蓬莱山(キタダカ道~打見山~蓬莱山~小女郎ヶ池)

2016.05.01(日) 06:52 - 2016.05.01(日) 12:21
ゴールデンウイークどこ行こうか悩んだ末、蓬莱山の水仙を見に行きました。渋滞や山頂の混雑を避けるため7時に登山開始。登りのキタダカ道はハイキングっぽいルートで、逆に小女郎峠からの下りルートは比良っぽい岩ゴロ、新緑、水を感じることができた気持ちのいいルートでした。目的の水仙には圧倒されました。すごくいい旅ができました。

写真

琵琶湖バレー駐車場は有料なので志賀駅近くの清林パークに駐車。もちろん無料です。

琵琶湖バレー駐車場は有料なので志賀駅近くの清林パークに駐車。もちろん無料です。

もう目の前には目指す蓬莱山がみえます。

もう目の前には目指す蓬莱山がみえます。

湖西道路沿いをしばらく歩いて左側の登山道へ。

湖西道路沿いをしばらく歩いて左側の登山道へ。

最初の分岐。キタダカ道は右手へ。

最初の分岐。キタダカ道は右手へ。

気持ちのいい林道です。

気持ちのいい林道です。

堰堤登場。右側から巻道あります。

堰堤登場。右側から巻道あります。

ルート上に倒木!根元からバッキって感じ。ルートは御覧の通りしっかりしてます。

ルート上に倒木!根元からバッキって感じ。ルートは御覧の通りしっかりしてます。

天狗杉。確かにでかい!

天狗杉。確かにでかい!

空と緑が気持ちいい~

空と緑が気持ちいい~

ルートの雰囲気変わってきました。

ルートの雰囲気変わってきました。

いい眺め~

いい眺め~

気が付けば打見山のゴンドラ駅が見えます。

気が付けば打見山のゴンドラ駅が見えます。

クロトノハゲ分岐。右が木戸峠へ、左の打見山方面に進みます。

クロトノハゲ分岐。右が木戸峠へ、左の打見山方面に進みます。

Dai!Dai!(行け、行け)

Dai!Dai!(行け、行け)

琵琶湖~。でもこの高度感がちょっと怖い。

琵琶湖~。でもこの高度感がちょっと怖い。

ゴンドラ駅が見えてきました。何とか営業前に間に合いそうです。

ゴンドラ駅が見えてきました。何とか営業前に間に合いそうです。

打見山頂。

打見山頂。

楽しそう~。さあー遊ぶぞ!

楽しそう~。さあー遊ぶぞ!

これが噂のスカイウオークか。意外とこじんまりしてるな。

これが噂のスカイウオークか。意外とこじんまりしてるな。

マウンテンホーク。これは怖そうや。

マウンテンホーク。これは怖そうや。

公園とハンモック。

公園とハンモック。

これがやりたかったのです。あ~心地よくて寝そう。

これがやりたかったのです。あ~心地よくて寝そう。

水仙まつり。すごい迫力で圧倒されます。

水仙まつり。すごい迫力で圧倒されます。

お~、水仙たちがみんなこっち見てる~。

お~、水仙たちがみんなこっち見てる~。

上から眺めるとこんな感じ。

上から眺めるとこんな感じ。

こんにちは!

こんにちは!

水仙たちは名残惜しいのですが蓬莱山につきました。

水仙たちは名残惜しいのですが蓬莱山につきました。

200名山の武奈ヶ岳が奥にみえます。

200名山の武奈ヶ岳が奥にみえます。

小女郎ヶ池方面の稜線あるきスタート。

小女郎ヶ池方面の稜線あるきスタート。

途中振り向いたところ。低笹がいいね。

途中振り向いたところ。低笹がいいね。

この分岐を右へ。下山は左へ。

この分岐を右へ。下山は左へ。

小女郎ヶ池に到着。ここで池を眺めながらランチタイム。

小女郎ヶ池に到着。ここで池を眺めながらランチタイム。

おっ、なんかいる。

おっ、なんかいる。

小女郎峠からの下りは岩ゴロの下り。落石に気をつけて下ります。

小女郎峠からの下りは岩ゴロの下り。落石に気をつけて下ります。

なぜか自転車ありました。

なぜか自転車ありました。

相変わらず岩ゴロルート。でもこの感じが比良っぽくていいね。

相変わらず岩ゴロルート。でもこの感じが比良っぽくていいね。

ルート幅がせまいとこには虎ロープあり。でも使わなくても全然大丈夫。

ルート幅がせまいとこには虎ロープあり。でも使わなくても全然大丈夫。

最初の渡渉。

最初の渡渉。

渡渉しながらパシャリ!

渡渉しながらパシャリ!

いや~ほんと気持ちいい。

いや~ほんと気持ちいい。

2回目の渡渉ポイント。渡渉したところでパシャリ。

2回目の渡渉ポイント。渡渉したところでパシャリ。

渡渉後、堰堤の左側を越してきます。

渡渉後、堰堤の左側を越してきます。

滝手前の渡渉ポイント。このあたりはテープとペンキを頼りに進みます。

滝手前の渡渉ポイント。このあたりはテープとペンキを頼りに進みます。

薬師滝。ちょっとルートを外れて滝の近くへ。

薬師滝。ちょっとルートを外れて滝の近くへ。

マイナスイオン全開で~す。

マイナスイオン全開で~す。

登山口までおりてきました。

登山口までおりてきました。

林道をあるいて清林パークへとむかいました。

林道をあるいて清林パークへとむかいました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。