宮妻峡~水沢峠~鎌ケ岳~カズラ谷周回コース

2016.04.30(土) 08:17 - 2016.04.30(土) 15:45
鈴鹿セブンMt3座目にやって来ました。 さすがにG.Wらしく、警察官と役所?の人たちが来ていて安全指導をやっていました。 アンケートに答えて、登山届を提出します。塩飴を一粒頂きました(^^;)、ご苦労様です。 今日は自分にとってはちょっと距離の長い周回コースですが、一番人が少なそうなところという事で選んだらココになってしまったというのが理由です。それでも8時半で30台は越えていたようです。 長い林道歩きから登山道へ、水沢コースは変化に富んだアスレチックコース、普通に行けますが、万が一を考えると命の危険を感じるところが2か所ありました。 山頂へ向かう岩場も台高の兜岳よりは緩いし、階段状にルートが出来ているので自分でも不安なく登る事が出来ました。 アカヤシオ(だと思います)は8合目くらいから増えて多数見ることが出来ました。でも盛は過ぎている感じでした。 相変わらずコースタイムは大幅超過なんですが、これは写真に時間を取られているため、そういう事にしておいて下さい(^^;)

写真

検問?いいえ安全指導です。

検問?いいえ安全指導です。

カズラ谷登山道は帰り道のため直進

カズラ谷登山道は帰り道のため直進

新緑がまぶしい

新緑がまぶしい

水沢岳登山道入り口、林道歩き約40分

水沢岳登山道入り口、林道歩き約40分

新芽

新芽

樹林帯の登山道、この辺はまだ余裕

樹林帯の登山道、この辺はまだ余裕

新緑を愛でて

新緑を愛でて

マムシというよりコブラ?

マムシというよりコブラ?

だんだん、ガレ場が多くなる

だんだん、ガレ場が多くなる

土がジメジメで花もこの辺から

土がジメジメで花もこの辺から

君の名は?

君の名は?

ザレザレだけどまだ足場がある。

ザレザレだけどまだ足場がある。

手がかりなく、わずかな窪みに足を乗せて登る

手がかりなく、わずかな窪みに足を乗せて登る

下は奈落、(◞‸◟)

下は奈落、(◞‸◟)

きのこ岩、巻き道あるけど奈落の底あり、かえって怖いような

きのこ岩、巻き道あるけど奈落の底あり、かえって怖いような

ここからは気持ちの良い稜線歩き

ここからは気持ちの良い稜線歩き

風景もきれい

風景もきれい

アカヤシオ?も増えてきます

アカヤシオ?も増えてきます

咲き乱れ、ピークは過ぎてる感じ

咲き乱れ、ピークは過ぎてる感じ

いつも可憐なハルリンドウ

いつも可憐なハルリンドウ

手前の赤い花がこれからの感じでした

手前の赤い花がこれからの感じでした

岩場とアップダウンが激しくなります

岩場とアップダウンが激しくなります

ヤマツツジ?

ヤマツツジ?

岩場を好む花のようです

岩場を好む花のようです

鎌ケ岳が近くなってきました

鎌ケ岳が近くなってきました

突然吹き出した強風のせいか雲も乱れる

突然吹き出した強風のせいか雲も乱れる

北側山稜

北側山稜

員弁?の市街

員弁?の市街

岳峠分岐

岳峠分岐

山頂直下までもうすぐ

山頂直下までもうすぐ

山頂の右側を登ります

山頂の右側を登ります

山頂到着、大勢の人々、早々に帰路へ

山頂到着、大勢の人々、早々に帰路へ

帰路はカズラ谷へ

帰路はカズラ谷へ

こちらも8合目くらいまで花いっぱい

こちらも8合目くらいまで花いっぱい

やっと遭遇、イワカガミ?

やっと遭遇、イワカガミ?

美しすぎる…

美しすぎる…

とりあえず緑も

とりあえず緑も

水場と表示があったので補給、そのまま飲んじゃいました(^^;)

水場と表示があったので補給、そのまま飲んじゃいました(^^;)

渓流に降りて渡渉が数回

渓流に降りて渡渉が数回

今日も無事帰還

今日も無事帰還

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。