Mt.FUJI100 2024

2024.04.25(木) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
38 時間 46
休憩時間
7
距離
166.8 km
のぼり / くだり
7786 / 7617 m
4 31
1 20
20
32
37
3 8
28
17
1 1
44
40
34
3
33
29
3 25
18
1 21
1
7
3
1 16
31
33
20
20
6
29
9
53
16
15
12
13
8
37
14
1 24
2 40
38
16
1
1 55

活動詳細

すべて見る

Mt.FUJI100を走って(歩いて)きました・・・ 大会11日前に ハードな内出血伴う捻挫やらかしてFUJI100終わった・・と思ってましたがいろんな治療などでちょっとは復活したので最悪でもスタートに立ち最初のエイドまで・・できれば富士宮焼きそばのある麓エイドまで・・とWAVE1の最後尾からスタート。 F1富士宮までは足は問題なかった。が、天子ケ岳の繰り返すハードトレイルに麓に着いたときはソコソコ痛みが出てきた。次の精進湖でDNFしよう・・とスタート 精進湖まで着いたら次はドロップあるしリタイヤバス乗らなくてすむので頑張ろ~とスタート ここは最後のロードが地獄でした。ドロップに入れていた玉子雑炊など食べてロキソニン飲んだらちょっと元気になったので山中湖まで行くことにしましたがここから平地以外は全部歩きに。時間的には全部歩いても仮眠とかしなきゃ帰れるはず・・と 最後の石割山・杓子山への登りはよかったけど下りにはいっていよいよ足の痛みは激しくなり急斜面は横向きで降りることに。もちろん全歩きで最後のエイド富士吉田着 ここまで来て止めれない。最後の霜山に向かう。この霜山、延々と急斜面が続くが下りよりは登りの方が痛くないので下りなければいいのに・・と思ってました。下りに入って痛みはMAX ロキソニンもまったく効かない。狭い走れる気持ちい下りトレイル KAIの選手も増えて狭いトレイルをヨボヨボ下るのは申し訳ないが止まってると戻れないのでゆっくり降りる。 足引きずってる私を心配してか声をかけてくれる選手も多く申し訳なかった。特に急ぐKAIの選手には。スマン 最後のゴールまでの登りは本当にゆっくりしか歩けなかった。右足首はパンパン、それをかばった左は大腿四頭筋終了、木につかまりながら下ったので腕もパンパン(^^;まさにボロボロ。最後は富山のランナーさんと話しながら歩いてゴールへ。最後の50mだけいかにも元気そうに走りました。 どこかのトレイルで私を見てたスタッフからも 帰ってこれましたね!言っていただきウルっときました。 一度も寝ず、一度も座らず、エイドは素早く出て、なるべく速く歩いて、常に楽しい事だけ考えて旅しました。 結果的に本当に楽しかったです。 やはり一度は出るべき大会ってのがよくわかりました。 今回は過去一 不安とキツさと痛み、その代わり他のランナーや大会スタッフ・ボランティア、周りの仲間たちの優しさとありがたさを感じるレースとなりました。 夜中0時スタートはやめてよ~的 な声を多く聞いたけど 私はこれは良いんじゃないかな・・と最初の長い林道とかも気にならないし スタートも幻想的で私は好きです。 お祭り終わったのでしばらくおとなしく回復に努めます

