九州自然歩道 福岡セクション2後半 平尾台〜千仏鍾乳洞〜不動洞〜行橋、勝山

2024.04.20(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 23
休憩時間
31
距離
21.0 km
のぼり / くだり
826 / 819 m
14
35
47
3 12
9

活動詳細

すべて見る

九州自然歩道、福岡セクションのルートの一つ、平尾台コースの後半半分を歩いてみました。 三笠台駐車場に車を置き、チャリで黒田神社まで移動。そこから九州自然歩道をたどり、平尾台の麓までチャリでたどりました。 麓手前の御清水ヶ池の九州自然歩道ですが、途中池側に崩れており、チャリでなくても池に落ちそうなので、一旦引き返し、対岸の迂回ルートを辿りました。 大行事公民館の公園にチャリを置き、沢沿いに不動窟へ登りました。途中のベルトコンベアーのところあたりまでは舗装路でした。 青い建物がある不動窟手前に沢へ降りる分岐があり、登り方面に向かって右側。 降りるとすぐ不動洞が見えます(沢の源流が洞窟から流れてる) さらにその沢の向こう岸に渡り、少し登ると千仏ロック(絶壁)があります。 これら不動洞や千仏ロックへの案内板がないので、わかりにくいです。 不動窟手前付近から平尾台へ一旦登ってみました。風神山と不動山の谷間に辿り着きます。 また、一旦、不動窟の麓に下って戻り、九州自然歩道を辿って、千仏鍾乳洞(トイレと土産屋あり)まで歩きました。 千仏鍾乳洞手前の歩道の橋は、かなり朽ちているし、蜂がブンブン言ってる大木の倒木があったりと、おすすめできません。朽ちた橋の手前に迂回ルートがあるので、そちらが安全です。 最後は、千仏鍾乳洞から見晴らし台に向かって九州自然歩道を辿りました。そのルートは舗装路です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。