くらい。

山頂に到着です(^^) 7:08ってことは、登りは1:23くらい。

山頂の気温は約8.5℃。風が強くて…。バーナーの火も消えてしまいます。温まるのを待つのも辛いので、もういいやと思ってぬるいコーヒーを飲みました。

山頂の気温は約8.5℃。風が強くて…。バーナーの火も消えてしまいます。温まるのを待つのも辛いので、もういいやと思ってぬるいコーヒーを飲みました。

宝篋山山頂。と指。

宝篋山山頂。と指。

鎌倉時代に建てられたら宝篋印塔だそうです

鎌倉時代に建てられたら宝篋印塔だそうです

天気がよかったらもっと遠くまで見えたかな?

天気がよかったらもっと遠くまで見えたかな?

筑波山も。

筑波山も。

山頂は風が強かったのでパンひとつ食べて、あとは下りの途中で小腹を満たす作戦

山頂は風が強かったのでパンひとつ食べて、あとは下りの途中で小腹を満たす作戦

帰りは極楽寺コースにすることにしまた

帰りは極楽寺コースにすることにしまた

こういう案内も所々に。

こういう案内も所々に。

「ここから富士」とありました。見えるのかな??!!「ここから富士」という木なんですね?(テキトー)

「ここから富士」とありました。見えるのかな??!!「ここから富士」という木なんですね?(テキトー)

水場がありました。飲めるかどうかは未確認。

水場がありました。飲めるかどうかは未確認。

大豆攻め

大豆攻め

極楽寺コースは沢沿いの道がメインです。1/fのゆらぎに癒されてみました。

極楽寺コースは沢沿いの道がメインです。1/fのゆらぎに癒されてみました。

脂肪よもっと燃えてくれ

脂肪よもっと燃えてくれ

下りは一瞬でした。もうちょっとゆっくりしててもよかったかも。

下りは一瞬でした。もうちょっとゆっくりしててもよかったかも。

濡れてる箇所もあるのでお気をつけて

濡れてる箇所もあるのでお気をつけて

小田休憩所を出てすぐの案内

小田休憩所を出てすぐの案内

帰ってきた小田休憩所。8:30頃。駐車場には車が20台ほど。

帰ってきた小田休憩所。8:30頃。駐車場には車が20台ほど。

道具リスト

  • ストライダーパンツMen’sダークチャコールDKCHM

    mont-bell

    Amazonで見る
  • (モンベル)mont-bellジオラインL.W.ハイネックシャツMen's1107488BKブラックL

    mont-bell(モンベル)

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。