えびの高原池めぐりin白鳥山&甑岳

2016.04.29(金) 09:56 - 2016.04.29(金) 16:40
今回2回目の登山にチャレンジしました。 また、無謀にもえびの高原の池をめぐり白鳥山そして甑岳と1300㍍クラスを二つ登ってきました❗(^o^)v 甑岳はもちろん火口湿原を探訪し中央の池を見てきました。池めぐりも最高でしたよ🎵池の水はとても綺麗でしばらく眺めていたくらいです。天気も晴天で登山には少し暑かったですが、良い一日でした。

写真

出発地点のエコミュージアムセンター

出発地点のエコミュージアムセンター

建物正面左!池巡り自然探勝路へ向かいます。

建物正面左!池巡り自然探勝路へ向かいます。

きちんと整備された道です。

きちんと整備された道です。

コースの案内板!再度コース確認!

コースの案内板!再度コース確認!

ここから少し上りになりますが、歩きやすい
道です。

ここから少し上りになりますが、歩きやすい 道です。

平坦な道もあり回りの景色を見ながら先へ❗

平坦な道もあり回りの景色を見ながら先へ❗

最初の休憩地!展望台が見えて来ました。

最初の休憩地!展望台が見えて来ました。

展望台に設置してある❗えびの高原で見られる
植物の案内板です。

展望台に設置してある❗えびの高原で見られる 植物の案内板です。

えびの高原展望台!ベンチなどもありゆっくり
小休憩が出来ます。

えびの高原展望台!ベンチなどもありゆっくり 小休憩が出来ます。

景色は天気も良かったので最高でした。
後ろは韓国岳です。

景色は天気も良かったので最高でした。 後ろは韓国岳です。

途中ミヤマキリシマの花が道の上に咲いてました。

途中ミヤマキリシマの花が道の上に咲いてました。

また、しばらく上り坂かな?

また、しばらく上り坂かな?

白紫池まで15分❗コース表示の隣に今度は動物の案内板が…

白紫池まで15分❗コース表示の隣に今度は動物の案内板が…

ちょっと急な登りですがもうすぐ白紫池に
着きます。

ちょっと急な登りですがもうすぐ白紫池に 着きます。

白紫池に到着❗(^o^)v
二糊パノラマ展望台です。

白紫池に到着❗(^o^)v 二糊パノラマ展望台です。

韓国岳を眺め前回の登山を振り返りました。
キツかったな~😥

韓国岳を眺め前回の登山を振り返りました。 キツかったな~😥

池の前、案内板で記念撮影❗(^o^)v

池の前、案内板で記念撮影❗(^o^)v

六観音御池です。

六観音御池です。

二糊パノラマ展望台またツーショット❗

二糊パノラマ展望台またツーショット❗

六観音御池のアップ写真❗
綺麗です。

六観音御池のアップ写真❗ 綺麗です。

白鳥山まで20分❗普通に歩いてですが⁉

白鳥山まで20分❗普通に歩いてですが⁉

人一人歩くぐらいの細い道を山頂へ❗

人一人歩くぐらいの細い道を山頂へ❗

木々の間から池が見えます。
綺麗だったのでパシャリ❗(^o^)v

木々の間から池が見えます。 綺麗だったのでパシャリ❗(^o^)v

山頂手前の急な登りです。岩がゴロゴロあり
足元要注意です❗

山頂手前の急な登りです。岩がゴロゴロあり 足元要注意です❗

山頂に巨大な岩が❗
今にも倒れそうですが…

山頂に巨大な岩が❗ 今にも倒れそうですが…

池を手前に韓国岳を撮影❗(^o^)v

池を手前に韓国岳を撮影❗(^o^)v

山頂に設置してある。
東西南北の案内板!

山頂に設置してある。 東西南北の案内板!

白鳥山山頂です。
標高1363m!無事到着❗(^o^)v

白鳥山山頂です。 標高1363m!無事到着❗(^o^)v

白鳥山北展望台に向かいます。
そこで昼食の予定です。

白鳥山北展望台に向かいます。 そこで昼食の予定です。

展望台到着❗(^o^)v

展望台到着❗(^o^)v

昼食タイムです。
おにぎり、玉子焼き、アスパラのベーコン巻き
そしてインスタントのねぎ味噌汁❗

昼食タイムです。 おにぎり、玉子焼き、アスパラのベーコン巻き そしてインスタントのねぎ味噌汁❗

池に向かって細い下り道を降りて行きます。

池に向かって細い下り道を降りて行きます。

かなりゴツゴツの岩だらけの道です。

かなりゴツゴツの岩だらけの道です。

先ほどとは違って舗装された緩やかな道に
出ました。

先ほどとは違って舗装された緩やかな道に 出ました。

巨木杉の案内板!隣が実物!
かなり大きい!

巨木杉の案内板!隣が実物! かなり大きい!

