蓬莱山 ~琵琶湖と満開の水仙~ おまけにスイセンマン

2016.04.30(土) 08:38 - 2016.04.30(土) 15:32
6時過ぎ自宅出発。びわ湖バレイゲート8時着。 ゲート開いたのが8:20くらい。 次回は到着時間もう少し遅くても良さそう(笑) 11番パーキングに駐車。 8:40 キタダカ道から打見山目指します。 天狗杉までは展望なく少し退屈な九十九折。 天狗杉を過ぎると木漏れ日がまぶしく春の山花がちらほら。 ゴンドラの下を通り抜ければ打見山頂。 GW+晴天ということもあり家族連れで大賑わい。 しばし休憩の後、水仙の丘方面へ。 噂通りなかなかの眺め。一面の水仙にうっとり。 ここで「スイセンマン」に遭遇。お腹周りが「スイマセンマン」(^^ゞ 最後の登りを直登し、11:30 蓬莱山頂到着。 眼下には琵琶湖。遠くに伊吹山も微かに望めました。 ランチはカレーうどんにおにぎり投入のカレー雑炊。うまし! 小女郎ヶ池に立ち寄った後、蓬莱山まで戻り金毘羅峠経由でPまで。15:30下山。 山頂から金毘羅峠までは少し歩きにくいですが、一日で周回するにはちょうど良いコースです。 ゴンドラもありリフトも動いているので、小さいお子さん連れでも無理なく、水仙&山頂からの景色を堪能できるコースだと思います。 初めての滋賀遠征登山でしたが、早起きの甲斐ありなかなか楽しめました。 下山後は2~3年ぶりの「比良とぴあ」でまったり~

写真

8:40 11番P横のキタダカ道登山口より打見山頂目指します!

8:40 11番P横のキタダカ道登山口より打見山頂目指します!

「あ~ これかな?」となんとなくわかる天狗杉。

「あ~ これかな?」となんとなくわかる天狗杉。

天狗杉過ぎるとだんだん色鮮やかになってきました。

天狗杉過ぎるとだんだん色鮮やかになってきました。

シャクナゲもちらほらと。

シャクナゲもちらほらと。

番屋岩から望む。

番屋岩から望む。

でかくて目立つ番屋岩。

でかくて目立つ番屋岩。

打見山頂直下からの眺め。足がすくむ・・・ ビビりなので(笑)

打見山頂直下からの眺め。足がすくむ・・・ ビビりなので(笑)

ゴンドラ山頂駅。これなら麓から10分もかからんのかな?

ゴンドラ山頂駅。これなら麓から10分もかからんのかな?

打見山頂から蓬莱山を望む。蓬莱山に向けてリフトも動いてました。

打見山頂から蓬莱山を望む。蓬莱山に向けてリフトも動いてました。

打見山頂。1,108m。

打見山頂。1,108m。

水仙の丘到着。

水仙の丘到着。

おおっと。スイセンマン登場~

おおっと。スイセンマン登場~

一面の水仙。

一面の水仙。

水仙&琵琶湖。

水仙&琵琶湖。

上部からの眺め。下から撮るアングルのほうがいいですね(笑)

上部からの眺め。下から撮るアングルのほうがいいですね(笑)

白いのもあるようで。

白いのもあるようで。

蓬莱山頂。彼岸の鐘。

蓬莱山頂。彼岸の鐘。

山頂から琵琶湖大橋方面を望む。

山頂から琵琶湖大橋方面を望む。

蓬莱山頂。1,174m。

蓬莱山頂。1,174m。

北東方面を望む。右手に写る照明のところが金毘羅峠経由の登山道入口でした。

北東方面を望む。右手に写る照明のところが金毘羅峠経由の登山道入口でした。

小女郎峠経由、小女郎ヶ池到着。

小女郎峠経由、小女郎ヶ池到着。

ちょうど見ごろ。

ちょうど見ごろ。

北から南側をパチリ。

北から南側をパチリ。

小女郎ヶ池から蓬莱山目指し下山開始!偶然「虫」が2匹写りこんでる(^^ゞ

小女郎ヶ池から蓬莱山目指し下山開始!偶然「虫」が2匹写りこんでる(^^ゞ

蓬莱山への道中。

蓬莱山への道中。

ひっそり。

ひっそり。

山桜も満開でした。

山桜も満開でした。

無事下山。キタダカ道登山口はこの標識が目印です。

無事下山。キタダカ道登山口はこの標識が目印です。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。