陣馬山から高尾山へ

2016.04.30

活動詳細

詳しく見る
久しぶりのちゃんとした山歩きということもあり、今回はロングコースでありながらも比較的のんびりを楽しめる、陣馬山から高尾山のルートを歩くことにしました。 この時期に歩くことが少ないこのルートですが、新緑を楽しみつつ歩けるので、なかなか気持ちが良かったです。 スタートは「陣馬高原下」のバス停から。 バス待ちの長い行列で、高尾駅からのバスは定期便と同時に臨時便も運行していました。さすがはGWと言う感じ。 だいぶ以前(少なくとも10年以上は前)は、舗装された車道をひたすら和田峠まで歩くか、明王峠付近の稜線に一旦上がって陣馬山をピストンする感じでしたが、今は車道を離れて樹林帯を登り、山頂を目指すルートが作られました。それ以来このルートを歩いていますが、この最初の登りがなかなかキツイと、いつも感じます。  陣馬山まで登ってしまえば、あとは稜線漫歩と言う感じ。 ところどころに急な登り下りもありますが、のんびり歩ける楽しいコースです。 途中に小さなピークは、疲労度や気分で巻いて進む事も出来ます。 ・・・と、言いながらも、今回は最後の高尾山の階段の登りで、両足のひざ裏を攣ってしまいました。 初めての経験・・・一気に足腰の衰えが来たのか?いや、ここは日頃の運動不足ということにしておこうか。 高尾山からの下りは最短の1号路で下り、ケーブルカーかリフトで降りてしまおうと軟弱なことを考えていましたが、そばまで来てその人の数の多さに圧倒され、結局歩くことに。 「こんなんだったら、他のルートから降りりゃよかったよな」と思いつつ、30分ほどの急な舗装路を歩いたのでありました。
スタートは陣馬高原下から。雰囲気のある集落です。
しばらく続いた車道を離れ、登山道に入ります。
樹林帯の急斜面をひたすら登ります。
和田峠からの登山道との合流点付近の花畑。
陣馬山山頂から富士山。久しぶりに雲に隠れていない富士山を見ました。
陣馬山といえば、この写真。
次は陣馬山から景信山へ。北側が自然林、、南側が植林帯。ここを歩くたびに、その対比が面白いと感じます。
明王峠。要所要所にこうした茶店があるところが、このルートの嬉しいところ。
景信山。山頂は人でいっぱいでした。
景信山から東側の展望。今日は昼時でも比較的展望が効きました。
小仏城山を目指します。ここから先のルートは2か月ほど前にも歩いたばかり。
小仏城山にも茶店が2軒あります。ここも人でいっぱい。高尾山が近付くにつれ、人の数も増えて行くような。
新緑と春モミジと桜、三色のコントラスト。
次は本日最終のピーク、高尾山へ。
一丁平で一休み。少し先に展望台があり、そこでのんびり過ごすのもおすすめ。
高尾山山頂。山名標識の前には記念写真を撮るための行列ができていました。
結構、足に来ていたので、最短の1号路を下ることにしましたが、とにかく人の数が多い。
高尾山薬王院。今年に入って2度目のお参り。
ケーブルカー乗り場近くから南東方面を展望。午後3時を回った時刻でも遠望が楽しめました。
高尾山口の駅近くのメインストリートも観光客でいっぱい。さすがはGWの連休と言う感じ。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。