大菩薩嶺周回(上日川峠-福ちゃん荘-雷岩-大菩薩嶺-雷岩-大菩薩峠-福ちゃん荘-上日川峠)

2016.04.30(土) 10:09 - 2016.04.30(土) 14:06
大菩薩嶺の周回コースを歩いてきました。天気が良く、富士山もくっきり見えて、最高の山日和でした。 地元駅から電車を乗り継いで甲斐大和駅に着いたのが9時過ぎ。栄和交通さんの駅前バス停には長蛇の列。ここから上日川峠まで楽々移動。2台目のバス(9時20分発)に乗れました(1台目は9時15分頃発の臨時便でした)。この時間、3台投入されたようで、どのバスも補助席含め、満員御礼状態のようでした。車窓に富士山を見ながら10時前に上日川峠のロッヂ長兵衛前に到着。日焼け止めを塗って装備を確認して出発。老若男女、山岳グループ、親子家族連れ、カップル、おじさん数人団体・・・様々な層の方々といっしょに、私は単独で。上り始めて数分で渋滞。おそらく、それほど難しいコースでもなく、東京からも比較的近くアクセスもし易い百名山ということで?なかなかの人出。ゆっくりと登っていき、雷岩にはお昼前に到着。大菩薩嶺往復して雷岩で富士山を正面に見ながらのお昼休憩はサイコー。1時ころに大菩薩峠を目指して再出発。少し風が出てきたのでウールジャケットを着用。歩くと暑いですが、気にせずそのまま着てました。草原?を渡る風を心地よく感じながら大菩薩峠へ。介山荘は休憩や記念写真を撮る人々で混雑。私も山票を記念撮影してそのまま福ちゃん荘を経て再び上日川峠へ。途中、2頭のシカを目撃。いつも2頭でいますよね、シカ。はじめてみたのが奥日光。天城で1日に2回、そして今回。いずれも2頭で出現。2時過ぎにロッヂ長兵衛へ到着。たぶん1/3は休憩していたような気がするのですが、その割に出発して4時間で元の場所へ到着という行程でした。 帰りのバスも満員御礼。帰りはいろいろな場所に止まりながらだったせいか、少し時間がかかったような。2時15分に出発して、甲斐大和駅に着いたのが3時10分ちょっと前でした。

写真

登山道を登りはじめ、ロッヂ長兵衛の上部で振り返った図。

登山道を登りはじめ、ロッヂ長兵衛の上部で振り返った図。

登山道。

登山道。

登山道の周囲はこんな感じ。

登山道の周囲はこんな感じ。

良い天気。

良い天気。

福ちゃん荘に到着。

福ちゃん荘に到着。

唐松尾根分岐。大菩薩嶺への直登コースの峠経由の迂回コースの分岐です。

唐松尾根分岐。大菩薩嶺への直登コースの峠経由の迂回コースの分岐です。

案内図も充実してました。

案内図も充実してました。

福ちゃん荘。

福ちゃん荘。

唐松尾根分岐から大菩薩峠方面を見る。右手の建物はトイレ。

唐松尾根分岐から大菩薩峠方面を見る。右手の建物はトイレ。

木々の様子。

木々の様子。

空が広いです。

空が広いです。

立ち枯れでしょうか。

立ち枯れでしょうか。

皮が剝けて赤茶色の肌が出ているのが特徴ですね。

皮が剝けて赤茶色の肌が出ているのが特徴ですね。

見上げてショット。

見上げてショット。

富士山がよく見えて。

富士山がよく見えて。

富士山、何度も撮ってしまいました。

富士山、何度も撮ってしまいました。

雷岩からまたまた富士山。

雷岩からまたまた富士山。

大菩薩嶺に到着。

大菩薩嶺に到着。

東京都水道局の標識。

東京都水道局の標識。

山梨県の鳥獣保護区です。

山梨県の鳥獣保護区です。

富士山。デカ。

富士山。デカ。

草原の道。。。風が渡って気持ちいい。

草原の道。。。風が渡って気持ちいい。

またまた富士山。雷岩から大菩薩峠にかけては草原の道。道々なんども富士山を激撮。

またまた富士山。雷岩から大菩薩峠にかけては草原の道。道々なんども富士山を激撮。

またまた富士山。

またまた富士山。

またまたまた富士山。

またまたまた富士山。

富士山と反対側をパチリ。雲が夏雲です。

富士山と反対側をパチリ。雲が夏雲です。

賽の河原に到着。

賽の河原に到着。

通ってきたルートを振り返ってパチリ。爽快な道。

通ってきたルートを振り返ってパチリ。爽快な道。

親不知ノ頭。

親不知ノ頭。

フェンス設置の説明書き。

フェンス設置の説明書き。

大菩薩峠までもう少し。

大菩薩峠までもう少し。

富士山と反対側、秩父方面をパチリ。

富士山と反対側、秩父方面をパチリ。

介山荘に到着。

介山荘に到着。

介山荘と富士。

介山荘と富士。

いま通ってきた道を振り返ってパチリ。

いま通ってきた道を振り返ってパチリ。

笹の道。緩やかな下り道です。

笹の道。緩やかな下り道です。

ずっとこんな道が福ちゃん荘まで続きます。

ずっとこんな道が福ちゃん荘まで続きます。

富士見小屋。

富士見小屋。

福ちゃん荘まで戻ってきました。

福ちゃん荘まで戻ってきました。

ルートから東側。

ルートから東側。

あの山は・・・?

あの山は・・・?

ルートから西側。

ルートから西側。

ロッヂ長兵衛に到着。

ロッヂ長兵衛に到着。

道具リスト

  • (ミレー)Millet QD CAYOLLE CHECK LS SHIRT MIV01242 7093 POMPEIAN RED M

    MILLET

  • (ミレー) Millet UBIC 30 ULTRA BLUE

    MILLET

  • (ミレー)Millet M VECTOR GRID JKT MIV6180 BLACK - NOIR M

    MILLET

  • デジタル一眼レフカメラD600ボディーD600

    Nikon

    Amazonで見る
  • 単焦点レンズAF-SNIKKOR50mmf/1.8Gフルサイズ対応AF-S50/1.8G

    Nikon

    Amazonで見る
  • BELVEDERESTWARMPANTMIV011753721CASTELROCKM

    MILLET

    Amazonで見る
  • マイクロレギュレーターストーブウインドマスターSOD-310+4本ゴトク(ハードケース付)

    SOTO

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。