鈴鹿山脈「御在所岳~鎌ケ岳周回」

2016.04.30(土) 日帰り
朝日ライナー
朝日ライナー

5月のGWは初孫の顔を見に名古屋へ行こうかどうしようか悩んでいた。 道路渋滞に巻き込まれるのは嫌だし(^^♪ 天気予報は?新潟県内は悪そう、名古屋方面は良さそう 連れは行かないとのことで一人だと山に登れる、おっラッキー! 名古屋に行って山に登ろうと決めました。ついでに孫の顔を見に‥(^-^;) この時点で主が逆転 さて、どこの山が良いか? 新潟から名古屋に向かいアクセスの良い山 登るなら新潟から普段行けない遠い山が良い 最初に思いついたのは大台ケ原~有名な大蛇嵓は入山許可が必要、一週間前締め切りで没 次に、恵那山~中央道でアクセス良いが渋滞に巻き込まれそうで没 北陸方面で、白山、荒島岳、伊吹山 そんな時頼りになるヤマップ 朝日ライナーをフォローしていただいている方の活動日記を見ると御在所岳の記録が目についた アカヤシオが見頃らしい、奇岩もあり何か楽しめそうな山だ で、宿泊をどうするか?テント場は?山小屋は?最悪車中泊も‥ 御在所山の家素泊まり2500円、更に「モ〇ベ〇」会員10%オフ 前泊、後泊の二泊して御在所岳に登ろうと宿を予約しました 4月29日早朝二時前に愛車で出発、前夜遅くまでの仕事を終え未だ寝ていません 名古屋に行くには松本経由で中央道が最短距離なのですが、渋滞に巻き込まれるのがいやなので 北陸道経由です。出発して30分あまり、すぐ眠くなり米山SAで二時間弱ほど車中で仮眠します 仮眠のおかげで元気になり、そこからひたすら南下します 琵琶湖近く日の出を迎へ空が明るくなって来ました そして高速道から伊吹山がデーンと見えます 時間は未だ早い、予定では今日は宿まで辿り付きさえすれば良いと思っていました この時間だと足慣らしに登ってからでも夕方には宿に着けそうだと判断して 初日は伊吹山に登ってきました 日本百名山、非常に寒い日でしたが沢山の登山者がおりました この時期なので花も少なく、足慣らしにしかならなかったです なのでヤマップ公開は無しです ちなみにコースタイムは 登山口(9:55)…山頂(12:06-20)…登山口(14:14) 登りはガンガン登って、下山はゆっくりめでした。 下山後、宿手前の温泉施設で汗を流し無事宿に到着 宿で翌日のコースを検討、御在所岳から鎌ケ岳を周回しよう決めました 登山口は宿からすぐ下に登山口がある中道経由です 負ばれ石、地蔵岩など奇岩を楽しみながら登り 圧巻は8合目の岩場からのアカヤシオ咲く山肌の眺望が見事でした 時間もあるので国見岳をピストン 戻ってきて山上公園の見晴台に行くと、まだ9時前なのにロープウェイが動き始めました 観光客が登ってくる前に山頂へ 山頂で少し腹ごしらえをして鎌ケ岳に向かいます 武平峠への下っていくと、徐々に登山者とのすれ違いが多くなってきました 鎌ケ岳への山頂直下、巻道を登らず鎖場の急登をよじ登り山頂へ 山頂でゆっくりランチをして眺望を楽しみます 下山時、数回のルートミス 三口谷へ下りる予定が長石谷へ下ってしまい登り返し その後も三度ほどルートミスしましたが無事下山 アカヤシオ咲く山肌の美しさ、奇岩、新緑、清流と、変化に富んだコースをたっぷりと楽しめました 後泊して、早朝伊勢神宮にお参りしたのち名古屋へ 初孫とご対面して帰りました 帰りは中央道松本経由、心配していた渋滞もなくスムースに帰れました。 三日間の総距離1300㎞ 二か月後のETC支払いはどんなか?

負ばれ石

負ばれ石

負ばれ石

地蔵岩

地蔵岩

地蔵岩

キレット

キレット

キレット

8合目

8合目

8合目

ここからの眺望が最高でした

ここからの眺望が最高でした

ここからの眺望が最高でした

国見岳へ向かう

国見岳へ向かう

国見岳へ向かう

青空に映えるアカヤシオ

青空に映えるアカヤシオ

青空に映えるアカヤシオ

国見岳山頂

国見岳山頂

国見岳山頂

石門

石門

石門

御在所岳山頂

御在所岳山頂

御在所岳山頂

鎌ケ岳山頂

鎌ケ岳山頂

鎌ケ岳山頂

お世話になった小屋
22/22

お世話になった小屋

お世話になった小屋

負ばれ石

地蔵岩

キレット

8合目

ここからの眺望が最高でした

国見岳へ向かう

青空に映えるアカヤシオ

国見岳山頂

石門

御在所岳山頂

鎌ケ岳山頂

お世話になった小屋