丹沢 初物づくし 檜洞丸〜蛭ヶ岳〜大倉縦走

2024.04.13(土) 2 DAYS

丹沢に遠征する日がやって来ました。天気に恵まれた週末、2年前に神奈川に転勤した山友と、丹沢を1泊2日で縦走してきました。欲しかった蛭中毒のキーホルダーも丹沢Tシャツも大人買い。緑の笹の稜線を歩けて、夢のような時間でした。でも色んな反省点あり。(以下長文です。) 1日目 西丹沢VCから出発。今回、初めてT字の一本ポールで行ってみました(結果、これ自分に向いてるかも。ただしその後アクシデント有り)。結構な登りを歩いていきます。途中ミツマタがまだ咲いていたり、川を渡ったり、面白いです。 やがて富士山が綺麗に見え始めて、元気をもらいながら歩きました。ブナ、ナラが美しく、丹沢にも原生林があるんだ!と感動しました。ツツジが咲き始めでした。 檜洞丸を超えて、今晩泊まる青ヶ岳山荘に到着、まだ昼過ぎ。それからぼーとしたり、話したり、蛭ヶ岳から塔ノ岳の稜線を仰いだりして、贅沢な時間を過ごしました。夕食は17時頃に青ヶ岳山荘カレー、ご飯は普通と大盛りが選べます。 その後、日没を見に、檜洞丸の絶景ポイントに移動。富士山の北側の南アルプスに沈む夕日と赤く染まる空が印象的でした(凍えました)。今来てる彗星も見えたみたいです。こうして夜が更け、山小屋泊を堪能しました。 2日目 ちょうど蛭ヶ岳から登る日出を見て出発。この日は、前に大倉カフェで買った馬鹿尾根Tシャツを着て、気合い十分。これから登る蛭ヶ岳がクリアに見え、すごい山だなぁ、って連発しました。ぐんぐん下った後の登り返しで息が切れました。 この辺りで、右足踵のマメがつぶれて、一歩一歩ごとに注射を打たれたくらいの痛みが発生。処置したものの、この痛みが今回通じて一番キツかったです。 蛭ヶ岳山頂では、真っ先に蛭中毒のキーホルダーと丹沢Tシャツ2枚を購入。このために大きめのザック(45l)でやってきました。小屋の方、「そのTシャツ着て歩けば声かけられるよ、かけられなかったら人徳がないってこと、うそうそ笑、早く(大倉に)下んな!今度泊まりに来て。」とても人懐こくて話が楽しく、素敵な時間を過ごしました。泊まりに来たいです(今回満室だった)。 丹沢Tシャツに着替えて出発です。どこかで馬鹿尾根Tシャツにまた着替えようと考えてましたが、結果的に、着替えるまもなくそのまま下山しました。 蛭ヶ岳から丹沢山を越えて、塔ノ岳までは、笹に覆われた優しい緑色の尾根。これが見たかったんだ〜、と感激のしっぱなし。展望も山頂も山小屋も全て初めて見るものばかり。青空の下、時々吹く風が気持ちよく、天国感マックスでした。 塔ノ岳の山頂は、たくさんの人、人、人。この展望を知れば、人気の理由がわかります。大山から箱根の方まで見えました。丹沢は場所ごとに見れる展望が違うのが魅力的でした。尊仏コーヒー、美味しかったです。 馬鹿尾根の下りは、予想通りしんどかったです。何が辛いって、階段の段差。文字通り膝が笑いました。それでも、今年初めて新緑に出会えたり、山桜が咲いていたり、日陰の尾根道が涼しかったり。良き道でした。途中の山小屋の多くはまだ開いてなくて、ゼリーを食べられなかったのが残念。来週お祭りだそうだから、開くのはそれからですかね。 大倉に近づき、道が舗装路になった時は、ほっとしたような名残惜しいような。山カフェはこの前行ったので今回はパス。渋沢駅まで満員のバスに乗り、近くのスーパー銭湯で汗を流しました。その後山友と別れて、終電で宮城に帰着しました。 まとめ 丹沢の良いところ。近くに見える富士山、ブナ林。かっこいい蛭ヶ岳、笹の稜線、領域ごとに変わる展望。馬鹿尾根の下り、日陰の道、新緑、小屋たち。道はドライでヒルも出ず、コンディション良好でした。 〈今回の反省〉 ・今回デビューのLEKIのT字ポール、2日目も違和感なく使っていたけど、蛭ヶ岳あたりでシナノのポールになってた。山荘で出る時に間違えた。なんてこと。持ち主の方すみません。私のポール使ったことを祈ってますが、まず山荘に連絡します。 ♯山荘に連絡したところ、置きポールだったそうです。次来た時に交換してね、ということでした 笑。 ・もともと踵にマメは出来やすい人なのですが、ここ最近雪山で、靴も違うし、歩く時間も短かったので、甘く考えてた。予め絆創膏を貼っていたのだけど、ダメだった。踵に加えて、足の平にも水ぶくれ。靴のメーカー変えてもダメだったし、足の形が変なのかな。抜本的にマメができないような方法を考えたい。 ・みやま山荘のトイレに財布を忘れた。すぐに気づいて戻ったけど見つからず、一瞬途方に暮れたが、直後に見つけた人に出会えて事なきを得ました。100円寄付の際は注意が必要です。

