土器山(八天山)・腰巻山

2024.04.14(日) 日帰り

絶好の登山日和!行ったことのない土器山(かわらけやま)へGO!何となくお手軽そうなのでお散歩気分でしたが、結構なハードコースでした。何せ土器山への登山道がまるでグランドキャニオン!風化した花崗岩で滑る、滑る。でも子供たちもたくさん登ってました。八天神社上宮ではかわらけ(素焼きの盃)を投げて願をかけてきました。もちろん願掛けの内容は秘密のひみつ!同行のKお嬢様の願掛けは一攫千金(勝手に想像)!頂上は上宮のすぐ近くですが、ここに限らず色々なポイントからの展望は素晴らしいです。何もない佐賀平野(佐賀県民の皆様失礼しました)だけではなく、普賢岳や多良岳、背振山、耳納連山などがきれいに見えました。それにしても腰巻山は遠かった!

駐車場は広くてきれいなトイレもあります。

駐車場は広くてきれいなトイレもあります。

駐車場は広くてきれいなトイレもあります。

八天神社下宮

八天神社下宮

八天神社下宮

ここは屋根のない博物館だそうです。

ここは屋根のない博物館だそうです。

ここは屋根のない博物館だそうです。

ここでかわらけを貰っていきます。200円です!

ここでかわらけを貰っていきます。200円です!

ここでかわらけを貰っていきます。200円です!

ここから登山開始

ここから登山開始

ここから登山開始

今日も頑張る!

今日も頑張る!

今日も頑張る!

どこが登山道やら?

どこが登山道やら?

どこが登山道やら?

狭い登山道です。

狭い登山道です。

狭い登山道です。

風化した花崗岩で表面は砂状で滑る!

風化した花崗岩で表面は砂状で滑る!

風化した花崗岩で表面は砂状で滑る!

スリムな人しか通れません。

スリムな人しか通れません。

スリムな人しか通れません。

途中の展望ポイント

途中の展望ポイント

途中の展望ポイント

遠くに普賢岳が見えます

遠くに普賢岳が見えます

遠くに普賢岳が見えます

この先はもちろん崖です。ゾワゾワします。

この先はもちろん崖です。ゾワゾワします。

この先はもちろん崖です。ゾワゾワします。

ここでも英彦山の望雲台みたいなことをやってたみたいです。修験道は怖い!

ここでも英彦山の望雲台みたいなことをやってたみたいです。修験道は怖い!

ここでも英彦山の望雲台みたいなことをやってたみたいです。修験道は怖い!

背振山もみえました。

背振山もみえました。

背振山もみえました。

八天神社上宮です

八天神社上宮です

八天神社上宮です

願い事を書いたかわらけ

願い事を書いたかわらけ

願い事を書いたかわらけ

ここに願掛けて、上から投げ込みました。本当は岩の上から崖下に投げるのかな?

ここに願掛けて、上から投げ込みました。本当は岩の上から崖下に投げるのかな?

ここに願掛けて、上から投げ込みました。本当は岩の上から崖下に投げるのかな?

上宮から少し登ると山頂

上宮から少し登ると山頂

上宮から少し登ると山頂

土器山(八天山)山頂です。

土器山(八天山)山頂です。

土器山(八天山)山頂です。

広い佐賀平野

広い佐賀平野

広い佐賀平野

ここからは気持ちいい縦走路です。

ここからは気持ちいい縦走路です。

ここからは気持ちいい縦走路です。

あちらこちらに巨石

あちらこちらに巨石

あちらこちらに巨石

猿岳と思いますが・・・

猿岳と思いますが・・・

猿岳と思いますが・・・

赤いテープが腰巻山へのルート

赤いテープが腰巻山へのルート

赤いテープが腰巻山へのルート

背振、九千部方面

背振、九千部方面

背振、九千部方面

巨石

巨石

巨石

猿岳から腰巻山への縦走路は結構アップダウンがあります。

猿岳から腰巻山への縦走路は結構アップダウンがあります。

猿岳から腰巻山への縦走路は結構アップダウンがあります。

腰巻に到着 ここまで何回もピークらしいポイントがあり何回も騙された気分です。

腰巻に到着 ここまで何回もピークらしいポイントがあり何回も騙された気分です。

腰巻に到着 ここまで何回もピークらしいポイントがあり何回も騙された気分です。

腰巻の名前の由来が調べてもわかりません!

腰巻の名前の由来が調べてもわかりません!

腰巻の名前の由来が調べてもわかりません!

すぐ下に集落が見えます。その先は背振山

すぐ下に集落が見えます。その先は背振山

すぐ下に集落が見えます。その先は背振山

中宮跡

中宮跡

中宮跡

良い感じで日が差して神秘的な雰囲気でした。

良い感じで日が差して神秘的な雰囲気でした。

良い感じで日が差して神秘的な雰囲気でした。

下りは登より滑りそうな感じです。

下りは登より滑りそうな感じです。

下りは登より滑りそうな感じです。

下宮にある端之宮です。

下宮にある端之宮です。

下宮にある端之宮です。

駐車場は広くてきれいなトイレもあります。

八天神社下宮

ここは屋根のない博物館だそうです。

ここでかわらけを貰っていきます。200円です!

ここから登山開始

今日も頑張る!

どこが登山道やら?

狭い登山道です。

風化した花崗岩で表面は砂状で滑る!

スリムな人しか通れません。

途中の展望ポイント

遠くに普賢岳が見えます

この先はもちろん崖です。ゾワゾワします。

ここでも英彦山の望雲台みたいなことをやってたみたいです。修験道は怖い!

背振山もみえました。

八天神社上宮です

願い事を書いたかわらけ

ここに願掛けて、上から投げ込みました。本当は岩の上から崖下に投げるのかな?

上宮から少し登ると山頂

土器山(八天山)山頂です。

広い佐賀平野

ここからは気持ちいい縦走路です。

あちらこちらに巨石

猿岳と思いますが・・・

赤いテープが腰巻山へのルート

背振、九千部方面

巨石

猿岳から腰巻山への縦走路は結構アップダウンがあります。

腰巻に到着 ここまで何回もピークらしいポイントがあり何回も騙された気分です。

腰巻の名前の由来が調べてもわかりません!

すぐ下に集落が見えます。その先は背振山

中宮跡

良い感じで日が差して神秘的な雰囲気でした。

下りは登より滑りそうな感じです。

下宮にある端之宮です。

この活動日記で通ったコース

土器山-猿岳-腰巻山 往復コース

  • 05:19
  • 8.8 km
  • 938 m
  • コース定数 22