六観音御池です。(^o^)/

六観音御池です。(^o^)/

こんな山奥に綺麗な池!
水も透き通っていました。池めぐり最高😃⤴⤴

こんな山奥に綺麗な池! 水も透き通っていました。池めぐり最高😃⤴⤴

ちょっとアングルを変えて撮影📷

ちょっとアングルを変えて撮影📷

池の前にある展望台です。

池の前にある展望台です。

池の展望台横にある六観音堂と言うお堂です。
ヤマトタケルの白鳥伝説が残る場所だそうです。

池の展望台横にある六観音堂と言うお堂です。 ヤマトタケルの白鳥伝説が残る場所だそうです。

団体の方が休憩されてました。

団体の方が休憩されてました。

キリシマミズキの花です。こちらもあちこちに
咲いてました。

キリシマミズキの花です。こちらもあちこちに 咲いてました。

六観音御池の案内板です。
なるほどね~❗(^o^)v

六観音御池の案内板です。 なるほどね~❗(^o^)v

甑岳への分かれ道です。
行くかどうか二人でしばらく悩みました。

甑岳への分かれ道です。 行くかどうか二人でしばらく悩みました。

最初は少し細い道を歩いて行きます。

最初は少し細い道を歩いて行きます。

森の中を歩いて行きますがかなりゴツゴツした
感じで歩きにくいです。勾配も少し急です。
この後下りきった地点でシカと遭遇しました。
二人ともビックリ👀❗

森の中を歩いて行きますがかなりゴツゴツした 感じで歩きにくいです。勾配も少し急です。 この後下りきった地点でシカと遭遇しました。 二人ともビックリ👀❗

中間の案内板です。途中にも迷わないように
ピンクのテープやちょっとした道しるべがあります。

中間の案内板です。途中にも迷わないように ピンクのテープやちょっとした道しるべがあります。

甑岳の案内板❗

甑岳の案内板❗

コースの途中にある木で出来た橋❗
真ん中当たりが少し破損してました。

コースの途中にある木で出来た橋❗ 真ん中当たりが少し破損してました。

ここが山頂に登る最後の難関です。
段々勾配が急になりキッイの一言でした。
道も細く岩だらけです。

ここが山頂に登る最後の難関です。 段々勾配が急になりキッイの一言でした。 道も細く岩だらけです。

山頂到着❗(^o^)v
キツかった❗しばし休憩です。
この後火口湿原に向かいます。

山頂到着❗(^o^)v キツかった❗しばし休憩です。 この後火口湿原に向かいます。

好例の山頂到着記念撮影❗(^o^)v
頑張りました。

好例の山頂到着記念撮影❗(^o^)v 頑張りました。

歩き憎い道もありましたが途中からは
こんな感じで開けてきました。

歩き憎い道もありましたが途中からは こんな感じで開けてきました。

湿原入り口に到着!
これからは決まった道を中央の池めざして
進んで行きます。

湿原入り口に到着! これからは決まった道を中央の池めざして 進んで行きます。

回りは今までとは違い不思議な感じです。
すすきので一面覆われています。

回りは今までとは違い不思議な感じです。 すすきので一面覆われています。

ついに来ました。甑岳の中央❗この場所のメインです。(^o^)/

ついに来ました。甑岳の中央❗この場所のメインです。(^o^)/

記念のショット❗

記念のショット❗

いよいよ最終の池!不動池に向かいます。

いよいよ最終の池!不動池に向かいます。

今までとは違い一部国道を通過するルートです。

今までとは違い一部国道を通過するルートです。

左手に硫黄山登山ルートが見えます。

左手に硫黄山登山ルートが見えます。

日が傾き池の水面がキラキラ✨してます。
これも違ったふいんきでいいかな!
不動池のベストショット

日が傾き池の水面がキラキラ✨してます。 これも違ったふいんきでいいかな! 不動池のベストショット

不動池の案内板です。

不動池の案内板です。

えびの高原エコミュージアムセンターへ
向かいます。 

えびの高原エコミュージアムセンターへ 向かいます。 

山を背にして記念撮影!
ゴールはもうすぐです。🚩🙌🚩

山を背にして記念撮影! ゴールはもうすぐです。🚩🙌🚩

エコミュージアムセンターまで舗装された道を
歩いて駐車場へ❗

エコミュージアムセンターまで舗装された道を 歩いて駐車場へ❗

駐車場到着❗(^o^)v
最後の記念撮影📷
頑張り💥👊😃ました。私はクタクタでした。

駐車場到着❗(^o^)v 最後の記念撮影📷 頑張り💥👊😃ました。私はクタクタでした。

今回参考にしたルート図です。

今回参考にしたルート図です。

最後に常に常備しているお助けグッズを紹介。
①足がつった時(腓返り)にきく漢方薬
顆粒タイプ個人差はあると思いますが効きます
②バンダナ(ハンカチの大きいものでも可)
私はメガネで汗かきなので頭に巻いて帽子を
かぶります。
③最後がゼリードリンク
アミノバイタル疲れを😵💤⤵感じた時に補給!
かなりいいです。水分補給にもなります。
種類は色々ですのでお好きなものを❗

最後に常に常備しているお助けグッズを紹介。 ①足がつった時(腓返り)にきく漢方薬 顆粒タイプ個人差はあると思いますが効きます ②バンダナ(ハンカチの大きいものでも可) 私はメガネで汗かきなので頭に巻いて帽子を かぶります。 ③最後がゼリードリンク アミノバイタル疲れを😵💤⤵感じた時に補給! かなりいいです。水分補給にもなります。 種類は色々ですのでお好きなものを❗

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。