南木曽町を一周トレイル

2016.05.01(日) 08:24 - 2016.05.01(日) 13:56
Nagisodake (Nagano, Gifu)
二時間ちょっとで行ける山を探してみなさんの記録を参考に南木曽岳。 残雪のアルプスが絶景のはずと期待しては見たものの霞んで遠景は望めずでしたが 昔の仕事で南木曽町はお客さんでしたから馴染みの街並みを走ってみました じつは妻籠宿に行ったことなかったので寄り道もできました。 それにしても登りの急登りには参った参った、半袖なのに汗が噴き出す噴き出す! 南木曽駅側に下山、こちらのコースは水楢の巨木がいっぱいでオズの魔法使いに出てきそうな 面白い形の木がたくさんです、里にはウスバシロチョウがたくさん舞っていて何とか写真に撮ろうと 奮闘、30分粘ってやっと菜の花に留ってくれました。 ロードで頭に何か落ちてきたので手で払うとシャツの中にっ、「カメムシやん」ってことで Tシャツがくさくさになっちゃいましたが登山口下のあららぎ温泉ですっきりできました。 GWの行楽はおしまい。

写真

ここからスタートです

ここからスタートです

自然探勝園?

自然探勝園?

上の駐車場は満車です

上の駐車場は満車です

新しい芽も元気に伸びています

新しい芽も元気に伸びています

こっこさんの写真にあった木の階段

こっこさんの写真にあった木の階段

林道が続く

林道が続く

白い花がいっぱい

白い花がいっぱい

このときはまだ急登が待ち構えていることは知りません

このときはまだ急登が待ち構えていることは知りません

木曽の山らしい林

木曽の山らしい林

今日は下りには行けません

今日は下りには行けません

水楢?いろんな根っこがあります

水楢?いろんな根っこがあります

こうして階段を作ってくれてなかったら登れません

こうして階段を作ってくれてなかったら登れません

どれが高野槇なのかわからん

どれが高野槇なのかわからん

鎖場が続きます、汗だく

鎖場が続きます、汗だく

山頂、何にもないぞ。

山頂、何にもないぞ。

御岳山とか見えるらしい

御岳山とか見えるらしい

白い花が群生いてます

白い花が群生いてます

きれいなトイレ

きれいなトイレ

看板のように

看板のように

山々が見えるはずです

山々が見えるはずです

が今日は見えません

が今日は見えません

場所ごとに

場所ごとに

こんなに植生が違います

こんなに植生が違います

表

裏

さて休憩終わり!って立ち上がりそう

さて休憩終わり!って立ち上がりそう

何見てんだよ!

何見てんだよ!

ハンバーガー石って?

ハンバーガー石って?

鼻

樹齢400年の水楢

樹齢400年の水楢

大きさが写真ではわかりません

大きさが写真ではわかりません

おーっっっ!

おーっっっ!

がぉーっ

がぉーっ

楽しい楽しい下りのはじまり

楽しい楽しい下りのはじまり

この森は夜に来たら怖いぞっ

この森は夜に来たら怖いぞっ

エイリアン1

エイリアン1

エイリアン2

エイリアン2

エイリアン3

エイリアン3

エイリアン4

エイリアン4

エイリアン5

エイリアン5

春なのに秋しゃけって

春なのに秋しゃけって

異種格闘技

異種格闘技

撮ってみた

撮ってみた

撮ってみた2

撮ってみた2

エイリアン6

エイリアン6

中年のおじさん、脚が三本?

中年のおじさん、脚が三本?

索道のレールが張ってある

索道のレールが張ってある

南木曽駅側に下山

南木曽駅側に下山

紅シジミ、こっちをじっと見ている

紅シジミ、こっちをじっと見ている

今年は出会えたウスバシロチョウ

今年は出会えたウスバシロチョウ

もう田んぼに水張ってある

もう田んぼに水張ってある

春ならではの風景

春ならではの風景

オダマキも花盛り

オダマキも花盛り

こいのぼりと南木曽山

こいのぼりと南木曽山

狛犬っていろんな顔してます

狛犬っていろんな顔してます

左は口開けているのかなぁ

左は口開けているのかなぁ

今年も最後の八重桜

今年も最後の八重桜

妻籠宿に立ち寄り

妻籠宿に立ち寄り

スズランのきれい

スズランのきれい

行楽の人たちがいっぱい

行楽の人たちがいっぱい

ちょっとしたことで古さって表現できるんですね

ちょっとしたことで古さって表現できるんですね

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。