熊野古道 大辺路 4泊5日 完全踏破 闘鶏神社(田辺)~補陀洛山寺(那智)

2024.04.27(土) 5 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 48
休憩時間
21
距離
16.1 km
のぼり / くだり
207 / 205 m
4
5
1 9
8
22
1
11
43
34
21
15
DAY 2
合計時間
7 時間 36
休憩時間
13
距離
24.6 km
のぼり / くだり
1062 / 1065 m
7
1
5
1 13
17
1
37
10
2
50
1
22
31
19
26
DAY 3
合計時間
7 時間 7
休憩時間
5
距離
25.1 km
のぼり / くだり
1123 / 1114 m
41
16
3
5
15
8
13
5
6
5
25
16
7
12
22
14
DAY 4
合計時間
9 時間 51
休憩時間
50
距離
32.1 km
のぼり / くだり
673 / 678 m
16
15
25
10
16
1
1
6
6
39
13
1 12
8
29
4
34
26
DAY 5
合計時間
5 時間 12
休憩時間
0
距離
15.2 km
のぼり / くだり
498 / 500 m
13
12
12
38
2
16
28
17
31
55
36

活動詳細

すべて見る

動画 前編https://youtu.be/ihGylHhCcRg    中編https://youtu.be/oPiVAsQ2dVs   後編https://youtu.be/vpv6X8EG_Xc   熊野古道は小辺路、中辺路と歩いてきた。小、中ときたら大だ! つまり大辺路。 大辺路は紀勢本線に沿っているので、電車をフル活用。前半2泊は周参見。後半2泊は串本でその都度電車で移動しトレイル再開することに。 ■Day1(4月27日) 紀伊田辺駅→紀伊富田駅 16.1キロ。時間4:48(休憩普通) この日の流れ 紀伊田辺駅   ↓ 行動 16.1キロ。時間4:48 15:28紀伊富田駅   ↓ 電車240円  15:51紀伊田辺駅   ↓ 車 周参見のホテル 紀伊田辺駅近くの有料駐車場に車を止めスタート。 ロード歩きのため日常使いのスニーカーて歩く。 まずは闘鶏神社でお参り。旅の無事を祈願。 いくつかの神社を経由し紀伊富田駅で終了。 帰りの紀伊田辺駅行きの電車で乗り合わせた二人組。その後同じ日程で大辺路を歩くこととなる。毎日どこかで会う唯一のハイカー。 彼らは到着地点で宿を手配していました。 ■Day2(4月28日) 紀伊富田駅→周参見 24.6キロ。時間7:36(休憩普通) この日の流れ 周参見のホテル   ↓ 車 8:35周参見駅(無料駐車場あり)   ↓ 電車330円 9:00紀伊富田駅   ↓ 行動 24.6キロ。時間7:36  周参見駅   ↓ 車 周参見のスーパー翌日の行動食買い出し   ↓ 車 周参見のホテル この日のハイライトは安居の渡し船。予約制で午前と午後決まった時間に予約があるときに運行 私は13:30に予約をしそれに合わせて遅めの出発。   紀伊富田を9時にスタート。この日のコースが高低差が一番きつくなかなかハード。 まずは富田坂を越える。時間通りに安居の渡し場へ到着。 すでに船頭さんがスタンバイ。500円を払い船に乗る。 船頭さんがいい人で道のことなど詳しくおしえてくれた。 ありがとうございました。 渡し舟は旅感があっていい! 時間が合えばぜひ! 渡った後は仏坂を越えて周参見王子神社へ。 ■Day3(4月29日) 周参見→田子 25.1キロ。時間7:07(休憩ほぼ無し) この日の流れ 周参見のホテル   ↓ 車 周参見駅(無料駐車場あり)   ↓ 行動 25.1キロ。時間7:07 14:16田子駅   ↓ 電車420円 周参見駅   ↓ 車 串本のホテル   ↓  串本駅周辺で買い出し&飲食 今回のコースで一番気に入った区間。 