長者ヶ岳・天子ヶ岳 前日エントリーして待望の河口湖スワンボート満喫
前日エントリーして待望の河口湖スワンボート満喫
長者ヶ岳・天子ヶ岳 レンタサイクルでサイクリング
レンタサイクルでサイクリング
長者ヶ岳・天子ヶ岳 緊張感出てきた
緊張感出てきた
長者ヶ岳・天子ヶ岳 有名選手がズラリと並ぶWAVE1の最後尾からスタート
有名選手がズラリと並ぶWAVE1の最後尾からスタート
長者ヶ岳・天子ヶ岳 送電線渋滞 脚温存派としてはありがたい渋滞。その後 集団ロスト発生。
ガーミンの警告でホンの少しで済んだ
送電線渋滞 脚温存派としてはありがたい渋滞。その後 集団ロスト発生。 ガーミンの警告でホンの少しで済んだ
長者ヶ岳・天子ヶ岳 ダイヤモンド富士もどき
空気が気持ちいい.
しかしこの天子ケ岳の区間キツイ。しかも最後はセーブしてたのに水切れでヒーハー
ダイヤモンド富士もどき 空気が気持ちいい. しかしこの天子ケ岳の区間キツイ。しかも最後はセーブしてたのに水切れでヒーハー
長者ヶ岳・天子ヶ岳 脚は調子悪いが淡々と進む。天子はキッツい。先が思いやられる
脚は調子悪いが淡々と進む。天子はキッツい。先が思いやられる
長者ヶ岳・天子ヶ岳 どこみてもザ・富士。
西日本には無い景色。
どこみてもザ・富士。 西日本には無い景色。
長者ヶ岳・天子ヶ岳 絵になる景色。脚の痛みも忘れる(一瞬だけ・・)
絵になる景色。脚の痛みも忘れる(一瞬だけ・・)
長者ヶ岳・天子ヶ岳 竜ヶ岳もなかなかのパンチ力。鏑木さんと少し話す。いろんな大会でも自身が最後尾から走ってきてくれてうれしくもあり凄いなぁと。
竜ヶ岳もなかなかのパンチ力。鏑木さんと少し話す。いろんな大会でも自身が最後尾から走ってきてくれてうれしくもあり凄いなぁと。
長者ヶ岳・天子ヶ岳 意外にも下部の森も素晴らしかった。樹海っていうのがよくわかる
意外にも下部の森も素晴らしかった。樹海っていうのがよくわかる
長者ヶ岳・天子ヶ岳 まだ捻挫も治ってなく 2週間丸々走らずに本番。足首もだが四頭筋も終わりが見えてきた。ヤバし。このテーピングははがれにくくてヨロシ
まだ捻挫も治ってなく 2週間丸々走らずに本番。足首もだが四頭筋も終わりが見えてきた。ヤバし。このテーピングははがれにくくてヨロシ
長者ヶ岳・天子ヶ岳 杓子山の登り 私の時は特に渋滞はなかったもののその後 KAIのボリュームゾーンと重なった時間帯は大渋滞だったらしい。
杓子山の登り 私の時は特に渋滞はなかったもののその後 KAIのボリュームゾーンと重なった時間帯は大渋滞だったらしい。
長者ヶ岳・天子ヶ岳 鐘ならした!満足
しかしもう下りは足首全体が痛くて走るのは不可能に。全歩きで完走目指す。ここからはメンタル勝負だ!
鐘ならした!満足 しかしもう下りは足首全体が痛くて走るのは不可能に。全歩きで完走目指す。ここからはメンタル勝負だ!
長者ヶ岳・天子ヶ岳 ラストエイド もう一歩歩くたびに右足の甲から脛骨まで激痛。メンタルはまだなんとか維持
ラストエイド もう一歩歩くたびに右足の甲から脛骨まで激痛。メンタルはまだなんとか維持
長者ヶ岳・天子ヶ岳 ヨロヨロになりながら、しかし一緒に歩いてくれた富山ランナーと共にゴール。生きて帰れた。結局仮眠はもちろん 一睡も、一度も座ることなく歩き続けた。
なんとかなるもんだ。
ヨロヨロになりながら、しかし一緒に歩いてくれた富山ランナーと共にゴール。生きて帰れた。結局仮眠はもちろん 一睡も、一度も座ることなく歩き続けた。 なんとかなるもんだ。
長者ヶ岳・天子ヶ岳 ゴールのフォトスポット、この商売は卑怯だな(^^;痛みでまっすぐ立てないボロボロの状態で撮ってもらった。つい買ってしまうよな。高解像度も後からダウンロードできるらしいし遺影にしよう
ゴールのフォトスポット、この商売は卑怯だな(^^;痛みでまっすぐ立てないボロボロの状態で撮ってもらった。つい買ってしまうよな。高解像度も後からダウンロードできるらしいし遺影にしよう

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。