婆娑羅山と大峠 伊豆で静岡の百山を2座

2019.02.11(月) 日帰り
Quechua
Quechua

活動データ

タイム

03:41

距離

12.3km

上り

747m

下り

558m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

連休最終日も雨が降るかもという予報だったので伊豆半島にある静岡の百山から短めの2座を選択。 伊豆半島の松崎町にある婆娑羅山に登ってから車で移動して同じく松崎町の大峠&暗沢山へ。 婆娑羅山は駐車場所が心配でしたが婆娑羅トンネルの手前数百メートルの地点に大きな観光駐車場があり助かりました。 最初から最後までほぼ植林歩きでしたが登山者以外にも管理の人が入っているようで踏み跡&テープありました。 それでもやっぱりマイナーなお山なので誰にも出会うことなく下山。 雨は降らないみたいなので続いて大峠&暗沢山へ登ることにして車で山つづじ公園まで移動。 ちゃんと行けるか心配だったけどいくつか案内板があったのですんなりと到着。 公園にはビジターセンターやトイレまであるけど誰もおらず貸切でした。 公園からは遊歩道が整備されていて途中には展望所や東屋などあって大峠に到着。 大峠からは林道歩きをして暗沢山へ向かうことに。 すると車が1台あり???と思って山頂へ行ってみると無線をされている方がいたので邪魔しちゃ悪いとすぐに下山。 これで連休を利用しての静岡の百山巡りもお終い。

婆娑羅山 これが目印の
これが目印の
婆娑羅山 ここに駐車できました。
ここに駐車できました。
婆娑羅山 あれが婆娑羅山かなと思いながら
あれが婆娑羅山かなと思いながら
婆娑羅山 トンネルに到着。ここで脇道へ。
トンネルに到着。ここで脇道へ。
婆娑羅山 産廃処理場を過ぎるとすぐに登山口のテープがたくさん。
産廃処理場を過ぎるとすぐに登山口のテープがたくさん。
婆娑羅山 植林だけどしっかり手入れされてました。
植林だけどしっかり手入れされてました。
婆娑羅山 火の用心もいくつか。
火の用心もいくつか。
婆娑羅山 テープは豊富だけど色や種類も豊富。
テープは豊富だけど色や種類も豊富。
婆娑羅山 頂上周辺は倒木多数で頂上にも倒木。
頂上周辺は倒木多数で頂上にも倒木。
婆娑羅山 残念ながら頂上も樹木に囲まれていて展望はなし。
残念ながら頂上も樹木に囲まれていて展望はなし。
婆娑羅山 山名標識なんだけど
山名標識なんだけど
婆娑羅山 どちらも漢字が間違ってる・・・・。
どちらも漢字が間違ってる・・・・。
婆娑羅山 三角点もありました。
三角点もありました。
婆娑羅山 登山口に到着して
登山口に到着して
婆娑羅山 舗装路を歩き駐車場に戻りました。
舗装路を歩き駐車場に戻りました。
婆娑羅山 いくつか案内板があったおかげで迷わずに山つつじ公園に到着。公園までは1車線の細い道路なので混雑期は大変かも。
いくつか案内板があったおかげで迷わずに山つつじ公園に到着。公園までは1車線の細い道路なので混雑期は大変かも。
婆娑羅山 ビジターセンターは閉まっていました。
ビジターセンターは閉まっていました。
婆娑羅山 案内板を確認すると
案内板を確認すると
婆娑羅山 健脚コースと楽々コースという2つの遊歩道が整備されているようです。
健脚コースと楽々コースという2つの遊歩道が整備されているようです。
婆娑羅山 植物の案内もあって
植物の案内もあって
婆娑羅山 トイレもありました。
トイレもありました。
婆娑羅山 公園から出発するとすぐに分岐があったので健脚コースへ。
公園から出発するとすぐに分岐があったので健脚コースへ。
婆娑羅山 すると展望所があり
すると展望所があり
婆娑羅山 海が見えました。
海が見えました。
婆娑羅山 長者ヶ原には東屋があって奥のアンテナがあるのが暗沢山。
長者ヶ原には東屋があって奥のアンテナがあるのが暗沢山。
婆娑羅山 長者ヶ原からはすぐに大峠に到着。
長者ヶ原からはすぐに大峠に到着。
婆娑羅山 岩科からのコースもあるみたいだけど林道方向へ。
岩科からのコースもあるみたいだけど林道方向へ。
婆娑羅山 すぐに林道に合流して
すぐに林道に合流して
婆娑羅山 到着!と思ったら車が1台。・・・車でも来れたみたい( ̄Д ̄;;
到着!と思ったら車が1台。・・・車でも来れたみたい( ̄Д ̄;;
婆娑羅山 ともあれ暗沢山の山頂に到着。
ともあれ暗沢山の山頂に到着。
婆娑羅山 車の人がすぐ近くで無線を楽しんでいたので
車の人がすぐ近くで無線を楽しんでいたので
婆娑羅山 撮影だけしてUターン。
撮影だけしてUターン。
婆娑羅山 公園は貸切のままで変わらずでした。
公園は貸切のままで変わらずでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす