大菩薩嶺から小金沢山を周回

2016.04.30

活動詳細

詳しく見る
久しぶりに小金沢山へと思い立ち、上日川峠から大菩薩とセットで周回することにした。大型連休中ということで駐車場の混雑を心配し、朝6時ごろに上日川峠に到着したが、既にロッヂ長兵衛前をはじめ道路沿いのスペースは一杯。少し奥に入った市営駐車場には15台くらいでまだまだ余裕があった。 今朝は冷え込んだようで朝の気温は0℃、登山道のあちこちに霜柱ができていた。 福ちゃん荘から唐松尾根経由で雷岩を目指す。木々の間から富士山がくっきりと見える。しかし高度を上げるにつれだんだんと風が強くなる。雷岩につくと一層風が強まり、じっとしていると寒い。温度計を見るとマイナス2度、加えてこの風、道理で寒いわけだと納得。とりあえず展望のない大菩薩嶺山頂へ行く。 峠方面へ戻る道すがら合羽を羽織り、しっかりとフードをかぶると、寒さを和らげることができた。雷岩から稜線を避難小屋までくると、風が大分収まってくる。そして大菩薩峠、ここはいつもたくさんの人で賑わっている。 今日は、小金沢山を目指して、ここからまっすぐ熊沢山を越え石丸峠へと向かう。熊沢山山頂からは、一面、笹原の狼平が気持ちよく広がっている。笹原を行くと、やがて岩や木の根が多い登山道に変わり、何度かアップダウンを繰り返しながら進むと小金沢山山頂に着く。山頂は僕らを含めて4人で、大菩薩と比べて本当に静かでほっとする。 ここにはあまり来ないのかと思ったが、石丸峠へと戻る途中で何組もの人とすれ違う。石丸峠からまっすぐ上日川峠へとトラバース状の登山道を進み、大勢で賑わうロッヂ長兵衛前に出て山歩きを終了。
朝6時ごろの市営駐車場、まだまだ余裕
ロッヂ長兵衛の煙突から煙が、暖かそうで心惹かれる
今朝は冷え込みあちこちに霜柱が
やわらかい朝日が笹を照らす
右手に林道を見ながら進む
福ちゃん荘の裏手に出る
山小屋の朝は早い。この時間から忙しく働いていた
唐松尾根を進む
枝越しに富士山がくっきりと見える
急登を過ぎると一旦、平坦な道になる
そしてまた急登
ここにも霜柱。午後には解けて泥んこになってしまうかも
雷岩から、おきまりの富士山と大菩薩湖。とにかく風が強く寒い
そして南アルプスの峰々。右から仙丈、北岳、間ノ岳、農鳥、塩見。仙丈の右、甲斐駒にはほとんど雪がみえない
大菩薩嶺山頂。山梨百名山にして日本百名山
避難小屋あたりまで来ると風が大分弱まる。昔はここが大菩薩峠とのこと
中里介山の石塔
現在の大菩薩峠
小金沢山方面へまっすぐに進む
熊沢山
山頂付近から石丸峠を望む
気持ちよく坂を下る
牛の寝通りとの分岐、ここは右方面へ
狼平の笹原が気持ちいい
笹原に埋もれて進む
笹原が終わると岩と根株の道に変わる
小金沢山の山頂は静かでほっとする
ここからの富士山も凛々しい
小金沢山から石丸峠に戻る途中、🍙3個
小金沢山へ向かう人と何人もすれ違う
石丸峠まで戻ってきた。V字の登山道の下側を上日川峠に進む
芽吹き
2度渡渉して駐車場へ

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。