長井坂の版築の道や景色もよく気持ちのいい道。 だがあまりのんびりも歩いていられない というのも田子駅、14時台の電車を逃すと17時台まで3時間待ちとなるためだ。 無事14時台の電車に間に合い周参見に戻り、車で串本のホテルへ向かう。 途中、道の駅すさみに寄り道。お土産を買い込む。串本駅近くにはスーパー、コンビニもあり翌日の行動食を購入。居酒屋で一杯飲み就寝。 ■Day4(4月30日) 田子→紀伊浦神駅 32.1キロ。時間9:51(休憩多め) この日の流れ 串本のホテル   ↓ 徒歩 5:49串本駅   ↓ 電車240円 6:03田子駅   ↓ 行動 32.1キロ。時間9:51  16:32紀伊浦神駅   ↓ 電車330円 串本駅   ↓  串本周辺で買い出し&飲食 ホテル 始発で田子駅に。一番長い1日の始まり ロード区間が長いのと疲れも溜まってきた。 二人組と合う。しばらく一緒に歩き、私は前日の疲れもあり、ゆっくり行きますよ!と挨拶し別れる。目星をつけていた食堂でランチ。生シラス丼に舌鼓。 古座駅にはmont-bellがある。前から欲しかったガベッジバッグを購入。 古座川沿いにある「弁当たちばな」さんに寄り道。ソフトクリームを購入。気さくなお母さんが休んでいってと案内されたのは店の前に建てた休憩所。聞くとハイカーのために建てたと。 エアコン付きの室内にはテーブルと椅子が置いてあり、昼休憩に最適!靴も脱げて疲れた足には嬉しい。 紀伊浦神駅まで何とか歩き電車で串本へもどる。 次の紀伊田原駅で乗り込んでくる二人組にまたまた遭遇。 俺はいつ抜いたんだ?と思いながら明日の話をし彼らは古座駅で降りていった。 翌日雨予報だったので浦神まで歩けたのは大きい。 ■Day5(5月1日) 紀伊浦神駅→那智駅 15.2キロ。時間5:12(休憩ほぼ無し) この日の流れ 串本のホテル   ↓ 車 7:11那智駅(無料駐車場あり)   ↓ 電車240円 7:30紀伊浦神駅   ↓ 15.2キロ。時間5:12  那智駅   ↓  帰路に着く 那智駅に車を置き、紀伊浦神駅まで移動。 雨の中スタート。二人組とは駅一つ分違うので今日は会うことないだろう。 歩き続け峠を越え集落に出るのだが、雨で座ることができない。大辺路はベンチや東屋がほぼないのだ。やっと神社の門下で雨をしのぐことがてきた。 道中、「ゆりの山温泉」という昔ながらの公衆浴場がある。当初よる予定だったがずぶ濡れの衣服を脱ぎ着するのが億劫で入らず通過。 最後の峠、駿田峠の切通しが迫力満点! 一気に那智、ゴール地点の補陀洛山寺へ 長い旅を終える。 那智駅に置いてある車に行き、温泉セットを手に駅前の温泉に行くもまさかの営業時間前。 愕然とする。先ほど通過したゆりの山温泉を思い出し車で向かうことに。 温泉に向けて車を走らせていると、雨に打たれて信号待ちをしている二人組を発見! 無事ここまで来たんだ!と嬉しくなった。 というのも長いトレイル中、二人組以外に一人も合わなかったからだ。 温泉にゆっくりつかり家路についた。 [総評] 序盤は山、周参見からは海を望むルートが多く気持ちよく歩ける。 印象に残った場所 2日目 草堂寺から富田坂に入る道、安居の渡し船、 3日目 馬転坂からの眺望.長井坂の版築の道、六坊浜の海の道。 4日目 海の綺麗さ。鬮野川沿いの高速道路の工事現場とのどかな風景、古座川の風景。弁当たちばなのお母さん。 5日目 駿田峠の切通し。補陀洛山寺 私の印象だと半分くらいはロード歩き。足にかなりの負担がかかるので靴選びが重要。 私はHOKAの厚底ソールだったので比較的良かったかな。 毎日クタクタになったが予定通り歩ききった達成感がある! 1日が終わると海の幸で酒がうまく、温泉で1日の疲れを癒やす。 行く先々での人情もあり大満足のトレイルとなった✌️

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。