西丹沢入口。熊看板あり。

西丹沢入口。熊看板あり。

西丹沢入口。熊看板あり。

ミツマタ、ぎりぎり間に合いました。

ミツマタ、ぎりぎり間に合いました。

ミツマタ、ぎりぎり間に合いました。

沢の渡渉。どの石を行くか。

沢の渡渉。どの石を行くか。

沢の渡渉。どの石を行くか。

サラサドウダン?

サラサドウダン?

サラサドウダン?

富士山がよく見えました。元気をもらいます。

富士山がよく見えました。元気をもらいます。

富士山がよく見えました。元気をもらいます。

檜洞丸到着。

檜洞丸到着。

檜洞丸到着。

山頂を越えると青い屋根と蛭ヶ岳が。

山頂を越えると青い屋根と蛭ヶ岳が。

山頂を越えると青い屋根と蛭ヶ岳が。

今晩お世話になる青ヶ岳山荘。

今晩お世話になる青ヶ岳山荘。

今晩お世話になる青ヶ岳山荘。

山荘の中、ここに置いたポールを取り違えた。

山荘の中、ここに置いたポールを取り違えた。

山荘の中、ここに置いたポールを取り違えた。

山荘から見た蛭ヶ岳から塔ノ岳の稜線、素晴らしい。

山荘から見た蛭ヶ岳から塔ノ岳の稜線、素晴らしい。

山荘から見た蛭ヶ岳から塔ノ岳の稜線、素晴らしい。

檜洞丸の絶景ポイント。

檜洞丸の絶景ポイント。

檜洞丸の絶景ポイント。

山荘の練炭こたつ。こたつは10年以上ぶり。

山荘の練炭こたつ。こたつは10年以上ぶり。

山荘の練炭こたつ。こたつは10年以上ぶり。

夕ごはんは青ヶ岳カレー。

夕ごはんは青ヶ岳カレー。

夕ごはんは青ヶ岳カレー。

本物のアルコールランプ。20:30消灯まで。

本物のアルコールランプ。20:30消灯まで。

本物のアルコールランプ。20:30消灯まで。

夕方の絶景ポイント。

夕方の絶景ポイント。

夕方の絶景ポイント。

南アルプスに日が沈む。

南アルプスに日が沈む。

南アルプスに日が沈む。

富士山も。2月と11月にはダイヤモンド富士になるそうです。You must see it.

富士山も。2月と11月にはダイヤモンド富士になるそうです。You must see it.

富士山も。2月と11月にはダイヤモンド富士になるそうです。You must see it.

