泉ヶ岳・北泉ヶ岳・三峰山(坊主岳)・蛇ヶ岳・船形山(御所山)【5座ピストン】

2024.05.04(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 2
休憩時間
24
距離
29.3 km
のぼり / くだり
2132 / 2133 m

活動詳細

すべて見る

前回の地塁山地、30キロクラスのハイクはアップダウンの激しさ故にキツかったのか、それとも単純に距離がキツかったのか。 スマホの方位がぶっ壊れていても迷わずに検証できる山は何処か。。。 『わりぃ界王さま、ここしか思いつかなかったんだ』とザキロットが選んだのは泉ヶ岳から船形山へのピストン。 まずは泉ヶ岳、北泉ヶ岳をこなして未知の道へ。 じっちゃんの○ンタマクラ位のふかふか道がお出迎え。 最初の方もこれが山道ですよね。という吉道寄りの道が続いていました。熊の平までは。 ここからはクマザサ祭り。 サブちゃんもびっくりの祭りぶりに思わず面を食らいます。 その後は三峰山と蛇ヶ岳は道狭凄藪と残雪が交互にやって来る道。 なかなかに精神を削られた後に訪れる絶景。来た甲斐があります。 その上、往路は三峰・蛇・船形と結構な傾斜感にも足パワーが持っていかれました。 何とか船形山へ到着。 1泊するのによさそうな小屋もあり、景観も良い感じ。良い山です。 そしてこの後でわかりました。キツいのは累計2000mを越える登りなんだと。 まだまだクソザコナメクジハイカーの私にはここが現在の限界値なんだと。 帰りは凄藪、ササ祭りを越えラスボスの北泉ヶ岳の最後の登り。 ここが丁度累計2000m越え。傾斜も含めかなり厳しい登りとなりました。 それでも何とか登頂。 ここからはもう何も怖くない! 完全ティロフィナーレ状態で降っていき本日の山行終了。 まあそれはそれとして、今回密かに目標としていた9時間台での山行は叶いませんでした。 トレッキングポールを使っていたらいけたのかな。。。でも凄藪では無力か。。。? 上には上がいる。 世界は広い。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。