東吉野村 高見山

2016.04.30(土) 09:08 - 2016.04.30(土) 14:58
たかすみのさと(温泉施設)の駐車場に車を留めて高見山をめざします。駐車場の中にも登山口方面の案内板があり、すぐわかりました。赤橋を渡り直ぐ左方向に登山口がありました。 最初は、緩い林道が続きウォーミングアップには丁度いい感じ。しばらく行くと階段ゾーンに入ります。 勾配は、キツくないのでいい感じで登れますが階段が果てしなく続く様に感じられるのは私だけでしょうか。(階段キライです。f^_^;) コース中程あたりまで来ると、大きな高見杉がお出迎えしてくれます。樹齢約700年とありました。その大きさにしばし見惚れ、写真撮影。 標高1,000m あたりから植林地帯がおわり、展望も徐々によくなってワクワク感が増してきます。 それから国見岩、揺岩、笛吹岩など云われのある岩が出てきますので説明書きを読みながら、なるほどと感心しながら登ります。笛吹岩の辺りは、展望がウワーッと広がっているのでとりあえず写真撮影。 そこから、頂上まではもう一息。頂上は、そんなに広くはありませんが小屋と展望台があり、見晴らしは抜群です。 冬には、霧氷が見られるそうでさぞかし美しいであろう事が想像される様な景色でした。 全体的に勾配はキツくなく、道も危険な所は無かったので初心者でも楽しく登れるように思います。その割にはコースの雰囲気も景色も良く僕的にはいい感じかなと思いました。次の冬には、霧氷をみに来ようと思います。帰りには温泉につかってね。

写真

帰りに温泉に入れるし持って来いです。

帰りに温泉に入れるし持って来いです。

橋を渡って左に登山道があります。

橋を渡って左に登山道があります。

階段地獄。。。

階段地獄。。。

高見杉がお出迎え。

高見杉がお出迎え。

樹齢700年の迫力!

樹齢700年の迫力!

案内板

案内板

三つ葉ツツジが綺麗です。

三つ葉ツツジが綺麗です。

神武天皇がよじ登り四方を見渡した岩だそうです。

神武天皇がよじ登り四方を見渡した岩だそうです。

藤原鎌足公と三回唱えてみましたが岩は揺るぎませんでした。^ ^;

藤原鎌足公と三回唱えてみましたが岩は揺るぎませんでした。^ ^;

視界が開けてテンションUP!

視界が開けてテンションUP!

霧氷の頃に戻ってくると密かに誓う。

霧氷の頃に戻ってくると密かに誓う。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。