南アルプスの残照。

南アルプスの残照。

南アルプスの残照。

朝ごはんおでん。

朝ごはんおでん。

朝ごはんおでん。

蛭ヶ岳から日の出。

蛭ヶ岳から日の出。

蛭ヶ岳から日の出。

鹿に遭遇。

鹿に遭遇。

鹿に遭遇。

例の看板。

例の看板。

例の看板。

檜洞丸と富士山。今回、いろんな富士山が見られて印象的でした。

檜洞丸と富士山。今回、いろんな富士山が見られて印象的でした。

檜洞丸と富士山。今回、いろんな富士山が見られて印象的でした。

蛭ヶ岳を登る。写真を撮ると称して小休してる。

蛭ヶ岳を登る。写真を撮ると称して小休してる。

蛭ヶ岳を登る。写真を撮ると称して小休してる。

蛭ヶ岳山頂、つきました。

蛭ヶ岳山頂、つきました。

蛭ヶ岳山頂、つきました。

Tシャツ2枚大人買い。

Tシャツ2枚大人買い。

Tシャツ2枚大人買い。

キーホルダーも購入。つけすぎ。

キーホルダーも購入。つけすぎ。

キーホルダーも購入。つけすぎ。

馬鹿尾根Tシャツから、、、

馬鹿尾根Tシャツから、、、

馬鹿尾根Tシャツから、、、

丹沢遊人Tシャツへ。※丹沢初登山です。

丹沢遊人Tシャツへ。※丹沢初登山です。

丹沢遊人Tシャツへ。※丹沢初登山です。

これが見たかったー! 丹沢山を目指して歩き始めます。

これが見たかったー! 丹沢山を目指して歩き始めます。

これが見たかったー! 丹沢山を目指して歩き始めます。

稜線を見てちょっと浮かれてます。

稜線を見てちょっと浮かれてます。

稜線を見てちょっと浮かれてます。

後ろ振り返って蛭ヶ岳。

後ろ振り返って蛭ヶ岳。

後ろ振り返って蛭ヶ岳。

天国です。

天国です。

天国です。

みやま山荘、何かの工事中。危うく財布を落としかけた。

みやま山荘、何かの工事中。危うく財布を落としかけた。

みやま山荘、何かの工事中。危うく財布を落としかけた。

丹沢山頂。

丹沢山頂。

丹沢山頂。

塔ノ岳へ向けて、天国継続中。

塔ノ岳へ向けて、天国継続中。

塔ノ岳へ向けて、天国継続中。

尊仏山荘が見えました。

尊仏山荘が見えました。

尊仏山荘が見えました。

塔ノ岳はこの賑わい。

塔ノ岳はこの賑わい。

塔ノ岳はこの賑わい。

尊仏山荘。コーヒー飲みます。

尊仏山荘。コーヒー飲みます。

尊仏山荘。コーヒー飲みます。

わーい。ちなみに、暑くてずっとTシャツでした。

わーい。ちなみに、暑くてずっとTシャツでした。

わーい。ちなみに、暑くてずっとTシャツでした。

大山、かな?

大山、かな?

大山、かな?

山荘の中。

山荘の中。

山荘の中。

行列ができてる図。

行列ができてる図。

行列ができてる図。

下っていきます。この展望。

下っていきます。この展望。

下っていきます。この展望。

小屋は閉店中。

小屋は閉店中。

小屋は閉店中。

新緑のはじめ、赤い部分が紅葉のように見えて美しい。

新緑のはじめ、赤い部分が紅葉のように見えて美しい。

新緑のはじめ、赤い部分が紅葉のように見えて美しい。

ここは開いてましたが立ち寄らず。

ここは開いてましたが立ち寄らず。

ここは開いてましたが立ち寄らず。

大倉でバスに乗る。満員。

大倉でバスに乗る。満員。

大倉でバスに乗る。満員。

スーパー銭湯にて。踵のマメがつぶれたところ、処置します。

スーパー銭湯にて。踵のマメがつぶれたところ、処置します。

スーパー銭湯にて。踵のマメがつぶれたところ、処置します。

スーパー銭湯、新幹線に乗る前に汗を流せて良かった。

スーパー銭湯、新幹線に乗る前に汗を流せて良かった。

スーパー銭湯、新幹線に乗る前に汗を流せて良かった。

<追加>1週間後、まだ乾いておらず。キズパワーバッド的なものを使用。連休には山に登れますように。

<追加>1週間後、まだ乾いておらず。キズパワーバッド的なものを使用。連休には山に登れますように。

<追加>1週間後、まだ乾いておらず。キズパワーバッド的なものを使用。連休には山に登れますように。

西丹沢入口。熊看板あり。

ミツマタ、ぎりぎり間に合いました。

沢の渡渉。どの石を行くか。

サラサドウダン?

富士山がよく見えました。元気をもらいます。

檜洞丸到着。

山頂を越えると青い屋根と蛭ヶ岳が。

今晩お世話になる青ヶ岳山荘。

山荘の中、ここに置いたポールを取り違えた。

山荘から見た蛭ヶ岳から塔ノ岳の稜線、素晴らしい。

檜洞丸の絶景ポイント。

山荘の練炭こたつ。こたつは10年以上ぶり。

夕ごはんは青ヶ岳カレー。

本物のアルコールランプ。20:30消灯まで。

夕方の絶景ポイント。

南アルプスに日が沈む。

富士山も。2月と11月にはダイヤモンド富士になるそうです。You must see it.

南アルプスの残照。

朝ごはんおでん。

蛭ヶ岳から日の出。

鹿に遭遇。

例の看板。

檜洞丸と富士山。今回、いろんな富士山が見られて印象的でした。

蛭ヶ岳を登る。写真を撮ると称して小休してる。

蛭ヶ岳山頂、つきました。

Tシャツ2枚大人買い。

キーホルダーも購入。つけすぎ。

馬鹿尾根Tシャツから、、、

丹沢遊人Tシャツへ。※丹沢初登山です。

これが見たかったー! 丹沢山を目指して歩き始めます。

稜線を見てちょっと浮かれてます。

後ろ振り返って蛭ヶ岳。

天国です。

みやま山荘、何かの工事中。危うく財布を落としかけた。

丹沢山頂。

塔ノ岳へ向けて、天国継続中。

尊仏山荘が見えました。

塔ノ岳はこの賑わい。

尊仏山荘。コーヒー飲みます。

わーい。ちなみに、暑くてずっとTシャツでした。

大山、かな?

山荘の中。

行列ができてる図。

下っていきます。この展望。

小屋は閉店中。

新緑のはじめ、赤い部分が紅葉のように見えて美しい。

ここは開いてましたが立ち寄らず。

大倉でバスに乗る。満員。

スーパー銭湯にて。踵のマメがつぶれたところ、処置します。

スーパー銭湯、新幹線に乗る前に汗を流せて良かった。

<追加>1週間後、まだ乾いておらず。キズパワーバッド的なものを使用。連休には山に登れますように。

この活動日記で通ったコース