月山 BC

2024.04.21(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:28

距離

11.5km

のぼり

592m

くだり

1386m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 28
休憩時間
3 時間 22
距離
11.5 km
のぼり / くだり
592 / 1386 m

活動詳細

すべて見る

月山2日目。昨日の姥ヶ岳・湯殿山に続いて、月山へ。今日は天気よい。昨日は山頂雪降ったらしいので、新雪期待。 朝8時のバスでリフトへ。ペアリフトまでの登りが足重い。山頂から谷底のまで滑り降りてシール装着。牛首目指してシール登高。天気も良くて足も軽くなってきた。天気も良いので、登山者、BCで良い賑わい。 牛首で小休止。スキーアイゼンつける。高度も上がり急斜面になってくると、雪面が海老のしっぽのような握りこぶし台のアイスキューブに覆われてくる。シールはあまり聞かないので、スキーアイゼンをかませるように稲妻型に登る。中盤を過ぎるとほとんどの人がシール登高をやめて、担いで登っている。自分は斜面の一番上まで、おそるおそるシール登高で登って来たが、滑って転んだらどこまで滑り落ちるのか怖かった。 狭くなったところからスキーを担いで登る。重くてきつい。スキーブーツは登りづらい。山頂までスキー担いで登る。 山頂からは昨日登った姥ヶ岳、湯殿山から朝日連峰、鳥海山までよく見える。みんなで写真を撮ってからアマチュア無線。28MHz CWでニュージーランド 1局、14Mhz, 7Mhzで15局。1時間ほどで撤収。 帰りは気持ちよく大斜面をスキーで降りる。リフト上駅まで少々シール登高で登り返す。そのあとは旅館まで林間コース。すごく疲れたけれど、温泉で回復。埼玉まで車で送ってもらって、電車で都内に。深夜着。疲れたけど充実した週末だった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。